債務整理ガイド » 借金解決のための情報 » ギャンブル依存症の方の借金返済方法

競輪

ギャンブルが原因で作った借金の返済は、一筋縄ではいきません。

なぜならギャンブル依存症になっている可能性が高いからです。

通常なら借金をしてまで賭け事をすべきではないことは分かりきっていることなのに、それが止められない人は依存症になっていると思っていいでしょう。

借金の解決方法

ギャンブル依存を治すのが先決

ギャンブル依存が治らなくては、借金返済をいくら頑張っても状況は変わることはありません。

なぜなら、依存症とは止めようと思っても自分の意思ではなかなか止められない症状だからです。 借金返済を捗らせるにはギャンブルを止めるのが先決と頭では理解していても、止められないのが依存です。 まずはその依存症を治さなくてはいけないのです。

ギャンブル依存症の治し方

ギャンブル依存症を治すには、まず自分で依存症であることを認めなくてはなりません。

四六時中ギャンブルのことが頭から離れない、生活や仕事に支障をきたすほどギャンブルにのめり込んでいる人は依存症といっても過言ではないでしょう。 自分で認めることができれば、次は家族や親しい友人と共有することが大切です。

ギャンブルを絶つと宣言し、ギャンブル系雑誌など思い出すようなものは全て廃棄しましょう。 「ちょっと少しだけ、様子を見るだけ」という行動は絶対にいけません。

重度の依存症の場合は精神疾患の一種で、本人の意思や家族の協力だけではどうにもならないこともあります。 その場合は病院で専門医にかかり、治療が必要になります。

絶対に借金を増やさない

ギャンブル依存症の治療と並行して、絶対に借金を増やさない生活を送るようにすることが大切です。

簡単に借りられるカード類はすべて廃棄し、支払いも後回しにできないように給与振込口座から自動引落できる状態にすると良いです。 お金の管理はすべて家族にやってもらうのもいいでしょう。

もしどうしても返済が難しいなら、最終的に自己破産という方法もあります。 ただしギャンブル原因での借金は免責不許可事由に該当してしまい、借金の免除がされない可能性もあります。 また、運よく自己破産ができたとしてもギャンブル依存症の治療をせずに放置してしまえば意味がありません。

自己破産することによって新たな借金はできなくなりますが、違法な業者はお構いなく貸し付けるでしょう。 依存症だと後先考えずに闇金に手を出す可能性が高くなります。

ギャンブル原因の借金を作った人は決して物事を軽視せず、これ以上借金を増やさないための対策を早期に取ることが大切なのです。

借金の解決方法

借金解決
借金解決のための情報
北海道・東北で債務整理
関東で債務整理
中部で債務整理
関西で債務整理
中国で債務整理
四国で債務整理
九州・沖縄で債務整理
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。