債務整理ガイド » 福島県 » 東白川郡

東白川郡で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

東白川郡で利用可能な弁護士もしくは司法書士で、借金まみれの状態から抜け出すためのサポートができる法律事務所の一覧です。

借金生活に苦心している方々の悩みを解決している、東白川郡の法律事務所を掲載しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して東白川郡で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(東白川郡にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
↓↓ タップ ↓↓
アヴァンス法務事務所はこちら
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(東白川郡にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)
東白川郡の地図

東白川郡にある弁護士事務所

心配ごと相談(矢祭町社会福祉協議会)

債務整理の無料相談
所在地 東白川郡矢祭町中石井御殿川原1 矢祭町保健福祉センター
MAP
営業時間 2ヵ月に1回程実施
電話 0247-34-1050
電車アクセス 水郡線 磐城石井駅

東白川郡という地で、法律問題を抱えている方々を対象としたアドバイスを行っています。

債務整理などの相談において、話していただいた内容やプライバシーに関わる情報に関しては、その秘密を厳守しているので、情報漏洩を気に掛けることなく利用できます。

「借金取りに困っているので、債務整理を実行することで借金問題を解決したい」、「借金返済に行き詰まってしまい、夜逃げをしたり、自殺することまで考えてしまっている」、「借金の支払いのために身の回りの物を売ってまでお金を工面している」といった金銭問題で苦労をしている方々には、東白川郡の当所の弁護士は各ケースに沿った最適化した負債を整理するための手立てを案内しています。

弁護士相談(棚倉町社会福祉協議会)

債務整理の無料相談
所在地 東白川郡棚倉町大字棚倉字中居野68-1 棚倉町保健福祉センター 相談室
MAP
営業時間 毎月第3木曜日10:30-15:00
電話 0247-33-2623
電車アクセス 水郡線 磐城棚倉駅

東白川郡の棚倉町において、町民の福祉の向上を目的として行われている悩みごと相談会です。

相談員は弁護士なので、法律に関する専門的なアドバイスを受けることができます。

「クレジットカードを使いすぎてしまい、借金苦となり、苦労をしているので債務整理を検討している」、「趣味による浪費や友人との交際費にお金を掛けすぎたために、多額の借金を抱え込んでしまった」、「低所得な仕事をしているために貧困生活を送っており、銀行カードローンを利用し続けた結果、借金地獄となったので、債務整理を受けたい」といった金銭問題でピンチとなっている債務者には、東白川郡の当所では個々の事情にフィットした借入金整理のための措置を実施しています。

ふくしサポート法律相談会

債務整理の無料相談 △(法テラス利用可)
所在地 東白川郡棚倉町大字棚倉字北町95-5 福島県社会福祉協議会 生活自立サポートセンター県南事務所
MAP
営業時間 不定期開催13:30-16:00(一人当たり30分まで)
電話 0248-25-1509
電車アクセス 水郡線 磐城棚倉駅

借金問題の債務整理や離婚問題、相続問題、成年後見、消費者被害などの身近な法的な悩みごとに関する問題解決のための法的な助言を行っている、東白川郡で開催の法律相談会です。

「消費者金融などの貸金業者から融資を受けたが、当てにしていた収入が入らなかったために借金返済ができなくて困っているので債務整理を受けたい」、「住宅ローンを組んで無理をしてマイホームを買ったが、その後、その支払いに行き詰まってしまった」、「勤めている会社の業績が悪化したために、給料の減額や会社が倒産という状況になってしまい、抱えている負債の支払いができなくなった」といった借金問題で苦労している債務者には、弁護士が事情の聴取をするべく借金相談をしてから、個別具体的な問題解決方法の提案を行っています。

なお、東白川郡の当法律相談会は、開催日の3週間前までに相談の予約を入れていただく必要があります。

また、刑事事件に関する相談は受け付けていませんのでご注意ください。

東白川郡にある司法書士事務所

該当なし

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、東白川郡内の塙町・棚倉町・矢祭町・鮫川村の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

東白川郡で債務整理をする際の関連機関

東白川郡に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

パチンコに負けた結果、債務整理に至った

債務整理方法 職業 年齢・性別
私的整理 小売店経営 36歳(男性)
任意整理での債務整理

僕は、親と共に東白川郡で、自宅を兼ねた店舗でお茶の販売を行っています。

お茶屋は親がやっていた商売で、僕は手伝いという感じて親の仕事のサポートをしています。

パチンコで時間つぶしをした

そのため、僕は暇を持て余してしまうことが多く、時間つぶしのために東白川郡にあるパチンコ屋へ行っていました

僕は暇がある度にパチンコ屋に行っていたのですが、8割ぐらいの高確率で負けていました。

でも、パチンコをやっていた当時は、絶対に負けた分を取り返してやるんだと僕は息巻いていました。

遊興費のためにローンカードでお金を調達

その結果、僕はどんどん深みにはまってしまい、東白川郡にある自分の預金口座があった銀行で、銀行カードローンの契約をして、ローンカードを使ってパチンコのための軍資金を調達すようにまでなってしまいました

僕は生来のズボラな性格なので、借金をしても何とかなるだろうと思っていました。

その後、僕はローンカードの借入限度額の最上限までお金を借りてしまい、これ以上は借金返済が進まないと、借り入れをすることが困難となりました。

クレジットカードによるキャッシング

僕は、ローンカード以外のお金の工面方法について思案したのですが、この時に僕は自分が持っているクレジットカードに現金の借り入れをすることが出来るキャッシング機能がついているということを思い出しました。

クレジットカードの契約をした時は、僕はキャッシングの契約をした覚えは無かったのですが、クレジットカードの利用明細書を見てみると、自分のクレジットカードには20万円のキャッシング枠が設定をされていました。

そのことを思い出したので、僕はクレジットカードを使って、キャッシングによって借り入れをするようになりました

クレジットカードを使ったキャッシングは、近所のコンビニ店内などに設置されているATMを使うことで、簡単に行うことができました。

僕はクレジットカードを使って借り入れをするようになったのですが、クレジットカードによるキャッシングも、僅か3ヵ月程度でキャッシング枠の上限までお金を借り切ってしまいました。

借金返済に行き詰まってしまった

この時には、僕は月々の借金返済に困るようになり、パチンコの軍資金どころの話しではなくなりました。

僕は借金返済を遅延するようになっていたので、債権者である銀行やクレジットカードを発行している信販会社から支払いの請求を受けるようになりました。

僕の携帯電話に、債権回収の担当者から電話が来るようになり、僕は困り果ててしまいました

この時に、僕は東白川郡のそばで、道路沿いで消費者金融業者の看板を見たことがあったので、そこに行って、借り入れをしようかと思いました。

ですが、それをやってしまうと更に泥沼にハマってしまうと思い、考え直しました。

僕は自分の借金問題と真剣に向き合うことを決め、借金問題の解決に全力を注ぐことにしました。

インターネットで調査をしてみた結果、借金問題を解決するには債務整理を行えば良いことが分かりました。

代表的な債務整理の方法には、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産があることが調べた結果、分かったのですが、自分にはどの債務整理方法が適切なのかを判断することができませんでした

そこで、僕は僕の債務整理の手助けをしてくれる人を探しました。

インターネットで調べてみると、債務整理の手助けは、債務整理を取り扱っている弁護士もしくは司法書士ができることが分かりました

東白川郡の弁護士に債務整理について相談

僕は、東白川郡で債務整理に取り組んでいる弁護士または司法書士を探してみたのですが、借金相談を受け付けている弁護士を見つけることができました。

そこで、僕は見つけた東白川郡の弁護士のところに、相談の予約をしてから出向きました。

僕は東白川郡の弁護士と相談をしたのですが、弁護士からは僕の負債と収入の状況だと、私的整理で債務整理を実施すると良いとのことでした。

僕は取り立てに頭を悩ませていることを弁護士に告げたのですが、弁護士からは「私に債務整理の仕事を依頼してもらえれば、債権者からの取り立てが止まる」ということを教えてもらうことができました。

私的整理による債務整理を東白川郡の弁護士に依頼

そこで、僕は相談をした東白川郡の弁護士に私的整理の仕事を頼みました。

すると、東白川郡の弁護士に仕事を依頼した後、ピタリと債権者からの取り立て行為がストップしました。

取り立てがやんだ後は、精神的にすごく楽になることができました。

弁護士が取り掛かった私的整理の仕事は、約2ヵ月半で終わりました。

債務整理を行ったことで、月々の支払い負担が半分程度になった

債務整理の結果、借金総額そのものはほとんど減らなかったのですが、利息の免除や返済期間の長期化を図れたので、月々の返済額は債務整理後は半額程度で済むようになりました

債務整理後の月々の返済額なら支払いを継続できると思ったので、僕はほっとすることができました。

弁護士費用の見積もりは、仕事を依頼する前に弁護士から出してもらっていたのですが、弁護士費用はその見積もり通りの10万円ちょっとだけで済みました。

僕はパチンコなどのギャンブルは絶対にしないようにと東白川郡の弁護士から戒められたので、現在ではパチンコを含めたギャンブルは絶対にしないようにしています。

パチンコをする代わりに、僕は暇なときは東白川郡の近郊にある月額制のスポーツジムに行くことにしました。

運動をして、汗をかくと気分もスッキリして、爽快になることができます。

僕が債務整理に取り組んだのは今から約5年前なのですが、現在では借金を完済しています

そのため今現在では、僕は借金とは無縁の生活を送ることができています。

債務整理となった理由は、親に資金援助をしたため

債務整理方法 職業 年齢・性別
個人破産 契約社員 30歳(女性)
個人再生での債務整理

私は東白川郡の某中堅会社で、事務職をやっています。

私は実家を出て、一人暮らしをしているのですが、私の住まいから車で20分ぐらい走った所に実家があります。

父親は間もなく定年という年齢となったときに、失業をしてしまいました。

暫くの間は、失業保険と貯金の切り崩しで、両親は生活をしていました

両親は高齢なために、まともな仕事に就くことはできなくで、再就職先はアルバイトしかありませんでした。

親への仕送りが生活の負担となった

アルバイトだけでは生活ができないので、私は親から生活費の仕送りを頼まれました。

私は親に今までさんざんお世話になってきているので、その恩返しということではないですが、親に仕送りをすることにしました

親に仕送りをしている内に、自分の貯金はゼロになってしまい、仕送りのお金の工面に困るようになりました。

複数のキャッシング会社から借り入れをした

その時に、私は通勤途中に「プロミス」の自動契約機があったことを思い出して、そこに出向いて、プロミスと金銭消費貸借契約を締結しました。

その際には、プロミスから自分用のキャッシングカードが発行されました。

このキャッシングカードを使えば、ほぼどこに置かれているATMを使っても、現金を借り入れすることができました。

そのため、私は親の仕送りのため、そして自分の生活費が足りなくなった時に、プロミスのキャッシングカードを使って借り入れをするようになりました。

その後、私はプロミスから借りたお金の返済に困るようになったので、仕方なく東白川郡の近郊にあった「むじんくん」でアコムと借入契約を結んで、アコムからも自分用のキャッシングカードを発行してもらいました

そして、アコムのキャッシングカードで借りたお金を使って、プロミスの借金返済や親の仕送り資金などを用立てました。

私は、多額の借金を抱えた後は、親に仕送りを続けることは厳しいということを伝えていました。

すると、親は東白川郡の役場で、生活苦となっていることを相談したらしくて、生活保護費を受けられるようになりました。

自分の借金問題の解決に取り組んだ

そのため、私は親への仕送りのことを考えずに自分自身の借金問題の解決に専念できるようになりました。

私は借金返済を遅滞するようになっていたので、消費者金融業者から督促を受けていたのですが、給料から自分の生活費を差し引くと手持ち資金がなかったので、督促に応えることができませんでした。

つまり、消費者金融から督促があっても放置をしていたということです。

そんなある日、私の住まいに裁判所から手紙が送られてきました。

私はおそるおそる手紙を開封して、中に入っていた書面を取り出して読んでみると、訴状であることが分かりました。

某消費者金融からの債権を取り立てるための訴状でした。

弁護士に抱えた借金について相談

私は本当に困ってしまい、裁判と言えば弁護士だと思ったので、弁護士に相談をしてみることにしました。

私が住む東白川郡には、法律の専門家である弁護士に相談をすることが出来る場所があったので、私は事前にアポを入れてから、その弁護士の所に赴きました。

私は弁護士と相談をすることになったのですが、相談をした結果、私の状況だと個人破産をした方が良いということになりました。

個人破産を裁判所に申し立てて、裁判所で認めてもらうことが出来れば、借入金をゼロにできるので、その後は借金の返済義務から解放をされるからです。

債務が消滅すれば、消費者金融が提起した債権回収の裁判は、訴えの利益が無くなり、裁判所で、棄却判決がでるとのことでした。

要は、消費者金融の言い分が裁判所で認められず、消費者金融は私からお金を回収することができないということです。

個人破産で債務整理をやってくれるように弁護士に依頼

私は訴状の不安があったので、すぐに弁護士に個人破産の手続きを依頼しました

弁護士が裁判所に個人破産の申立てをするには、「個人破産の申立書」、「陳述書」、「債権調査票」、「家計収支に関する書面」、「銀行預金通帳の写し」、「財産目録」、「住民票・戸籍謄本」などが必要でした。

これらの裁判所に提出する書類を作るためには、私が弁護士に渡さなければ作れない資料が多数あるので、私は弁護士から必要となる資料の収集を依頼されました。

私は一刻も早く債務整理を進めたいと考えていたので、すぐに必要な資料の収入に取り掛かり、3日程度で必要となる資料を集めて弁護士に手渡しました。

その後、弁護士は約1週間かけて裁判所に提出する書類を作成してくれて、私の借金問題を解決するべく裁判所に個人破産の申立てをしてくれました

私は私の個人破産手続きを手掛けていた裁判所に、弁護士と共に債務者審尋と免責審尋が実施されたときの合計2回、出廷をしました。

債務者審尋と免責審尋では、裁判官から質問を受けるのですが、私は裁判官から色々なことを聞かれるんだろうと心していたのですが、実際は考えていた以上にあっさりと終わり、拍子抜けしました。

債務整理の実施で、自分の債務を消滅させることができた

その後、私は裁判所で免責許可の決定を受けることができ、めでたく、自分の債務を消滅させることができました。

私は借金生活から解放されたとの安ど感から、免責許可の決定を弁護士から電話で聞いた時には、感極まって思わず涙が出ました。

私は元々は質素な生活を送っていたので、債務整理を終えた現在では、かなり貯金をためることができるまでになりました

ちなみに両親は年金支給を受けられる年齢に達したので、現在では生活保護からは抜け出し、年金とアルバイトで得たお金で生活を送っています。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

東白川郡で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

東白川郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。