債務整理ガイド » 債務整理のための知識 » 過払い金請求とは

過払い金請求

過払い金請求とは、支払い過ぎたお金を返してもらおうとする交渉、手続きのことです。

自分はもしかしたらお金を払い過ぎているのではないかと不安に思うなら、過払い金請求について詳しく見てみましょう。

借金の解決方法

過払い金請求とグレーゾーン金利

現在は利息制限法という上限金利を定める法律があります。 この利息制限法を超えた金利は、例え契約を交わしていても支払う必要がありません。

実は過去には出資法と利息制限法という2つの法律が存在しており、それぞれで定める上限金利が異なっていました。

利息制限法の金利を超えても刑罰に問われませんが、出資法の金利を超えてしまうと刑罰に問われてしまいます。 そこで消費者金融では出資法ギリギリの年率29.2%で貸付を行っていたのです。

利息制限法以上出資法以下の金利を、グレーゾーン金利と呼びます。 しかし、もちろんグレーゾーン金利も本来は支払う必要のない金利なので、ここで過払い金が発生していることになります。

現在ではグレーゾーン金利が撤廃されており、過去の取引に遡って利息制限法の金利に基づいて計算し直し、払い過ぎた分を返してもらおうとする「過払い金請求」が行われるようになりました。

過払い金請求ができる人

もし過去に払い過ぎている金利があるなら、過払い金請求することができます。 完済しなくても現在支払い中の人でも手続きは可能です。

法定以上の金利で5年以上返済していることがあれば、過払い金が発生している可能性が高いです。 過去の取引に遡って請求することも可能ですが、取引終了(完済)してから10年以上経った契約に関しては権利が消滅している可能性が高いです。

ですから過払い金請求は、権利消滅前に一刻も早く手続きをする必要があります。

手続きの流れ

過払い金請求は債権者へ取引履歴開示請求をしなくてはなりません。 過去の取引履歴を利息制限法に基づいた金利で引き直し計算をし、過払い金を算出してから債権者へ請求をします。

改正貸金業法が施行されてグレーゾーン金利が撤廃されたことにより、過払い金請求が非常に増えました。

そのこともあり多くの過払い請求をされている消費者金融では、請求額をすべて支払ってくれることはあまりありません。 債権者側が和解案を提示してきますので、譲歩してもいいというなら和解案を飲んで合意書を交わします。

和解になることが多いですが、まれに決裂してしまうこともあります。 その場合は、訴訟を起こして返還交渉をしなくてはいけません。 あくまでも債権者と直接交渉しなくてはいけないので、過払い金請求に慣れている弁護士や司法書士に依頼した方が無難です。

借金の解決方法

借金解決
債務整理のための知識
北海道・東北で債務整理
関東で債務整理
中部で債務整理
関西で債務整理
中国で債務整理
四国で債務整理
九州・沖縄で債務整理
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。