債務整理ガイド » 借金解決のための情報 » 夜逃げで借金問題は解決しない

引越しのトラック

借金返済の苦しみから逃れるために、夜逃げをしようとする人もいます。

借金には時効もありますし、必死になって逃げればなんとか問題も解決するのではと考えがちですよね。 でも、本当に夜逃げで借金問題は解決するのでしょうか?

借金の解決方法

夜逃げで借金の時効成立まで逃げ切るのは可能?

業者から借りた借金の時効は5年です。

最後の返済から数えて5年ですので、何とか逃げられそうな気もします。 もちろん、夜逃げで時効成立させる可能性はあることはあります。

しかし、時効の期間が経過してもその後消滅時効の主張をしなくてはいけませんし、途中で訴訟でも起こされてしまったら借金時効までの期間も延長されてしまいます。 完璧に時効が成立するまで逃げ切るのは、かなり困難だということが言えるでしょう。

まだまだある夜逃げのデメリット

夜逃げは債権者へ居場所を告げずに引越しをし、逃げてしまう行為を指します。

ですから債権者に居場所を知られたくない訳です。 住民票を移してしまうと移転先がばれてしまうため、住所変更ができません。

そうなると就職や子供の学校進学、健康保険の加入などに支障をきたしてしまいます。 また、時効が成立したと思って住所変更しても、実は数え間違いで返済義務は消えていなかったなんてこともあります。

住所を移さず不便な生活を長い期間強いられたのに、移した途端取り立てがやってくるかもしれないという不安も完全には拭い去ることはできません。

果たしてそのような生活を5年以上送ることはできるのでしょうか? まともな職に付けず賃金も安い状態なら、新たな借金をする必要が出てくるかもしれません。

でも、夜逃げ状態だとまともなところからは借りられません。 つい闇金に手を出してもっとひどい借金地獄に陥ってしまう羽目になる事も考えられます。

債務整理をしよう

夜逃げで時効の成立を狙い借入金の返済義務から逃れようとするのは不可能ではありませんが、デメリットを考えると得策とは言えません。

返済について悩み、夜逃げまで企てようと思い詰めているのなら、債務整理をした方がずっとよいでしょう。

債務整理を弁護士などの専門家に依頼すると、その時点で取り立てが無くなります。 自分が返済可能な計画を立てて地道に借金返済をし続けるか、自己破産をして債務をゼロにするか、どちらを選んでも夜逃げとは違いストレスが軽減されます。

それに解決も早く、半年から1年ほどで決着がつきます。 確実では無い方法を取って大きなストレスを抱え続けるのではなく、明確な手段で借金返済の悩みを根本的に解決しましょう。

↓↓ クリック ↓↓
借金の解決方法

借金解決
借金解決のための情報
北海道・東北で債務整理
関東で債務整理
中部で債務整理
関西で債務整理
中国で債務整理
四国で債務整理
九州・沖縄で債務整理