債務整理ガイド » 借金解決のための情報 » 借金生活から脱出し抜け出す方法

借入生活からの脱出

借金返済をし続けるのはかなりストレスが溜まります。

長年支払い続けているのになかなか減らない借金に悩んでいる人も多いでしょう。 そんな借金生活から本気で抜け出したいと考えているなら、次の方法を試してみましょう。

借金の解決方法

借金した原因は何か?客観的になろう

まず大事なのは、何が原因で借金をしたのかを把握することです。

いつの間にか増えてしまった、どうしてなのか分からないという状態では困ります。

最初は些細な事だったかもしれません。 車の修理代にちょっとだけ足りない分を借りたけど、返済し続けていると利用可能額が大きくなり、飲み代や被服費など何か要り用になる度に借りてしまうようになった・・・。

そんなことを繰り返しているうちに借金が膨れ上がって、支払っても全然減らなくなってしまうのです。 最初に借りるきっかけになったこと、そしてどんな時に追加で借りてしまうのかを考えてみましょう。

簡単に繰り返してしまう借金はその原因を取り除かないことには、なかなか返済地獄から抜け出すことはできません。

借金返済に専念しよう

自分がどんなときにお金を借りるのか分かったら、借金をしないで済む環境を作るようにしましょう。

例えば生活費が足りなくてつい1万円・2万円借りてしまうなら、家計簿をつけて無駄がないか観察します。

食費がかさんでいるなら節約レシピや弁当持参、外食を無くすことで出費を抑えることができます。 タクシーを使う機会が多いなら、電車や歩きを増やせないか考えてみましょう。 これまで借金で補っていた分の出費を減らし、借金をしないようにするのです。

そして浮いたお金があれば、それを借金返済に回すようにします。

  • 2度と借りない
  • 返済に集中する

この2点を徹底するだけで、ほとんどの人は借金生活から抜け出すことはできるでしょう。

どうしても返せないなら債務整理

生活を切り詰めて借金返済に集中しても債務が減らないなら、借金返済を続けるのを断念し、債務整理をしましょう。

債務整理は任意整理、特定調停、個人再生、自己破産と段階があるので、状況に応じて適した方法を選ぶ必要があります。

多額な利息さえカットできれば3年以内で問題なく返せる債務額であれば、任意整理や特定調停でもよいでしょう。 手放したくない持ち家があるなら個人再生、個人再生で減らした債務でさえ支払えなければ自己破産という選択をするしかありません。

一度債務整理をすれば信用情報機関に情報が登録されるので、およそ5年から7年は借金ができないでしょう。 情報が消えた後も借金をしないで済む環境を保つことが大切です。 もう2度と借金は繰り返さないという強い意思を持ち、再スタートを切りましょう。

借金の解決方法

借金解決
借金解決のための情報
北海道・東北で債務整理
関東で債務整理
中部で債務整理
関西で債務整理
中国で債務整理
四国で債務整理
九州・沖縄で債務整理
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。