債務整理ガイド » 借金解決のための情報 » 生活保護費での借金返済は禁止

生活保護受給者

生活が困窮している人を救うために、生活保護という制度があります。

しかし借金返済で苦しんでいる人が生活保護制度を利用するには、いくつか注意して欲しい点があります。

借金の解決方法

生活保護では借金返済できない

生活保護は生活に困っている人が受けられる救済制度なのですが、苦しんでいるなら誰でも受けられるというわけではありません。

生活保護費を受給しながら借金返済をすることはできないのです。 なぜなら国からもらったお金を個人の借金返済に充てていることになるからです。 生活保護の役割は、お金が無くて生活ができない人に最低限の保障をするところにあります。

生活保護費は税金で賄われています。 保証するのは生活するのに不可欠な食費や光熱費、家賃といったもので、借金返済の分まで立て替えることはできません。

しばらく働けないなら自己破産

借金がある人が生活保護を受けるには、債務をゼロにしなくてはいけません。

しかし借金返済ができるなら生活保護に頼る必要もないでしょう。 これ以上返済分のお金を稼ぐことができない、体を壊してしばらく働けないという人は自己破産してから生活保護の申請をしましょう。

どうしても生活保護を受けながら返済したいという理由で、借金をひた隠しにして申請する人もいます。 しかし生活保護を申請するときにはすべて調べられるので、すぐにばれます。 その場合、役所からも自己破産をするように進められます。

ただし借金の額が50万円以下と少ない場合は自己破産できない場合もあります。 役所の対応にもよりますが借金額が少額であれば生活保護申請ができることもあります。 任意整理などで借金を整理して、保護申請をしてみましょう。

ルール違反をしたらどうなる?

自己破産するよう勧めたのにそのようにせず、まれに借金があるまま生活保護を受給してしまう人もいます。 もっとひどい場合は、生活保護受給後に借金をしてしまう行為です。

生活保護費を個人の借金返済に充てることはできませんので、ばれたら生活保護費の支給はストップするでしょう。 債務整理後に再開できるケースもありますが、受給中に借金をしてしまう行為は悪質と見なされ、これまで受給した額の返済を求められる可能性もあります。

生活保護はあくまでも生活に困っている人を助けるための制度です。 保護費を受給している間は最低限の生活を送る努力をしなくてはいけないのです。 働かないでもお金をもらって楽に生活できると安易に考えないようにしましょう。

↓↓ クリック ↓↓
借金の解決方法

借金解決
借金解決のための情報
北海道・東北で債務整理
関東で債務整理
中部で債務整理
関西で債務整理
中国で債務整理
四国で債務整理
九州・沖縄で債務整理