債務整理ガイド » 借金解決のための情報 » FXで失敗して借金地獄となったけど自己破産できる?

為替変動

インターネット環境が良くなってから、オンライン投資にはまる人が増えてきました。

特にFXは比較的少ない資金から投資できることもあり、ブームになったくらいです。 しかし、FX投資にハマって借金地獄に陥いり、後は自己破産が待つのみというくらい追い詰められている人も多いのです。

借金の解決方法

FXはリスクが高い

FX(外国為替証拠品取引)はレバレッジという方法を使って、実際に持っているお金の何倍ものお金を動かすことができます。

投資にうまくいけばその分ハイリターンが期待できます。 しかし、失敗すればその分負けも大きくなってしまいます。

レバレッジ10倍を利用して投資をしていると、わずかなレートの変動でも10倍になって響いてしまうわけです。 10倍で勝てば大きいですが負けもそれだけ大きく、レバレッジによってはハイリスク・ハイリターンの投資方法と言えるのです。

大きな儲けを見込んで大きなレバレッジを利用したり、レートの安定していない国の通貨に投資したりすることで、突然莫大な借金を抱えてしまうことだってあり得るのです。

余裕のある資金内で運用を続けているうちはいいですが、生活費をつぎ込んだり借金をし始めたりするのは危険な行為です。 ギャンブルと同じで金銭感覚が麻痺して使い過ぎてしまい、借金返済に困ってしまうことでしょう。

借金返済ができなければ自己破産

借金返済に困れば、債務整理をしてスッキリさせる方法があります。

FXが原因だと多額の借金のため返済額を縮小しても払えないなんてこともあり得ますので、その場合は最終手段として自己破産がいいでしょう。

自己破産は信用情報機関に金融事故として情報が登録され、その保管期間は一切借金の申込も利用もできなくなります。 しかし多額の借金の返済義務がなくなりますので、人生の再スタートができます。

免責不許可事由に当てはまるか

FXが原因の借金が理由で自己破産をするとき、気になるのが免責不許可事由に当てはまるのではないかという点です。

自己破産はなんでも借金がチャラになるわけではなく、免責不許可事由に当てはまってしまうと破産できないかもしれません。

残念ながら免責不許可事由には浪費・ギャンブルと並んで、株や先物取引、FX取引も含まれます。 FXも投機的な投資と見なされ、免責許可が下りないのです。

ただし、免責不許可自由に当てはまる場合でも、裁判官の判断で「裁量免責」として自己破産が認められる可能性が十分にあります。 例え追い詰められてもFXで作った借金だからと諦めず、弁護士に相談しながら真摯な態度で破産手続きに取り組んでいくといいでしょう。

↓↓ クリック ↓↓
借金の解決方法

借金解決
借金解決のための情報
北海道・東北で債務整理
関東で債務整理
中部で債務整理
関西で債務整理
中国で債務整理
四国で債務整理
九州・沖縄で債務整理