債務整理ガイド » 借金解決のための情報 » 親の借金は子供に肩代わり返済義務があるの?

親子

親が負った多額の借金を子供が肩代わりし返済する話はよく聞きます。

蒸発してしまった親に借金があったら、残された家族の元へ督促の電話があるでしょう。 しかしいくら家族とはいえ、勝手に負った借金の返済義務なんてあるのでしょうか?

借金の解決方法

子供には返済義務はない

親の借金は親本人のものであって、子供には一切返済義務はありません。

借金の契約は、債権者と債務者、そして保証人だけが絡んでくるものです。 保証人にさえなっていなければ、同居している家族でも一切支払う必要はありません。

まれに自分の知らない間に勝手に保証人にされている場合がありますが、本人の同意がない場合は一切の責任がありません。 親がしたことだからといっても、子供には借金返済を拒否する権利があるのです。

もし承諾なしに借金の保証人にされてしまったら、債権者に対して外すように訴えることができます。 しかしその訴えに応じてくれない場合は、訴訟の必要もでてきます。 この様な場合、その相談は弁護士にするといいでしょう。

親が亡くなった場合

親の借金は親のものだから子供には一切関係ないのですが、親が亡くなった場合は状況が変わってきます。

親が亡くなると遺産相続をしなくてはならず、持っていた財産は子や配偶者など家族に分配されます。 その相続財産は貯金、不動産といったプラスのものだけではなく、借金を含むマイナスの財産も含まれています。

借金返済の義務を負いたくない場合は、相続放棄をすれば大丈夫です。 その場合は他の財産を相続する権利も一切失ってしまいます。

また、相続放棄は死後3ヶ月以内に行わなくてはいけません。 プラス財産が多く借金がそれほど多額じゃなければトータルして相続した方がお得になることもありますが、借金の額が大きい場合は相続放棄を考えておきましょう。

親に多額の借金があることが発覚したら?

親は確実に子より先に亡くなる確率が高いです。 多額の借金があると急な不幸が襲ってきたときに、泣く泣く家も一緒に相続放棄してしまう羽目になりかねません。

そんなことがないように、親が元気なうちに借金について把握しておく必要があるでしょう。 もし返済するのが難しい多額の借金があったら、ぜひ債務整理を進めて下さい。

マイホームを手放さなくても、大幅に債務を縮小できる個人再生という方法もあります。 何が一番メリットが大きい借金整理方法なのかを一緒に考えて、できれば債務整理の手続きも手伝ってあげるようにしましょう。

借金の解決方法

借金解決
借金解決のための情報
北海道・東北で債務整理
関東で債務整理
中部で債務整理
関西で債務整理
中国で債務整理
四国で債務整理
九州・沖縄で債務整理
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。