債務整理ガイド » 宮城県 » 宮城郡 » 利府町

利府町で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

利府の町章 宮城郡利府町というエリアで、弁護士もしくは司法書士に借金相談をすることが可能な法律事務所の一覧リストです。

多くの金融機関から督促を受けているような方に対して、債務整理を行うことで悩み解消のお手伝いをしている利府町の法律事務所を案内しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して利府町で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(利府町にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(利府町にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)

司法書士法人アストレックス

お勧め度
HP 司法書士法人アストレックス
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 着手金無料
  • 過払い金調査無料
日本全国対応 〇(利府町にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:00-21:00日曜10:00-18:00(土曜は完全予約制)
メール・電話
債務整理の料金
  • 過払金請求:基本報酬1社11,000円(税込)+成功報酬(過払金返還額[18%+消費税/訴訟20%+消費税])
  • 任意整理:費用1社33,000円(税込)~+成功報酬(過払金返還額[18%+消費税/訴訟20%+消費税])+事務手数料
  • 個人再生:(住宅賃金特別条項なし)330,000円(税込)+実費/(住宅賃金特別条項あり)385,000円(税込)+実費[再生委員が選出された場合、再生委員への報酬が必要/債権者数が6件超え1件11,000円(税込)加算]
  • 自己破産:(同時廃止)330,000円(税込)+実費/(管財事件)385,000円(税込)+実費+管財費用[債権者数が6件超え1件11,000円(税込)加算]
利府町の地図

利府町にある弁護士事務所

法律相談(利府町)

債務整理の無料相談
所在地 利府町利府字新並松四 利府町役場
MAP
法律相談(利府町)
営業時間 毎月水曜13:00-17:00
電話 022-767-2192
電車アクセス 利府駅

利府町の役場で実施している法律相談では、クレジットやサラ金などによる多重債務問題や交通事故、離婚、遺産分割などの相続問題、賃貸借トラブルといった幅広い法律問題の悩み解決に取り組んでいます。

法律のエキスパートである弁護士が相談相手となり、一人当たりの相談時間は40分までとしています。 相談時間には制限があるので、相談したい内容の要点を整理してから、相談を受けることをオススメします。

「子供の学費を用立てするために、銀行や信用金庫などで学資ローンを組んで借り入れをしたが、その後、不景気によって収入が減ったために、借金返済ができなくなったので、債務整理を行って借金問題を解決したい」、「結婚式や葬儀といった冠婚葬祭費用が入用となったので、キャッシング会社から借り入れをしたが、その後も金欠のたびに借り入れを続けた結果、借金が膨らんで困っている」、「仕事帰りに飲み歩くのが好きで、毎晩、飲み歩いていたが、その結果、生活費が足りなくなったので、銀行カードローンで借り入れをしていたが、その借金の支払いに行き詰まってしまった」といった金銭面で追い詰められている方々に、利府町の当所では弁護士が事案内容を確認するために借金相談を行ってから、個々の事情にとって最良といえる借入金整理の手立てを行っています。

利府町にある司法書士事務所

該当なし

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、宮城郡利府町内の利府駅の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

利府町で債務整理をする際の関連機関

利府町役場
利府町利府字新並松4番地

利府町に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

妻が浪費家だったために、債務整理をする結末となった

債務整理方法 職業 年齢・性別
自己破産 自動車整備工場勤務 36歳(男性)
自己破産での債務整理

僕は、妻と利府町で二人暮らしをしています。

妻と結婚をしたきっかけは、友人の紹介でした。

友人から妻を紹介されて、その後、お付き合いをして、ゴールインとなりました。

妻の実家は裕福な家庭で、そのため、妻はお嬢様育ちでした。

そのため、妻はいつもブランド品の衣服やバッグなどを愛用していました。

僕は妻とは不釣り合いな気もしていたのですが、妻は明るい性格だったこともあり、僕は妻のことが大好きでした。

そのため、デートの時は見栄を張って、食事の時は妻を高級なお店へ連れて行っていました。

その後、僕は妻と結婚をしました。

僕は結婚後、すぐに、地元である利府町で土地を購入して、妻のためにマイホームを建てました。

この時、僕は銀行から住宅ローンで約2500万円の借り入れをしました。

結婚をして気付いたのですが、妻の生活レベルはとても高く、妻は高級な物を頻繁に購入するために、毎月、住宅ローンの支払いもあるので、僕の給料だけでは生活するのが困難な状態でした。

そのため、僕は消費者金融などから借金をして、生活費の足りない分を補っていました。

最初は1社の消費者金融からだけ、借り入れをしていたのですが、月々の借金返済に困るようになると、僕は借入先を増やしてしてしまいました。

そして、最終的には「ダイレクトワン」、「アロー」、「キャネット」、「モビット」、「dスマホローン」の5社を利用してしまいました。

そして、その借金総額は500万円をオーバーしていました。

自転車操業状態で借金返済をしていたので、自分でも正確に借金総額が幾らあるのかを把握できていませんでした。

僕は複数の金融機関から、借金返済を促すための取り立てを受けるようになったので、精神的に追い詰められてしまいました。

妻の浪費癖は相変わらずだったので、妻は僕が借金まみれとなってしまったために、お金を使えなくなったことに不満を持っていました。

そして、お金のことで妻とはケンカが絶えなくなりました。

このような状況下で、僕は借金問題の解決をせねばならなかったので、その解決策を模索しました。

僕はインターネットを使って、借金問題の解決方法について調査をしてみたのですが、その結果、債務整理の実績のある弁護士に相談をすれば良いことが判明しました。

僕は調べた結果、利府町の役場で弁護士相談ができることが分かったので、電話を掛けて債務整理の相談が可能かを確認してみました。

すると、相談員の弁護士は債務整理の経験が豊富にある方とのことだったので、僕は相談の予約を入れて、役場で行われている弁護士相談を受けてみることにしました。

弁護士と相談をした結果は、僕は完全に債務超過となっているので、自己破産で債務整理を行った方がよいという結論に至りました。

その後、僕は相談した弁護士に自己破産手続きの支援を依頼しました。

僕は弁護士から「役場からの書類取り」や「家計に関する金銭出納帳の作成」、「給与明細書」などの書類集めを指示されたので、その指示通りに必要書類を集めてから、弁護士に手渡しました。

その後、弁護士が裁判所に破産申立てを実施してくれたのですが、裁判所では破産管財人が選ばれて、管財事件として手続きが行われました。

僕と妻が住んでいた家は、取り上げられてしまい、破産管財人の管理となりました。

僕は引越しを余儀なくされたので、利府町で賃貸アパートを借りて住み始めたのですが、その時に妻は実家に返ってしまいました。

その後、弁護士が着々と手続きを進めてくれた結果、裁判所で免責許可の決定が下りました。

弁護士の話しによれば、借金の原因が浪費だと本来は自己破産は認められないれど、裁判官の裁量によって、僕の場合は自己破産を認めてもらうことができたとのことでした。

その後、僕は妻と協議をしたうえで、離婚をすることにしました。

妻とは金銭関係の価値観が全く異なっていたのに、それを承知の上、結婚をしてしまった自分がバカでした。

この点は、妻にも悪いことをしてしまったと思っています。

今は、離婚に向けて話しを進めていますが、借金をゼロにすることができたので、人生のやり直しを図ることができるようになりました。

転職で収入が減ったことをきっかけに借り入れを繰り返してしまい、債務整理を行うことになった

債務整理方法 職業 年齢・性別
特定調停 経理スタッフ 32歳(女性)
特定調停での債務整理

私は元々は首都圏で働いていたのですが、親の要望もあって、生まれ故郷である利府町に戻ってきました。

地元の小さな会社で働き始めたのですが、転職をしたことで、給与水準は転職前の7割程度の金額しかもらうことはできませんでした。

私の地元である利府町は田舎町なので、地元では私がもらえる給料はまだ良い方でした。

私は首都圏から利府町への引越し費用を捻出する際に、所有していたクレジットカードを利用して、キャッシングをすることで、お金を用立てました。

その後、私が住んでいる居住地のそばに、イオンのスーパーがあったことから、そのスーバーで入会を勧められたイオンカードというクレジットカードも作りました。

私は数年前までは、お店で支払いをする際は現金払いが一般的だったのですが、コロナ騒動後は、お金のやり取りをすると感染確率が上がってしまうので、キャッシュレス決済が一般的となっていました。

私自身も、御多分に漏れず、支払いは現金からクレジットカードを使って行うようにしていました。

クレジットカードは現金と異なり、お金を使いすぎても、財布の中のお金が減るわけではないので、使いすぎたという実感がありませんでした。

そのため、私は節約を全くせずに、欲しいと思った物は全て購入をしていました。

その結果、私はクレジットカードを使いすぎたために、月々の借金返済に困るようになりました。

この時に、私は利府町のそばにあったプロミスの無人契約機で、キャッシングカードを作って、現金の借り入れをして、借金返済に充ててしまいました。

このようなことを繰り返した結果、私はプロミスへの借金返済にも困るようになりました。

この時点で私の借金総額は約200万円もありました。

一時は、親に自分の借金のことについて相談をしようかと思ったのですが、絶対に怒られると思ったので、親に相談をすることは思いとどまりました。

私は、借金問題の解決方法に関して、色々と調べてみたのですが、利府町の役所で弁護士に借金相談をすることができることが分かりました。

そこで、私は相談の予約を入れた後、相談が実施されている日に利府町の役所に出向いて、自分の借金問題の解決策を相談しに行ってみました。

利府町の弁護士と話し合いをした結果、債務整理を実施する金額としては、私の借金総額は少ない金額なので、任意整理で毎月の支払い負担を軽減できれば、十分に借金を完済することができるとアドバイスをもらうことができました。

任意整理は、債権者とダイレクトに、今後の借金の支払い方を交渉する債務整理方法なのですが、交渉ごとに慣れている弁護士が私の代わりに、債権者と交渉をしてくれることになりました。

その後、私は、事あるごとに利府町の弁護士から債務整理手続きの進み具合について、説明を受けていました。

そして、利府町の弁護士が任意整理に着手をしてから約2ヵ月が経った時に、弁護士から連絡があって、全ての任意整理手続きが完了したとの報告を受けることができました。

そして、任意整理を行った成果として、「分割払いだった支払い方法をリボ払いに変更」、「貸付金利を低利もしくはゼロに変更」することができました。

この結果、月々の返済額が毎月5万円程度だったのが、債務整理を実施した後は、毎月2万円程度で済むようになりました。

また、私は最初に利府町の弁護士に相談をした際に、無駄遣いを防止するために家計簿を記帳するようにとの助言を受けたので、家計簿付けをするように生活スタイルを改めました。

家計簿を付けるようになってから、目に見えて、お金の出入りが把握できるようになったので、無駄遣いを抑えることができるようになりました。

私は借金問題を抱えましたが、早い段階で債務整理に着手をしたので、早期に借金問題の悩みから抜け出すことができました。

今現在、借金問題を抱えている方は、一刻も早く、弁護士などの債務整理の専門家に相談をして、借金問題を早期に解決することをオススメします。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

利府町で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

宮城郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

宮城県
宮城郡(   松島町  利府町  )

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。