債務整理のポイント
  • 残債務の合計額の確認
  • 家計の収支の確認
  • 借金減額シミュレーターで減額可能額の確認
  • 必要があれば、弁護士事務所に借金相談

無料の借金減額シミュレーター

借金がある方は、インターネットで簡単に利用できる無料の借金減額シミュレーターを試してみましょう。

債務整理をした場合に、どれぐらい自分の借金返済額を減らすことができるのかを知ることができます。

匿名で利用できるので個人情報(住所・氏名など)を知られることなく利用可能です。

↓↓ クリック ↓↓
無料の借金減額シミュレーターはこちら

債務整理をすれば、借金額を減らせる場合も!

金融機関からお金を借りたけど、借金返済を完済することができるのだろうかと悩んでいる方は是非、債務整理をご検討ください。

多額の借り入れがあると、本当に返せるのか不安で仕方がないですよね。 返済が困難なほどの多くの借金がある方は、自分だけで借金問題を解決しようとは考えないことが大切です。

多くの借金がある場合は債務整理の専門家に相談しよう

債務整理の専門家

大抵の貸金業者からお金を借りた方は、法律の知識を持ち合わせてはいないはずです。

債務整理に関する法的知識の無い人が色々と考えを巡らせたところで、最適な借金返済の解決方法を思い浮かぶことはありません。

法律の専門家と言えば弁護士ですが、弁護士なら誰でも良いというわけではありません。 各弁護士によって債務整理に関して得意・不得意があります。

そのため、債務整理の事で法律の専門家に相談をするなら、債務整理を専門に手掛けている弁護士に相談をする必要があります。

債務整理を主業務として取り扱っている弁護士に相談して、ベストな借金返済方法を提示してもらうことが解決への近道となります。

債務整理方法の中には任意整理の様に弁護士や司法書士の様なプロの法律家の力を借りなくても、直接自分が債権者と債務整理の交渉をすることで解決をすることができるものもあります。

ですが、任意整理によって借金問題を解決することを希望している場合でも債務整理の無料相談を活用しましょう。

債務整理に関して場数を踏んでいる人のアドバイスが貰えれば心強いですし、自分では任意整理が最も良い解決方法と思っていても、よりよい別な解決手段を提示してもらえることもあります。

また、返済不能となるほどの債務を抱え込んでいない方でも、無料で借金返済に関する相談ができるので、専門家による返済方法に関する助言を受けた方が良いです(特に、夫や妻などの家族に内緒でお金を借りているという方は、家族には相談できないでしょうから)。

そうすれば、より効率的な借金返済方法の助言を得ることができます。

借金整理の相談前にやるべき事

ここでは、債務整理の無料相談を受ける前に事前にやっておくべき事について説明をします。

債務整理の相談をするには相手に自分の現在の状況を的確に伝える必要があります。 現在借入をしている金融機関が1社だけなら債務の状況も把握しやすいでしょう。

ですが、複数社ある場合にはその負債総額は幾らなのか、またそれぞれの貸付金利は幾らなのか、また、各金融機関には毎月いくら支払いをしており、いつ完済する予定なのかなどを正確に把握しておく必要があります。

債務整理の相談前には、ノートなどに上記の項目を書き留めておいて、正確に相手に現在の借金状況を伝えることができる様にしましょう。

仮に、間違った情報を相手に教えてしまった場合には、本来採るべきではない債務整理方法を提示されてしまう可能性があります。

債務整理の相談は、自分の現在置かれている借金の状況を間違えることなく正確に相手に伝える必要があります。

債務整理の体験談

自己破産で債務整理をした方の例

現金

インターネット上に広告(WEBサイト)を出して、そこから商品が売れれば利益を得ることができる広告代理店の様な事業を営んでいました。

その業界では一般的にリスティングと言われる商品販売方法です。 リスティングをするためには検索エンジン大手のYahooやGoogleに広告出稿を行い、広告の掲載料を支払う必要があります。

この商売を始めた初期の頃は、広告掲載料より商品を売ったことによる売り上げの方が多かったので黒字となっていました。 ですが、利益の出る商品と言うのはライバル企業も増えてきます。

ライバル会社が広告を掲載することで、自分の商品売り上げが徐々に減っていき、しまいには商品販売代金より広告掲載料の方が額が上回るようになってしまいました。

今思えばその時点で、商売を廃業すれば良かったのですが、いずれまた上向くだろうという甘い考えで事業の運転資金調達のために消費者金融で借金をしまいました。

その後の事業運営は自転車操業でした。 借金返済がなかなか進まず、最終的には360万円の借金ができてしまいました。 その時点でこの借金返済は自分の手には負えないと判断して、債務整理について無料相談所に相談をしました。

事業による収入がほとんどゼロに近い状態だったため、債務整理の相談をした結果は自己破産をすることを薦められました。 このままずるずる引きずっても仕方がないので、すぐに自己破産で債務整理をすることを決めました。

自分は賃貸マンション住まいだし、自動車も持っていません。 土地や家屋はないし、現金も直近の生活費としての30万円程度があるだけです。

資産がほとんどない状態なので、借金解決方法として自己破産による債務整理をしたところで失うものは何もありません。

自己破産による債務整理を選んだことで、全額の債務の支払いができなかった消費者金融には申し訳ないことをしたと深く反省をしています。

ただ、まだ良かったと思えることは、家族でありライフパートナーでもある妻や身内である親や兄弟、そして友人などからは借金をしていなかったことです。

金銭が絡むと人間関係が壊れるという事を聞いていたので、周囲の人からお金を借りることはしませんでした。

借入をした消費者金融には債務の全額返済ができなかったので恐縮するしかありませんが、債務整理をしても身近な人に迷惑を掛けなかったのがせめてもの救いだと感じています。

↓↓ クリック ↓↓
借金の解決方法

債務整理を扱っている法律事務所の一覧

債務整理のための知識
借金解決のための情報
参考情報