債務整理ガイド » 債務整理のための知識 » 債務整理とは

債務整理について説明する人

債務整理とは、今ある借金の額や金利を減らしたり数をまとめたりして、返済を楽にしようとするものです。

債務(借金)を整理するので、借金整理と呼ぶこともあります。 手段は任意整理、個人再生、特定調停、自己破産の4種類があり、借金の額や困り具合、その時の状況によってどの方法がいいのかが分かれます。

借金の解決方法

任意整理

まず、借金を整理しようと思った最初の段階で考えるべき債務整理の方法が任意整理です。

任意という名がついている通り、債権者と債務者双方が話し合って借金を整理していきます。 裁判所を通しませんが、債務者が代理として弁護士を立てる事は可能です。 比較的借金が少額のときや他の債務整理法では都合の悪いときに向いています。

特定調停

特定調停はこのままいくと支払い不能に陥ることが分かっている人が選ぶ手段で、任意整理と同じ様に債権者と支払い方法について交渉する必要があります。

任意整理と違うのは、裁判所が介入する点です。 簡易裁判所にて調停委員の協力を得て、債務者と債権者双方で交渉を進めていきます。 個人で手続きを行うのも簡単ですし、弁護士を立てなくても取り立てを停止させるなどの効力があります。

個人再生

個人再生は原則3年以内に返済することを条件に、借金の一部を大幅に免除してもらう方法のことです。

ある程度まとまった額の借金を大幅に減らすことができますが、借金の総額が5,000万円以上だと手続きができません。 住宅ローンは払い続けることができるけど、その他の借金を整理したいという人、家や車などの財産を守りたいという人に向いています。

個人再生でも無理なら自己破産

任意整理、特定調停、個人再生は3年から5年の間に完済することを条件に借金の減額や金利カットを行います。

しかし、これらの手段で借金を整理しても返済し続けることができないなら、最後の救済措置として自己破産があります。

自己破産を簡単にいうと、借金を帳消しにできる債務整理方法です。 ただし、高額な資産があれば換金して、債権者へ分配する必要があります。 一部の借金のみ整理したいということもできず、全ての債務が対象になります。

債務整理には費用がかかる

債務整理は支払いに困ってするものですが、手続きするには費用が掛かります。

その費用は弁護士や司法書士などに支払う報酬と、裁判所で手続きするための手数料などがあります。 手続きをすべて自分で行い、弁護士などに支払う報酬を節約することも可能です。

しかし、それにはそれ相当の労力と時間が必要になります。 プロに代理人を依頼した方が無難ですし費用の分割払いの相談に乗ってもらえますが、手持ちの現金はいくらか必要になることを忘れてはいけません。

借金の解決方法

借金解決
債務整理のための知識
北海道・東北で債務整理
関東で債務整理
中部で債務整理
関西で債務整理
中国で債務整理
四国で債務整理
九州・沖縄で債務整理
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。