債務整理ガイド » 債務整理のための知識 » 金融業者について

様々な貸金業者

金融業者というと銀行も含まれますが、貸金業者という場合には当てはまりません。

キャッシングやカードローンは主に貸金業者で行うことが多いですが、ここでは貸金業者の種類と特徴について説明しましょう。

借金の解決方法

消費者金融

消費者金融は異なる呼称としてサラリーマン金融、サラ金とも言われます。

貸金業者の中でも代表的なもので、プロミスやアコムなど大手もこの消費者金融に当てはまります。

以前は有名な会社でも高金利なイメージがありましたが、改正貸金業法が施行されてからは一律で利息制限法の金利を守っています。 大手は銀行と業務提携しているところが多く低金利のカードローンなどが目立ちます。

街金

街金も実は消費者金融、サラ金と同じなんですが、全国展開している大手を消費者金融、地元の比較的小規模な業者を街金と呼び分けることがあります。

小規模なのでメガバンクがバックについている大手に比べると資金力は弱く、金利は高めで貸付限度額もあまり大きくありません。

ちなみに貸金業登録には財務局登録と知事登録の2種類がありますが、1つの都道府県にだけ営業所を設置する場合は後者の知事登録になります。 つまり、知事登録番号を持っている消費者金融は、街金と言えます。

商工ローンとは

商工ローンは中小企業向けに行う法人向けのローンなのですが、主に街金と呼ばれる貸金業者が行っていることが多いです。

個人向けのカードローンとは違い、担保も連帯保証人も付けなければならないことが多いです。 なかには高金利な悪質業者も見受けられるので、商工ローンを利用する際は注意する必要があります。

闇金

闇金は違法に貸金業を営む業者のことです。

登録番号は無いか、偽りの番号を提示していかにも正常な業者のように装っていることもあります。 街金を闇金と同義に捉えている人もいますが、違います。 街金と呼ばれる業者でもちゃんと許可を取って営業している所は沢山あります。

闇金業者も自ら闇金とは名乗ることはありません。 闇金の特徴はとにかく法外な高金利、強引な貸付、執拗な取り立てです。 貸してくれるときには優しかったのに、1日でも遅れると態度が豹変することもあります。

借入れの条件も一見すると好条件のように思えますが、実際契約しようとするととんでもない契約内容に変わったりします。 「ブラックOK、即日300万融資可能」と書いてあったのに、実際は5万円しか貸してもらえず、しかも最初から利息を差し引かれてしまったなんてこともあります。

名前を聞いたことがない消費者金融から融資してもらおうとするときは、登録番号が正しいものなのか財務局のホームページなどで調べてみるといいでしょう。

↓↓ クリック ↓↓
借金の解決方法

借金解決
債務整理のための知識
北海道・東北で債務整理
関東で債務整理
中部で債務整理
関西で債務整理
中国で債務整理
四国で債務整理
九州・沖縄で債務整理