債務整理ガイド » 債務整理のための知識 » 特定調停と任意整理の違い

特定調停・任意整理の違い

債務整理の中で特定調停と任意整理の2つは非常に似通っています。

一体どんな違いがあるのか見てみましょう。

借金の解決方法

裁判所を通すか通さないか

一番の大きな違いは、裁判所を通すか通さないかです。

どちらも弁護士が代理人となって手続きをすることが可能ですが、特定調停は簡易裁判所に申立手続きを行います。

任意整理は直接債権者と借金減額について交渉をしなくてはなりません。

代理人を立てなくても簡単なのは特定調停

特定調停は裁判所に申し立てを起こす必要のある債務整理方法ですが、手続きは非常に簡単です。

任意整理は弁護士を代理人に立てて受任通知を送ってから取り立てが止まりますが、特定調停は申立をすることで止まります。

交渉するときも調停委員が間に入ってくれるので、任意整理よりも安心して進められます。 だからこそ代理人を立てずに債務者本人が行うことが可能となっています。 弁護士を立てなければ報酬を支払わないでもいいので、少額での借金整理手続きが可能です。

任意整理なら過払い金が戻ってくる

過払い金とは支払い過ぎたお金のことで、高金利で借りたときに発生します。 取引履歴の開示をしてもらって金利を計算し直すと、過払い金があるかどうかが分かります。

任意整理の場合は過払い金があると分かったら、その返却をしてもらう手続きへと移ります。 ところが特定調停の場合は過払い金の返還請求を行わないので、高金利で借りて過払いが多く発生している時には不向きです。

返済計画が実行されなくなったら?

特定調停も任意整理も、原則3年以内で返済することを目途に返済計画を立てて合意をします。

ところがいったん合意がされたのに、当初の返済計画が崩れて再び返済不能に陥ってしまう可能性もあるわけです。

任意整理の場合は返済不能になったとしても直ぐに強制執行はされません。 ところが裁判所を通して手続きをした特定調停は、2回以上の滞納で給料差し押さえなどの強制執行を受ける可能性があります。

選ぶ目安は過払い金の額

特定調停の場合は、過払い金請求が難しいというのがネックですが、弁護士へ依頼する分の報酬は浮くことになります。

弁護士へ報酬を支払ってでも、戻ってきそうな過払い金の額が大きいなら任意整理の方がメリットは大きいです。

現在取引している金融機関の取引期間がとても長く、過去に高金利で借入れをしたことがあるなら、任意整理を検討してみるのがいいかもしれません。 借金問題なら法律事務所でも無料相談を行っていることが多いので、まずは相談してみるのがいいでしょう。

借金の解決方法

借金解決
債務整理のための知識
北海道・東北で債務整理
関東で債務整理
中部で債務整理
関西で債務整理
中国で債務整理
四国で債務整理
九州・沖縄で債務整理
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。