債務整理ガイド » 北海道 » 幌泉郡 » えりも町

えりも町で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

えりもの町章 幌泉郡えりも町の法律事務所の一覧で、仕事として借金問題の解決を扱っている弁護士と司法書士です。

債務整理を行うことによって、借金問題で苦悩している方々を助けている、えりも町の法律事務所を教示しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心してえりも町で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(えりも町にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
↓↓ タップ ↓↓
アヴァンス法務事務所はこちら
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(えりも町にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)
えりも町の地図

えりも町にある弁護士事務所

えりも相談所(ひだか弁護士相談センター)

債務整理の無料相談 〇(30分以内)
所在地 えりも町字本町二百六 えりも町役場・保健センター
MAP
えりも相談所(ひだか弁護士相談センター)
営業時間 第3火曜13:30-16:00
電話 0146-42-8373
電車アクセス

えりも町で毎月1回、定期的に開催をされている弁護士法律相談会です。

相談員である弁護士は、相談者が抱えている悩みごとに親身になって寄り添い、的確な法律に基づくアドバイスを実施しています。

「子供の教育資金を銀行や信用金庫などから借り入れをしたが、途中で学資ローンの支払いが行き詰まったので、債務整理を実践したい」、「FXや仮想通貨、株式や不動産などに投資をしたが、うまくいかなかったので、巨額の負債ができてしまい困っている」、「家族の医療費や介護費にお金が掛かり、生活費が足りなくなったので、消費者金融で借り入れをした結果、借金まみれとなってしまった」といった金銭問題で苦心している方々には、えりも町の当所では借金相談をしてから個々のケースにふさわしい負債整理の措置を行っています

えりも町にある司法書士事務所

該当なし

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、幌泉郡えりも町内の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

えりも町で債務整理をする際の関連機関

えりも町役場
えりも町字本町206番地

えりも町に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

債務整理をしたが、その後、不便な生活となった

債務整理方法 職業 年齢・性別
特定調停 観光業 35歳(女性)
特定調停での債務整理

私は、えりも町に住んでいて、観光関係の会社でスタッフとして働いています。

私は、旅行が好きなので今の仕事に就きました。

私の趣味は旅行なので、3連休がある時は道内や本州方面へ旅行し、長期の連休が取れた時には海外旅行に出掛けていました。

旅行に出掛けると、交通費や宿泊費、食事代などが掛かります。

私はそれらの旅行にまつわる支払いの際には、クレジットカードを使っていました

ポイント目的でクレカの枚数を増やした

働き始めた当所は、所有しているクレジットカードは一枚だけだったのですが、その後、マイルのたまる別のクレジットカードと、普段の生活で利用している大型スーパーで買い物をするとポイントがたまるクレジットカードも作成をしました。

私は利用用途に応じて、複数枚のクレジットカードを使い分けしていたのですが、徐々にクレジットカードの借入残高が膨らんでいきました。

私はクレジットカードで支払いをする際に、毎月低額払いとなるリボ払いを選択していました。

リボ払いにすれば月々の支払額は低額にできるのですが、私は3枚もクレジットカードを持っていたので、3枚分の支払いを毎月行わなければならず、返済をするのが厳しくなってきました。

クレカをショッピングだけでなく、キャッシング目的でも利用

私が所有していたクレジットカードには全て、ATMを使って現金の融資を受けることができるキャッシング機能が付いていました。

そのため、私はクレジットカードの支払いが厳しくなった時は、支払いが厳しくなったクレジットカードとは別のクレジットカードを使ってキャッシングをすることで現金を調達し、そのお金を使って支払いが厳しくなったクレジットカードの支払いをしていました。

要は、私は借金返済で、いわゆる自転車操業をしてしまったということです。

自転車操業をした結果、借金総額は瞬く間に増えてしまい、最終的には所有している全てのクレジットカードの支払いを遅滞させてしまうようになりました。

その結果、私はクレジットカードを発行した信販会社から督促を受けるようになりました。

私は困り果ててしまい、自分が抱えてしまった借金問題の解決策を模索してみました。

すると、債務整理を行っている弁護士に相談をすれば、解決方法を見出せれることが分かりました

私は、えりも町で債務整理に関する借金相談をすることができる弁護士を探したのですが、運よく見つけることができたので、その弁護士の所に相談をしに行きました。

相談の場では、私がまず初めに自分が抱えている借入金の状況と自分の月収について、えりも町の弁護士に説明をしました。

弁護士から特定調停による債務整理の提案を受けた

その後、えりも町の弁護士は、私に合った債務整理の方法として、特定調停の実施を提案してくれました。

えりも町の弁護士の説明によれば、特定調停で債務整理を行う最大のメリットは、債務整理を実現するために掛かる費用を他の債務整理方法と比べると低額に抑えることができるということでした。

私はとにかく手持ちのお金が無かったので、お金をあまり掛けずに債務整理を実現できる特定調停を実施することにしました。

私は弁護士の支援を受けながら特定調停を実施した結果、私の債権者である全ての信販会社から今後は、貸付金利をゼロにしてもらうことができました。

その結果、私は債務整理後は、毎月の借金の支払いを継続できるようになりました

債務整理を実施したことで、ブラックリストに載ってしまった

私は債務整理を実施したのですが、その結果、今利用しているクレジットカードは返済専用となってしまい、新たな借り入れはできなくなってしまいました。

そのため、クレジットカードを使った支払いが一切できなくなりました。

私は、インターネットのプロバイダー契約や電気などの光熱費の支払いにクレジットカードを使っていたのですが、使えなくなったので、銀行口座引落に切り替えなければなりませんでした。

また、私は債務整理を行ったことで、貸金業者間で利用されているブラックリストに載ってしまったようです。

私は債務整理後にもっと家賃の安い物件に引越しをしようと、えりも町の不動産会社に行ったのですが、賃貸契約の際に家賃保証をしてくれる保証会社の審査に通ることができませんでした。

おそらく、私が債務整理を行ったという情報が保証会社にも知られていたのだと思います。

私は保証会社の審査にどうしても通らなかったので、仕方なく引越しを諦めました。

債務整理後、当分の間は貸金業者から借り入れができないことが判明

インターネットで調べてみたら、特定調停の場合は、債務整理をしてから5年間ぐらいの間はブラックリストに載るが、その後は自動的にブラックリストから削除をされるそうです。

そのため、私は債務整理をした後の5年間ぐらいは、どの貸金業者からも借り入れはできないようです。

ですが、私はこれを良い機会と捉えて、今後は借金をしない生活スタイルを構築したいと考えています。

債務整理となった理由は、ライバル会社が進出してきたため

債務整理方法 職業 年齢・性別
個人破産 派遣社員(元会社社長) 34歳(男性)
自己破産での債務整理

僕は、えりも町で親が営んでいた靴の小売を行う会社を引き継ぎました

親が仕事を引退したことで、僕は若くして会社の社長となったのですが、僕は25歳の時点で年収が500万円になっていました。

僕の地元の同年代は、年収が300万円にも満たない人がざらだったので、それと比べると僕はかなり稼いでいました。

そのため、今考えると、僕は有頂天になっていたのだと思います。

僕は、月に2回程度は社員やアルバイトスタッフを連れて、居酒屋などに飲みに行きました。

僕はお酒好きで、明るい雰囲気が好きだったということもありますし、社員とコミュニケーションを図ることは重要だと考えていたからでもありました。

また、僕は衣服はイタリア製の高級ブランドスーツを来て、さらに車は高級車であるトヨタのレクサスに乗っていました。

僕は会社の代表だったので、変な格好はできないと考えていたからです。

従業員を飲みに連れて行ったり、衣服などの買い物をした際の支払いにはクレジットカードを使っていました。

頻繁にクレジットカードを使っていたので、僕は月々の支払額が15万円を超える金額になっていました。

それでも、僕は月収が最低でも40万円はあったので、問題なく支払いができていました。

ライバル会社の出現で苦境に立たされる

そんなある時、えりも町の近郊に大型店舗を構える靴の卸売りチェーン店が進出をしてきました。

その会社は低価格で靴を販売していたので、それに対抗するために、自分の会社も商品を低価格で販売せざる負えなくなりました。

その結果、会社の業績は大幅に悪化してしまいました。

僕はこの時に、まず、人件費を削減したかったので、アルバイトスタッフには辞めてもらいました。

それでも、会社の経営状況は上向きませんでした。

僕は会社存続のために、自分の月収を減らさざる負えなくなってしまい、自分の月収は20万円ぐらいになってしまいました。

その結果、僕はクレジットカードの借金返済を続けることができなくなりました

僕は取り立てを受けてしまい、困ってしまいました。

廃業して、債務整理に取り組んだ

結局、僕は今行っている親から引き継いだ靴の小売という商売を廃業することを決めました。

僕には、銀行から借り入れした事業資金や自動車ローン、クレジットカードの借金などがあったので、廃業をするにしても借金を整理する必要がありました。

そこで、僕は、えりも町で借金相談をすることができる所を探してみました。

すると、えりも町の役所で、弁護士が借金相談を受けていることが分かったので、僕は相談の予約をしたうえで、その相談を受けてみました。

借金相談の場では、僕は弁護士に自分の負債の状況と、廃業をすることを決めていることを伝えました

すると、弁護士から、会社の破産手続きと、僕個人の個人破産の手続きが必要になることを教えてもらいました。

僕は相談をした弁護士を全面的に信頼をして、全ての手続きを一任しました。

弁護士からは適宜、仕事の進み具体の報告があったのですが、弁護士に借金相談をしてから1年ちょっとが過ぎた時に、僕は弁護士から全ての手続きが完了したことを告げられました。

僕は廃業をしたことで多くの財産を失ってしまいましたが、その一方で、僕が抱え込んでいた全ての負債をゼロにすることができました

廃業をしたことで、従業員には迷惑を掛けてしまいましたが、わずかばかりですが従業員に退職金を渡すことができたので、良かったです。

僕自身は、えりも町で賃貸アパート暮らしをすることになりました。

僕は廃業をした後、えりも町を管轄している職業安定所へ行って、仕事探しをしたのですが、何とか派遣の仕事に就くことができました。

僕は今は派遣の仕事ですが、まだやり直しが利く年齢なので、早い段階で正社員になれる仕事に転職をしたいと考えています。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

えりも町で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

幌泉郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

北海道
幌泉郡(   えりも町  )

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。