債務整理ガイド » 債務整理のための知識 » 任意整理とは

借金の任意整理

任意整理とは債務整理の中でも最も簡単なもので、裁判所を通す必要もありません。

「借金を支払うのが辛いな」と思ったら、まずは任意整理から検討してみましょう。

借金の解決方法

任意整理の詳細

任意整理は債権者と直接交渉して、今後返済していきやすい条件で合意に持っていこうというものです。

具体的には将来の金利をカットし、元金のみを3年から5年を目途に返済計画を立てます。 交渉事が苦手という人は、弁護士や司法書士に依頼して代理で行ってもらいます。

裁判所は通さないので、申し立て手続きや提出する書類作成など面倒な作業を省けます。

任意整理のメリット・デメリット

任意整理は複数ある債務のうち、一部だけ整理したいという場合も利用できます。

連帯保証人を立てている場合、債務整理をするとどうしてもその人に迷惑がかかってしまいます。 ですから連帯保証人を立てた借入だけは今まで通り支払い続け、他の借入だけ整理をするという方法も取れます。

ただし、債権者によっては任意整理になかなか応じてくれないこともあります。 それに返済の目途が立たない場合は、任意整理は向いていません。

借金整理後に返済していけるだけの安定した収入があることが必要になります。 それに任意整理をしたことが信用情報機関に登録され、その情報が消えるまでは新たな借金ができなくなります。

なお、高金利で借入れを行っている場合は過払い金が発生し、返還請求によりお金が戻ってくることもあります。 過払い金返還によって借金を完済できれば、まっとうな返済完了となるため信用情報機関に不利益となる情報は登録されることはありません。

手続きの流れ

任意整理ではまず現在の利息制限法に沿って金利計算をしていかなくてはいけませんので、債権者へ過去の取引開示請求を行います。

債権者自身で行うこともできますが、なかなか交渉に応じてくれないことも多いです。 そこで弁護士などのプロに依頼します。

弁護士に依頼をすると、取引開示請求より前に受任通知書を債権者へ送付しますが、その通知書を受け取った時点で取り立てはストップします。 もちろん、この時点で借金返済も一旦はストップします。

その後、取引履歴を開示してもらい、利息制限法に基づいて金利の引き直し計算を行います。 ここでもし払い過ぎた利息が発覚すれば元金に充当して減額していきます。

そして、減らした元金を原則3年間で分割払いしていく弁済案を作成し、債権者へ提示します。 将来の利息はカット、返済をしなくなってから今までの遅延損害金も発生しません。 ここで合意ができれば和解書を作成し、その後計画に沿って返済し続けることになります。

借金の解決方法

借金解決
債務整理のための知識
北海道・東北で債務整理
関東で債務整理
中部で債務整理
関西で債務整理
中国で債務整理
四国で債務整理
九州・沖縄で債務整理
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。