債務整理ガイド » 借金解決のための情報 » 借金の時効の援用手続きで踏み倒し

砂時計

知っている人も多いでしょうが、借金には時効があります。

それなら「返せなくなった借金を踏み倒すことができるの?」と簡単に考えてしまいがちですよね。 でも、なかなかそんな簡単にはいかないものなのです。

借金の解決方法

時効の数え方

借金の時効は業者から借りたものだと5年、個人から借りたものだと10年となっています。

これは契約した日や借りた日から数えるのではなく、最後に借金返済した日から数えます。 一度も返済していない場合は契約日の翌日から、返済期限を定められていた場合は最初の返済予定日の翌日から数えます。

だから、いくら借入契約をして年月が経っていようが、数ヶ月前に借金返済をしたことがあるなら時効成立はまだまだ先のことなのです。

消滅時効の援用とは?

では一度も返済せずに5年、あるいは最後に借金返済してから5年以上経ったとしましょう。

時効が成立し、もう返さなくていいと思いがちですよね。 でも時効期間の5年が過ぎたからといって、借金がチャラになるわけでは無いんです。 時効を成立させるには、「消滅時効の援用」が必要になります。

これはどういうことかというと、時効が成立しましたと主張する行為です。 この行為をして初めて、借金の時効が成立するのです。 これまで逃げ回っていた人が貸主に連絡を取って、消滅時効の援用をするのはかなりハードルが高いのではないでしょうか。

消滅時効は中断される

「時効さえ成立させれば、これまで逃げ回っていたストレスから解消される!」

それなら消滅時効の援用ぐらい、なんてことがないと思うかもしれません。 ですが、実は時効が成立しない「消滅時効の中断」というものがあります。

時効の中断とは、カウントされていた時効成立までの日数が一旦中断されることです。 それだけではなく、リセットされることもあります。 例えば債権者から内容証明郵便で借金返済の督促を受けると、時効が6ヶ月間延長されてしまいます。

時効期間が経過していても本人が気付かずに借金返済をしたり、債務の支払い義務について認めたりすると、時効期間はリセットされ一から数え直しになります。 また、訴訟を起こされて裁判所から訴状が届くと、時効成立期間は10年になってしまいます。

このように、借金の時効が成立する可能性はあっても、実際にはかなり困難だということがわかるでしょう。 自分の知らないところで消滅時効が中断される可能性もあるのです。

決して時効成立まで逃げようとは思わず、自力で借金の返済をするか債務整理をするなどの対策を取るのがベストな解決方法です。

↓↓ クリック ↓↓
借金の解決方法

借金解決
借金解決のための情報
北海道・東北で債務整理
関東で債務整理
中部で債務整理
関西で債務整理
中国で債務整理
四国で債務整理
九州・沖縄で債務整理