債務整理ガイド » 借金解決のための情報 » 借金のある夫・妻と離婚したらどうなる?

壊れたハート

配偶者の借金癖が原因で離婚を考える人は結構多いものです。

実際、借金が原因で離婚してしまう夫婦は多いのですが、現在検討中の人は行動に踏み切る前にちょっと冷静になって考えて下さい。 借金がある夫・妻と離婚するときには、ちょっとややこしい問題があるのです。

借金の解決方法

離婚するときの財産分与

夫婦で築いた財産は、離婚する時に分割しなくてはなりません。

その事実を知っている人は多いかと思いますが、その財産がどんなものなのか具体的に考えたことはあるでしょうか。 夫婦が離婚するときに分割する財産は、共有財産です。 共有財産とは婚姻中に夫婦が一緒に築き上げた財産のことを指します。

例えば結婚して購入した家具なども共有財産に当てはまります。 例え夫婦どちらかの名義であっても、共同生活に必要なものであれば共有財産になりますので、車や住宅も当てはまります。

それは預貯金、保険解約返戻金や退職金にも当てはめることができます。 借金も結婚してから作ったものであれば、夫婦の共有財産になるのです。 つまり、借金がある夫や妻と別れるときには、借金返済する義務も平等に負わなくてはいけないのです。

結婚してから作った借金でも対象にならないケース

借金癖のある人と別れたいのに、財産分与で債務を分けなくてはいけないのでは困りますよね。

でも婚姻中に作った借金でも財産分与の対象にならないケースもあります。 財産分与の対象にならないのは、自分のためだけにした借金です。 生活費のために借りたお金や住宅ローンはもちろん夫婦の共有財産ですが、ギャンブルや飲み歩くために借りたお金は、対象となりません。

家庭を顧みず趣味に散財して作った借金でも、夫婦のものとは認められないでしょう。 一方的に内緒で作った借金に関しては財産分与する必要がないのです。

ただし、住宅ローンがあるなら、その分は二人で分けなくてはいけません。 共有財産の分で債務が資産を超えてしまったら二人で借金返済をしていかなくてはいけないのです。 どちらかの収入が低くて離婚後住宅ローンの支払いが難しいというのであれば、家の処分を考えなくてはいけないでしょう。

また、共有債務は相続財産のように放棄することができません。 借金返済が難しければ、個人再生や自己破産も視野に入れなくてはいけないでしょう。 借金癖がある相手に愛想を尽かして離婚するのはもちろん正当な理由なのですが、共有財産や債務がある場合は慎重に事を進めた方がよいでしょう。

借金の解決方法

借金解決
借金解決のための情報
北海道・東北で債務整理
関東で債務整理
中部で債務整理
関西で債務整理
中国で債務整理
四国で債務整理
九州・沖縄で債務整理
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。