債務整理ガイド » 岩手県 » 九戸郡

九戸郡で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

九戸郡という地域で、借金まみれとなって困っている債務者の手助けを行っている弁護士と司法書士の法律事務所の一覧リストです。

債務整理を行うことで、借金問題の解消を図っている、九戸郡の法律事務所を掲示しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して九戸郡で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(九戸郡にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(九戸郡にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)

司法書士法人アストレックス

お勧め度
HP 司法書士法人アストレックス
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 着手金無料
  • 過払い金調査無料
日本全国対応 〇(九戸郡にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:00-21:00日曜10:00-18:00(土曜は完全予約制)
メール・電話
債務整理の料金
  • 過払金請求:基本報酬1社11,000円(税込)+成功報酬(過払金返還額[18%+消費税/訴訟20%+消費税])
  • 任意整理:費用1社33,000円(税込)~+成功報酬(過払金返還額[18%+消費税/訴訟20%+消費税])+事務手数料
  • 個人再生:(住宅賃金特別条項なし)330,000円(税込)+実費/(住宅賃金特別条項あり)385,000円(税込)+実費[再生委員が選出された場合、再生委員への報酬が必要/債権者数が6件超え1件11,000円(税込)加算]
  • 自己破産:(同時廃止)330,000円(税込)+実費/(管財事件)385,000円(税込)+実費+管財費用[債権者数が6件超え1件11,000円(税込)加算]
九戸郡の地図

九戸郡にある弁護士事務所

心配ごと相談所

債務整理の無料相談
所在地 九戸郡九戸村大字伊保内第7地割39番地4号 九戸村総合福祉センター
MAP
営業時間 13:30-15:30(2月に1回程度開催)
電話 0195-41-1200
電車アクセス

九戸郡にある九戸村社会福祉協議会で行われている、弁護士による法律相談です。

九戸郡の当所の相談は予約制で、相談時間は一人30分までとしています。

「低所得者で生活苦となっており、居住費や食費などのお金を捻出するためにクレジットカードを用いていた結果、借金苦となってしまった」、「転職をしたり、失業をした結果、所得ダウンや無収入となってしまったために、ローンの支払いをすることが困難となったので、債務整理を実行したい」、「兄弟姉妹の借金の肩代わりをしたが、それが原因で借金生活から抜け出すことができなくなった」といった金銭問題で苦境に立たされている方々には、弁護士が事件内容を把握するべく、借金相談で事情を聞いてからベストな借入金整理の手続きを行っています。

九戸郡にある司法書士事務所

該当なし

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、九戸郡内の軽米町・洋野町・野田村・九戸村の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

九戸郡で債務整理をする際の関連機関

九戸郡に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

生活費の不足分を借金した結果、債務整理を実施する羽目になった

債務整理方法 職業 年齢・性別
任意整理 パート 35歳(女性)
任意整理での債務整理

私は、初めて借り入れした時のことを今でも明確に覚えています。

その時、私は今の仕事と同じ、パート仕事をしていました。

夫の収入が少ないために、私は生活費に困るようになり、所有していたクレジットカードに備わっていたキャッシング枠を利用して、ATMで借り入れをしました。

借金をした当初、私は悪いことをしているような罪悪感を感じていたのですが、繰り返し借り入れをしているうちに、その感覚が薄れていきました。

そんな私ですが、借金が膨れ上がったことで、任意整理による債務整理を実施しました。

ここでは、その時の私の体験談を話したいと思います。

私は結婚をしていたのですが、我が家には貯金が全くと言っていいほどありませんでした。

貯金どころか、我が家には夫の趣味である車の支払いのローン返済が毎月ある状態でした。

夫の手取りは月額で20万円ぐらいでしたが、家賃や光熱費、食費、通信費、衣服費、交際費、雑費などを支払うとお金が残らない状態でした。

そんな時に私は生活費の不足分を補うために、クレジットカードを使ってキャッシングをしてしまいました。

私はパート仕事をしていたので、お金を借りても何とか返済ができるだろうという甘い考えがありました。

私は借金返済を遅滞してしまうと、取り立てを受けるという恐怖心があったので、毎月の借金返済だけは徹底しました。

その後、私は、別の2枚のクレジットカードでもキャッシングをして、借り入れをしました。

この状況にたどり着くまで、最初に借り入れをしてから5年以上が経過をしていました。

私は複数のクレジット会社から借り入れをしていたのですが、その金利の支払いが負担となっていました。

そこで、私は九戸郡の近郊の銀行にあった、クレジット会社より貸付金利が低かった借金の一本化ができる「おまとめローン」に申込みをしました。

私は「おまとめローン」の審査は無事に通過をすることができ、借金の借り換えをすることができました。

私は「おまとめローン」で得た資金で、保有しているクレジットカード3枚の借金を完済させました。

「おまとめローン」に借り換えをした当初は、月々の利息の支払金額を減らすことができました。

ですが、それでも私は月々の返済に困るようになってしまい、しまいには借金返済を遅延させてしまいました。

私は「おまとめローン」を組んだ銀行から督促を受けるとともに、返済が遅れていることへのペナルティとして遅延損害金が借金に加算をされてしまいました。

この遅延損害金によって、私の借金は少しづつ増えてしまいました。

私は、夫には内緒で借金をしていたので、このままだといつかバレてしまうと思いました。

私は「おまとめローン」の借り入れをしていた銀行から督促を受けていたので、別の貸金業者から借り入れをしようとしたのですが、ちょうど運悪く、改正貸金業法が公布されて「総量規制」という法律が施行されたときでした。

この総量規制という法律は、貸金業者からの借入総額は年収の3分の1までという貸付制限の法律でした。

私は既に年収の3分の1を超えた借金を抱え込んでいたので、私は総量規制の適用者となってしまい、どの貸金業者からも新規で借り入れをすることはできなくなりました。

でも、今、考えてみると、この時に総量規制によって、お金を借りることができなくて良かったです。

もし、総量規制がなくて、別の貸金業者からお金を借りていたら、私はまた多重債務者に逆戻りして、最終的には自己破産になっていたと思います。

私は、総量規制によってどこからも借り入れをすることができなくなったので、自分の借金問題を解決するべく、債務整理を行うことを決意しました。

債務整理を行うことを決意した時点の借金総額は、「銀行のおまとめローン:約160万円」でした。

私は夫に自分の借金のことを内緒にしたまま、九戸郡で行われていた弁護士法律相談に申込みをして、借金相談をしてみました。

私は自分の負債と収入について、九戸郡の弁護士に話しをし、さらに身内には借金のことを秘密にしているので、債務整理も秘密裏に行いたいという要望を伝えました。

すると九戸郡の弁護士からは、裁判所などの第三機関を用いずに、債権者と直接交渉をする、任意整理で債務整理を行えば、秘密裏に債務整理を実現できるということを教えてくれました。

そこで、私は任意整理で債務整理を実施することを決めて、その手続きの委任契約を九戸郡の弁護士と締結しました。

九戸郡の弁護士に債務整理の仕事を依頼した後、ピタリと私への督促は停止しました。

その後、私は九戸郡の弁護士から債務整理の進み具合の連絡を受けていたのですが、最終的には弁護士は私の債権者である銀行と今後の返済方法に関して合意に達することができました。

九戸郡の弁護士が奮闘をしてくれたので、私は毎月の支払額を3万円固定にしてもらうことができ、さらに今後は貸付金利をゼロにしてもらうことができました。

私はパート仕事をしていたので、毎月3万円であれば、無理なく返済をすることができました。

私は債務整理後、約5年間借金返済を続けたのですが、5年掛けて借金を完済することができました。

その間、夫には私の借金がバレることはありませんでした。

また、夫は仕事で昇給をすることができたので、わずかですが、世帯所得をアップさせることができました。

そのため、生活費の補填のために私が借金をするという必要性はなくなったので、良かったです。

ギャンブルが原因で借金地獄となってしまい、債務整理を実施

債務整理方法 職業 年齢・性別
個人民事再生 食品製造業 38歳(男性)
個人再生での債務整理

僕は、九戸郡にある小さな会社で、給料取りとして働いています。

僕は借金700万円を抱え込んでしまったのですが、債務整理を行ったことで、人生の再スタートを切ることができました。

今、多額の負債を抱えて困っている方は、ぜひとも、僕の債務整理の事例を参考にしていただきたいと思います。

僕は九戸郡にある零細会社で働いていたので、20代の後半には、会社の役員になることができました。

会社の役員といえば聞こえは良いのですが、小さな会社だったので、仕事上、責任がある割には安月給でした。

僕は、いわゆる中間管理職でした。

そのため、僕は社長から指示を受けていたのですが、仕事で結果を出すことができなかったときには社長から叱責を受けていました。

また、僕には若い部下がいたのですが、無理な仕事を社長から受けた時には、部下から不平を言われることがありました。

僕は仕事では、社長と部下との板挟みの状況となっていたので、ストレスがたまっていました。

そんな時に、僕は学生の頃に楽しんでいたパチンコのことを思い出しました。

そして、僕は10年ぶりぐらいに、九戸郡にあったパチンコ店に入ってみました。

僕が昔パチンコを打っていた時は、台の中央にある液晶画面は小さかったのですが、10年ぶりに見た台は、液晶画面が大きくなり、演出が派手になっていました。

僕は久しぶりにパチンコを打ったのですが、やってみると楽しく感じるようになりました。

そして、僕はパチンコを打っている時は無心になることができたので、ストレスの発散をすることができました。

その結果、僕は仕事帰りや仕事が休みの休日に足しげく九戸郡にあるパチンコ屋に通うようになりました。

パチンコをやっているうちに、僕は貯金を使い尽くしてしまい、その後、僕は九戸郡のそばにあったプロミスという消費者金融から借り入れをするようになりました。

プロミスと金銭貸借契約を締結した時に、自分専用のキャッシングカードを作ってもらうことができました。

このキャッシングカードは、借入限度額の金額まで何回でもATMを使って、金銭の借り入れをすることができるというカードでした。

そんため、僕はパチンコをしてお金が不足するたびに、キャッシングカードを用いて、ATMを使って、借り入れをするようになりました。

そして、プロミスのキャッシングカードの利用限度額の最上限まで、お金を借り切ってしまった後は、僕はダイレクトワンからも借り入れをしました。

そんなことを長年にわたって行っていた結果、僕の借入先はプロミス、ダイレクトワン、フクホー、ライフティ、セントラルの5社となってしまい、借金総額は利息が付いたこともあって700万円にもなっていました。

僕は、借金返済に窮するようになっていたので、この5社から借金返済の取り立ての連絡を受けていました。

このまま自分の借金問題を放置してしまうと、仕事にも差し支えがあったので、僕は自己破産をすることを決意しました。

自己破産をしてしまえば、借金返済の義務が消滅するということを知っていたからです。

そこで、僕は自己破産を行うべく、九戸郡で弁護士相談を受けてみました。

弁護士に僕が借金を作った理由と、借り入れ状況、そして収入や資産などについて話しをしたうえで、僕は自己破産を行いたいことを告げました。

すると、弁護士からは自己破産に関する法律である破産法には免責不許可事由という項目があって、そこに自己破産を認めない借金の理由が記載をされており、その中に賭博行為があるとのことでした。

つまり、パチンコは賭博に当たるので、裁判所に自己破産の申立てをしても、裁判所において却下されてしまう可能性があるとのことでした。

但し、借金の原因が免責不許可事由に当てはまる場合でも、借り入れ状況によっては担当裁判官の情状酌量によって、自己破産を認めてもらえることもあるとのことでした。

僕は迷ったのですが、ダメもとで自己破産手続きを弁護士にお願いしました。

僕は、裁判所に提出するための破産申請書を作成するために必要な書類の一覧リストを弁護士からもらったので、約1週間掛けて必要書類を集めて、弁護士に手渡しました。

その後、弁護士が僕が渡した書類に基づいて、破産申請書を作成して、裁判所に提出をしてくれました。

その後、裁判所で破産申立書の審議が行われたのですが、借金の原因が免責不許可事由に該当をしているとの理由で、破産申し立ては却下されてしまいました。

僕は、弁護士から破産申し立てが却下されたことを聞かされたのですが、次の手段として、弁護士から個人民事再生で債務整理を行うことを提案されました。

個人民事再生の法律には、免責不許可事由はないので、借金の原因がパチンコなどの賭博行為であっても、手続きを行うことができるとのことでした。

そこで僕は、今度、弁護士に個人民事再生の手続きをお願いしました。

その後、弁護士は裁判所に個人民事再生の申し立てをしてくれたのですが、無事に受理をしてもらうことができました。

そして、その後、弁護士は僕と一緒になって作った返済計画書を裁判所に提出をしてくれました。

裁判所では、債権者と共に提出した返済計画書の吟味が行われたのですが、最終的には承認をしてもらうことができました。

その結果、僕の約700万円あった借金総額は、約150万円にまで大幅に減額をすることができました。

幸運なことに、職場には僕が多額の負債を抱えた結果、債務整理を実施したということは知られずに済んでいます。

そのため、僕は職場で肩身の狭い思いをすることなく、今まで通りに仕事をすることができています。

僕は自己破産こそできませんでしたが、個人民事再生を行ったことで、借金という暗闇から抜け出すことができました。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

九戸郡で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

九戸郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。