債務整理ガイド » 山形県 » 最上郡 » 金山町

金山町で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

金山の町章 最上郡金山町で利用できる弁護士もしくは司法書士で、債務整理を実現可能な法律事務所の一覧です。

貸金業者からお金を借りたが、その借金返済に行き詰まっている方々が抱えている借金問題を解消することができる、金山町の法律事務所を案内しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して金山町で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(金山町にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(金山町にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)

司法書士法人アストレックス

お勧め度
HP 司法書士法人アストレックス
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 着手金無料
  • 過払い金調査無料
日本全国対応 〇(金山町にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:00-21:00日曜10:00-18:00(土曜は完全予約制)
メール・電話
債務整理の料金
  • 過払金請求:基本報酬1社11,000円(税込)+成功報酬(過払金返還額[18%+消費税/訴訟20%+消費税])
  • 任意整理:費用1社33,000円(税込)~+成功報酬(過払金返還額[18%+消費税/訴訟20%+消費税])+事務手数料
  • 個人再生:(住宅賃金特別条項なし)330,000円(税込)+実費/(住宅賃金特別条項あり)385,000円(税込)+実費[再生委員が選出された場合、再生委員への報酬が必要/債権者数が6件超え1件11,000円(税込)加算]
  • 自己破産:(同時廃止)330,000円(税込)+実費/(管財事件)385,000円(税込)+実費+管財費用[債権者数が6件超え1件11,000円(税込)加算]
金山町の地図

金山町にある弁護士事務所

金山町社会福祉協議会 弁護士相談

債務整理の無料相談
所在地 金山町大字金山五百七十一番地 金山町農村環境改善センター
MAP
金山町社会福祉協議会 弁護士相談
営業時間 10:00-12:00 13:00-15:00(不定期で実施)
電話 0233-52-2099
電車アクセス 泉田駅

弁護士が金山町で、身近な生活の困りごと(多重債務・相続・遺言・成年後見・土地問題・事故・契約・消費者被害など)に関して、悩みを解決するための法的なアドバイスを行っています。

弁護士は受けた相談内容の秘密を厳守しているので、ご自身の個人情報が外部に漏れてしまうことを懸念することなく、金山町の当所で法律相談を受けていただくことができます。

「高齢者となった親の介護や家族やご自身の病気やケガの治療のために、お金が掛かり、銀行カードローンを使って、それらの資金の調達をしていた結果、借入額が高額となって、その返済に苦心している」、「低所得なので、生活費が常に不足しており、サラ金等の貸金業者から借り入れをした結果、多重債務者となって借金まみれの状態に陥ったので、債務整理を受けたい」、「消費者金融などの金融機関から借り入れをしてまで、ギャンブルにどはまりしてしまったので、借金地獄に陥ってしまった」といった方々に、弁護士は借金相談をしてから個々の事情に則した負債整理の手立てを行っています。

金山町にある司法書士事務所

該当なし

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、最上郡金山町内の泉田駅の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

金山町で債務整理をする際の関連機関

金山町役場
金山町大字金山324番地1号

金山町に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

債務整理となったのは、ギャンブルでお金を使いすぎたため

債務整理方法 職業 年齢・性別
小規模個人再生 サラリーマン 31歳(男性)
個人再生での債務整理

僕は金山町に住んでいるのですが、今から4年ほど前に債務整理をしました。

借金整理に取り掛かる前の僕の負債総額は約400万円で、金山町からほど近い場所にあった大手のキャッシング会社と地域密着型の街金から借り入れをしました。

僕が多額の借金を作ってしまった理由は、趣味のギャンブルをやめることができなかったためです。

僕は週末にJRA(日本中央競馬会)で競馬が開催されている時は、レース内容をチェックして馬券を購入し、競馬が行われていないときは金山町の近郊にあるパチンコ屋へ行っていました。

また、平日は仕事が終わった後、時間を持て余した時に、スマートフォンに備わっているインターネットを使って、オンラインカジノを楽しんでいました。

僕は金山町という田舎町に住んでいるので、給与水準は低く、収入は年収で300万円ちょっとしかありませんでした。

僕はギャンブルに熱中をした結果、生活費が足りなくなってしまい、慢性的な金欠状態となっていました。

この状態を打開するために、僕はキャッシング会社や街金を利用していました。

借金を繰り返すうちに、借入総額は膨らみ、そして借入先の金融機関の数が増えてしまい、僕は多重債務者になってしまいました。

僕は、借金を返すためのお金を用意するために、別の金融機関からお金を借りるということをしてしまいました。

いわゆる、その場しのぎの自転車操業で資金繰りをしてしまったということです。

借金の金額が増えるにつれて、借りたお金に付く月々の利息金も増えていきました。

そして、利息金の支払額が増えた結果、僕は利息の支払いもままならなくなってしまいました。

月々の借金の支払いがまともにできなくなった結果、僕は複数の借入先から督促の連絡を受けるようになりました。

郵便物で、支払いの催促書が来る分には、それほど精神的にはつらくないのですが、電話連絡で取り立てを受けると、かなり精神にこたえました。

僕は仕事の最中も借金返済のための金策を考えるようになってしまい、仕事の作業効率が落ち、更には仕事でポカをやるようになりました。

このままだと、僕はさらに悪い状況に落ち込んでしまうと思ったので、思い切って、法律相談ができる所で、自分の借金について相談をすることにしました。

僕は金山町で弁護士による法律相談が行われていたことは以前から知っていたのですが、一歩踏み出すことができませんでした。

ですが、僕は窮地に追い込まれる状況となった結果、僕が考え得る解決方法としては、金山町で行われている法律相談を頼るしかありませんでした。

僕は金山町で行われている法律相談に連絡をとったうえで、法律相談を受けるための予約をしました。

そして、後日、僕は法律相談に臨み、相談担当である金山町の弁護士に自分が抱えている借金の状況について、説明をしました。

僕はマイホームは所有をしていなかったのですが、車好きなので、かなり高価な車を所有していました。

借金を整理するにあたり、僕はその車を処分しなくてはいけなくなるのではと心配をしていました。

僕は金山町の弁護士に、できれば自分の財産を失うことなく、できるだけ借金総額を減らすことができる債務整理を行いたいとの要望を伝えました。

すると、金山町の弁護士から個人再生で債務整理をするのが適切との説明を受けました。

さらに、個人再生にはそのやり方として、小規模個人再生と給与所得者等再生の2パターンがあり、小規模個人再生を実施した方が、借金を多く減額できることが多いということを教えてもらいました。

そこで、僕は金山町の弁護士と意見交換をしたうえで、小規模個人再生を行うことにしました。

僕は金山町の弁護士から、裁判所に小規模個人再生の申立てをする際に必要となる書類を作成するために必要となるドキュメントの一覧表をもらったので、その一覧表に基づいて、資料集めに取り掛かりました。

僕が収集して金山町の弁護士に渡したドキュメントは、「預金通帳の控え」、「住民票の原本」、「戸籍謄本」、「給与明細書・賞与明細書の控え」、「源泉徴収票の控え」、「自動車検査証の控え」、「自動車価格査定書の控え」です。

弁護士は僕が渡したドキュメントに基づいて、「再生手続開始申立書(小規模個人再生)」、「債権者の一覧リスト」、「収入と財産の一覧リスト」、「財産目録」、「委任状」、「報告書(民事再生法124条2項,125条1項)」、「家計の収支状況」、「清算価値算出シート」、「弁済期間延長に関する上申書」、「返済計画表」、「再生計画案」を作成してくれました。

そして、金山町の弁護士は、これらの書類を裁判所に提出をしてくれました。

その後、裁判所において、小規模個人再生の手続きが進められたのですが、金山町の弁護士が裁判所とのやり取りを一手に引き受けてくれました。

小規模個人再生の手続きの最中に、僕が返済を継続的に行えるかを試すための履行テストが行われました。

結局、小規模個人再生の全ての手続きを終えるには、約1年と2ヵ月が掛かりました。

手続きを終えた結果、裁判所において、提出した再生計画が認められたので、僕の借金残高は約120万円にまで圧縮をすることができました。

その結果、僕は自分の手持ちの車を失うことなく、借金総額を大幅に減らすことができ、毎月の借金返済を無理なく続けることができるようになりました。

僕はギャンブルで借金まみれになった時点で、ギャンブルは完全にやめたので、再度、ギャンブルが原因で債務整理をせざるおえなくなるという事態を考えなくて済むようにはなっています。

住宅ローンが払えなくなり、債務整理をすることになった

債務整理方法 職業 年齢・性別
任意売却・個人破産 自動車整備会社勤務 40歳(男性)
自己破産での債務整理

銀行で住宅ローンを組んだ大抵の人は、まさか自分が住宅ローンが返済できなくなって、債務整理になるとはみじんも考えていないと思います。

ですが、世の中、突然の出来事で何が起きるか分かりません。

新型コロナのような感染症、病気やケガ、給料の減給や失業、地震や火災など、人生を生きる中ではまったく想像だにしていなかったことが、突然起きることがあります。

僕の場合は、妻が病気になったことを契機に住宅ローンの返済を継続することができなくなり、家を任意売却して処分をしました。

僕は家を任意売却したのですが、それでも住宅ローンを完済することができなかったので、最終的には個人破産を実施することによって、住宅ローンの負債を無くしました。

ここでは、今現在、住宅ローンの支払いで困っている方にとって、借金の整理方法の参考となるように、僕が借金返済ができなくなって、債務整理によって借金問題を解決するまでにたどった経緯について案内をしたいと思います。

僕が家を購入した理由は、僕だけでなく妻も働いていて、ダブルインカムだったので、収入に余裕があったからです。

当時は世帯所得がかなり高かったので、旅行や車などにもお金を掛けていました。

また、資金的な余裕があったので、住宅ローンを組んで家を建てたとしても、余裕で住宅ローンの返済ができると思っていました。

そのため、僕は金山町の近郊にある地元の銀行に出向いて、約4千万円の住宅ローンを、返済期間を25年間で組みました。

当時は、共働きで世帯収入が多かったので、銀行の融資担当者は喜んでお金を貸してくれました。

そのお金によって、土地を購入し、さらに自由設計の戸建ての家を建てました。

その後、僕は妻と共に、毎月、住宅ローンの返済を行っていました。

それから、約8年が経過したときに、妻が大病を患ってしまい、働くことができなくなりました。

住宅ローンの月々の支払額は約15万円だったのですが、妻が働くことができなくなったために、僕は住宅ローンを返済するお金の資金繰りに困るようになりました。

妻は病院に入院をすることになったのですが、病院に支払う医療費が健康保険の高額療養費制度を使っても月に10万円ほど掛かりました。

今まであった妻の収入が途絶え、さらに医療費が掛かるようになったために、我が家の家計は火の車状態になりました。

自分の親が資金援助をしようかとは言ってくれたのですが、親から多少の援助を受けたところで、自分が抱えた金銭問題を解決するのは無理だったので、気持ちだけ受け取って、親からの資金援助の申し出は断りました。

僕は住宅ローンの返済を継続していくことは無理だと思ったので、家を手放すことにしました。

僕と妻の間には子供がおらず、妻は入院をしていたので、僕一人だけが家に住んでいる状態でした。

僕は金山町と金山町の近郊にある不動産会社を数軒回り、不動産会社に僕の家を売却するための広告を出してもらいました。

それから数か月後に、僕は家を売却することができたのですが、売却価格は約2千万円だったので、購入時と比較すると資産価値は半分になっていました。

そして、僕は家を売ったお金を全て、住宅ローンの返済に充てたのですが、それでも1500万円以上の借金が残ってしまいました。

妻は病院に入院後、間もなくして手術を受けたのですが、手術は無事に成功することができたので、その後、病院を退院することができました。

ですが、妻は体力が極端に弱くなっていたので、働けるような状況ではありませんでした。

僕は妻と共に、金山町の賃貸マンションに住んでいるのですが、残りの借金をどうにかしなければなりませんでした。

僕は対処方法について、あれこれと考えたのですが、自分に残された道は債務整理をして、自分の借金を法的に無しにしてもらうしかないと思いました。

僕は債務整理の方法には、個人破産という方法があり、個人破産を実現できれば、借金がゼロになることは知っていました。

僕が知っている個人破産の知識は、借金を無しにできることぐらいで、それを実現するための具体的な手立ては分かっていませんでした。

そこで、僕は個人破産は法的手続きになるので、法律に詳しい弁護士に相談をすることにしました。

僕は金山町で、弁護士に法律相談をすることができる所を探してみたのですが、運よく見つけることができたので、そこの弁護士に自分の借金のことについて相談をしてみました。

僕は金山町の弁護士に自分の事情を伝えて、できれば個人破産を行いたいという要望をしたところ、弁護士も個人破産を行うのが妥当との判断をしてくれました。

その後、僕は個人破産の手続きを弁護士に頼みました。

弁護士が個人破産の手続きに着手をしてから、裁判所において免責許可の決定が下りるまでには約10か月の期間が掛かりましたが、問題なく免責が下りたので、僕は自分の借金をゼロにすることができました。

今現在では、妻の体力はかなり回復をしており、夫婦仲良く暮らすことができています。

個人破産によって借金の返済が不要となったことで、僕だけの給料で夫婦二人分の支出を賄うことができています。

貯金もある程度はできるようになったので、老後に備えて、あまりぜい沢をせずに、節約をしつつ、お金をできるだけためるようにしたいと思っています。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

金山町で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

最上郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

山形県
最上郡(   舟形町   金山町  )

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。