債務整理ガイド » 借金解決のための情報 » 借金返済シミュレーションの活用方法

電卓とノート

借金返済にはシミュレーションが大事とよく聞きますが、いまいちそのやり方が分からないという人も多いのではないでしょうか。

返済計画に大事なことを順序を追ってみてみましょう。

借金の解決方法

借りる前にシミュレーションする

シミュレーションとは模擬することなので、まずは借りる前に返済計画を立ててみることが大事です。

計算機やエクセルを使って自分で計算してみるのもいいのですが、金融機関のシミュレーションサービスを使うと便利です。

このぐらいの期間で完済したいという目安があるなら、借入元金、金利、返済期間を入力して計算します。 すると月々支払わなくてはいけない返済額が算出されます。

月々これぐらいの支払いをしていきたいという金額が決まっているなら、借入元金、金利、月々の返済額を入力してみましょう。 すると完済するまでの返済期間が算出されます。

完済までの期間は長引かせないこと

月々の支払いに余裕を持たせたいからといって、返済期間が長くなりすぎるのも考えものです。

完済までの期間が長引くほど、支払わなくてはいけない利息が増えてしまいます。 利息は借入元金×金利×返済期間で計算されるので、返済期間を短くすれば額も小さくなります。

返済期間を短くするには月々の支払額を増やせばいいのですが、極端に増やし過ぎると計画の破たんに繋がります。

無理のある返済額で計画を立てても結局は払えなくなり、追加で借金をしてしまう羽目になります。 途中で計画崩れになってしまわないためにも、前もってシミュレーションすることが大事なのです。

自分の家計状況を見つめること

月々どれだけ借金返済をしてどれだけの期間払い続けるかシミュレーションするには、自分の家計状況を把握しなくてはいけません。

現在の収入と支出の状況なら、いったいどれくらい借金返済に回すことができるのか計算してみましょう。 収支の状況はできるだけ細かい方がいいですが、突発的にお金がかかってしまう医療費や冠婚葬祭費用も想定しておかなくてはなりません。

家計の収支を見直してから返済シミュレーションしてみると、かなり無理のある計画が浮き彫りになることがあります。 このままでは返済が大変だと思うなら、支出の中でムダを削れるものがないか調べてみましょう。

支出を減らすことができれば、その分を返済に回していきます。 借金前にシミュレーションをすることはとても大事ですが、借金をした後でも家計を見直して計画を立て直すことは可能です。

借金を早く返したいと思ったら、早速計画を再構築してみましょう。

↓↓ クリック ↓↓
借金の解決方法

借金解決
借金解決のための情報
北海道・東北で債務整理
関東で債務整理
中部で債務整理
関西で債務整理
中国で債務整理
四国で債務整理
九州・沖縄で債務整理