債務整理ガイド » 債務整理のための知識 » 自己破産とは

自己破産で再出発

借金苦で精神的に追い詰められてどうにもならなくなっている人は多いですが、そんな人の救済措置としてあるのが自己破産です。

自己破産の特徴やメリット・デメリットについて見てみましょう。

借金の解決方法

自己破産の特徴

自己破産を簡単にいうと、裁判所を通して手続きをし、全ての債務を無くすことです。

消費者金融や銀行の借入はもちろん、現在支払い中のローンもすべて支払い義務から逃れられます。 その代わり資産価値の高いものは没収となります。 また、一部の債務だけ選んで債務整理することはできません。

自己破産のメリット・デメリット

自己破産のメリットは何といっても、全ての借金をゼロにできる点が大きいです。

他の債務整理とは違い今後の返済計画を立てる必要はなく、一旦債務をリセットして1からやり直すことができます。 ですからリストラや病気で職を失ってしまい定期収入が無い人でも、手続きが可能です。

ただし、住宅や資産価値の高い家財道具、車などを所持している場合は没収されてしまいます。 これらの財産を換金し、すべての債権者に分配しなくてはなりません。 資産価値の低い車や仕事道具は残しておけますが、自分名義のマイホームはどうしても手放さざるを得ません。

もちろん他の債務整理同様に信用情報機関に登録されてしまいますが、自己破産の場合は保管期間が長く10年経っても新たな借入れができないという人もいます。

手続きの手順

自己破産も債務者自身で手続きできないことはないのですが、書類を揃えたり作成したりするのは難しい面があるので、弁護士や司法書士を代理人にしたほうがいいでしょう。

弁護士に依頼したら受任通知が債権者に送られ、取り立てがストップします。 取引開示請求、自己破産申立書の作成、その他必要な書類を揃えて裁判所へ申立手続きを行います。 その後、裁判所にて面談をし、破産に値するかどうか裁判所が判断します。

支払い不能になった状況や借金をした目的などについて質問を受けますが、ギャンブルのために作った借金だと自己破産は認められないことがあります。 どの債権だけゼロにするという選択はできませんので、連帯保証人がいれば請求が行くことになります。

それから破産開始決定の判断が下されますが、処分すべき財産があれば破産管財人が選定され、債権者へ分配されます。 その後、免責許可、官報へ公告となり、その手続き後にようやく借金がゼロになります。

手続きも面倒ですし誰でもできる手続きではありませんが、精神を病んでしまうほど返済困難になっている場合には非常にメリットの大きい債務整理といえるでしょう。

↓↓ クリック ↓↓
借金の解決方法

借金解決
債務整理のための知識
北海道・東北で債務整理
関東で債務整理
中部で債務整理
関西で債務整理
中国で債務整理
四国で債務整理
九州・沖縄で債務整理