債務整理ガイド » 借金解決のための情報 » 賢い借金返済方法(借金返済のコツ)

財布を持ってニッコリしている人

借金の支払いをするには、コツも必要です。

何も考えずに約定日が来たらただ入金するだけよりも、コツを抑えた借金返済をしていると効率がグッとアップします。

借金の解決方法

借りるのは必要最小限の額だけ

単純なことですが、借金の支払いを楽にするには借金額を減らすしかありません。

それには必要最小限の額だけを借りるということを徹底するのが大事です。 10万円あれば足りるのに30万円まで融資ができると言われると、つい借りてしまう人もいます。 しかし余分に借りてしまうとそれだけ無駄遣いが増えてしまうのです。

また、キャッシングやカードローンは利用可能額の枠内なら何度でも借入・返済を繰り返すことができます。 だからといって簡単に借りてしまうのはよくありません。

「これだけあれば今月余裕が出てくるから念のために借りておく」そのような気持ちで借りてはいけません。 借りずに済ませることができるなら、できるだけ借金はしない方がいいのです。 ちょっと今月苦しいなと思っても、節約で乗り切れる程度なら借りずに済ませましょう。

少しでも返済期間を短くする

利息は借入期間と債務額に応じて増えるので、できるだけ返済期間を短縮するのが賢い借金返済方法です。

返済期間を短縮させるには、以下のポイントが大事です。

  • 月々の支払額を増やす
  • ある程度お金が貯まったら繰上返済をする
  • ボーナスは貯金・レジャーよりも借金返済を優先

月々の支払額を増やせばその分完済も早まりますが、月収によってはなかなか実践できない場合もあるでしょう。 そんなときには、繰上返済をするのです。

ただし、ATMから支払いをするときには手数料のことを無視してはいけません。 少額の返済をするたびにATM手数料を支払っていては本当に無駄です。

無駄遣いをせず少しずつお金を貯めておき、ある程度の額が貯まってからまとめて繰上返済をするようにしましょう。

約定返済は自動引落を指定

自動引落は約定日になれば口座から自動的に返済額が引き落とされる返し方です。

ATM手数料も振込手数料もかからないですし、延滞の心配も少なくて済みます。 月々の返済は自動引落にし、コツコツ貯めておいたお金で繰上返済をすれば返済期間を短縮できます。

ただし、自動引落は口座にお金が入っていなかったら引落不可となり、延滞になります。 その点を防ぐために給与の振込口座を指定しておくのが安全です。 できれば引落日も給料日の後に設定します。

以上のコツを抑え、効率よく借金返済をしていきましょう。

↓↓ クリック ↓↓
借金の解決方法

借金解決
借金解決のための情報
北海道・東北で債務整理
関東で債務整理
中部で債務整理
関西で債務整理
中国で債務整理
四国で債務整理
九州・沖縄で債務整理