債務整理ガイド » 借金解決のための情報 » 彼氏・彼女に借金があるけど結婚して大丈夫?

カップル

独身時代に金融機関からお金の借入をすることはよくあることですが、自分の彼氏・彼女が借金を抱えていたとしたら他人事ではありません。

結婚を考えている恋人に借金があった場合、どのように対処していったらいいのかを考えてみましょう。

借金の解決方法

借金はケンカの素

夫婦喧嘩の原因は色々とありますが、中でもお金で揉めるケースは多いものです。

恋人同士のときはお互いのお財布事情はそれほど気にならなくても、結婚して夫婦になれば状況が変わってきます。 金銭感覚のずれ、資金繰りの苦しさが問題となり、夫婦に争い事を起こしてしまいます。

結婚生活にはただでさえお金がかかるのに、独身時代の借金を抱えて一緒になるということは、大きなマイナスを負ってスタートするようなものなのです。 例えば妊娠・出産を迎えると女性はどうしても仕事を休まなくてはいけなくなるため、収入が減ることが予想されます。

しかも子育てには新婚生活よりももっと大きなお金がかかってきます。 毎日ギリギリの生活の中で子育てをしていくのはかなりのストレスです。 愛さえあればお金なんてと言いますが、正常に結婚生活を続けるにはやはりお金が必要なのです。

独身時代の借入金は結婚前に清算が基本

結婚生活をスタートさせる時には、なるべくマイナスを無くしておいた方がいいです。

独身時代に借りたお金もできれば結婚前に清算するのが基本です。 そもそも独身のときに作った借金は個人のものですから、結婚相手に返済する義務はないのです。

少額の借金だとすぐに返せるからと完済を後回しにしがちですが、結婚後にこれが火種となることもあります。 むしろ少額だからこそ、ちょっと無理してでも独身時代に借金返済しておくべきでしょう。

結婚相手の借金が発覚したら

結婚を考えている人とは、借金の有無についてしっかりと話し合うことが大切です。

返せる額なら完済を目指して返済計画を立てていきます。 もしどうしても借金返済が難しいなら、債務整理を視野に入れるといいでしょう。

借金をする理由は様々なので、債務があったからといってすぐにお付き合いを止める必要はありません。 しかし大事なのは金銭感覚です。 借金の返済についてしっかりと話し合っていける、完済して前向きに結婚を考えていけるなら結婚後も一緒に財産を築いていけるでしょう。

しかし借金やこれからのお金のことについて面倒臭がって話し合わなかったり、隠し事が多かったりする場合は要注意です。 恋人同士のときにはいいところしか見えてきませんが、夫婦だと粗が見えてきます。 すぐに離婚してしまわないためにも、お互いの借金問題はシビアに考えていた方がいいです。

↓↓ クリック ↓↓
借金の解決方法

借金解決
借金解決のための情報
北海道・東北で債務整理
関東で債務整理
中部で債務整理
関西で債務整理
中国で債務整理
四国で債務整理
九州・沖縄で債務整理