債務整理ガイド » 静岡県 » 駿東郡 » 清水町

清水町で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

清水の町章 駿東郡清水町において、借入金の減額または免除を行うことができる弁護士と司法書士の法律事務所のリストです。

金融業者への借金返済に苦労している債務者に対して、債務整理を施している清水町の法律事務所を提示しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して清水町で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(清水町にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

東京ロータス法律事務所

お勧め度
HP 東京ロータス法律事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 週末の土日も対応
  • 最適な解決方法をご案内
日本全国対応 〇(清水町にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応
電話10時-19時頃まで
電話 0120-506-086
債務整理の料金
  • 過払金請求:回収額の20%(訴訟の場合は25%)
  • 任意整理:着手金20,000円+報酬金20,000円+減額報酬10%+過払金報酬は回収額の20%+諸費用5,000円
  • 個人再生:着手金30,000円+報酬金30,000円+諸費用50,000円+住宅ローン特則有100,000円
  • 自己破産:着手金20,000円+報酬金20,000円+諸費用50,000円+管財の場合200,000円

サンク総合法律事務所

お勧め度
HP サンク総合法律事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 月間600件以上の相談実績
  • 初期費用0円
日本全国対応 〇(清水町にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話 0120-613-025
債務整理の料金
  • 過払金請求:報酬金19,800円+過払金報酬20%
  • 任意整理:着手金39,800円+報酬金19,800円+減額報酬10%
  • 個人再生:500,000円~
  • 自己破産:450,000円~
清水町の地図

清水町にある弁護士事務所

該当なし

清水町にある司法書士事務所

司法書士法人I'll 静岡事務所

債務整理の無料相談
場所 清水町八幡四十五番地の一-三階
MAP
司法書士法人I'll 静岡事務所
受付
TEL 055-994-9701
鉄道交通 大岡駅

お客様の笑顔を取り戻すために、法務に関する悩みの解決を支援している清水町にある法務事務所です。

「サラ金や信販会社といった貸金業者から借り入れをしているが、その返済を遅らせているため、取り立てを受けており、将来への不安を抱えている」、「多額の負債があって困っているが、家族や友人、職場の人などには秘密にして債務整理を実現したい」、「多くの金融機関から借り入れをしているために多重債務者となったが、毎月の返済の手間が大変なので、貸付金利の低利な1社に借入金をまとめる借金の一本化をしたいと考えている」といった金銭問題で悩んでいる方々には、相談相手である司法書士が借金相談で事実関係を把握したうえで、的確な債務整理の措置を実施しています。

清水町の当所で債務整理を実施することで、「債権者の督促が停止」、「今後の利息金をカット」、「借金総額を減免」、「払い過ぎた利息金がある場合には、取り戻す」、「面倒な債権者との交渉を当所に任せることができる」といった利益を得ることができます。

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、駿東郡清水町内の大岡駅の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

清水町で債務整理をする際の関連機関

清水町役場
清水町堂庭210番地1号

清水町に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

債務整理によって負債の減額に成功

債務整理方法 職業 年齢・性別
特定調停 アルバイト 32歳(女性)
個人再生での債務整理

私は清水町で生まれ育ちました。

清水町は田舎と言うこともあって、高校を出た後は定職に就くことができず、私は近所のスーパーでアルバイト生活をしていました。

最初は実家暮らしをしていたのですが、私が20代の中盤に差し掛かった時に、親からいつまでも親のすねをかじるなと言われたので、私は清水町で賃貸アパートを借りて一人暮らしを始めました。

私はやっと生計を立てるだけの賃金しか得ていなかったので、度々、生活費に困るようになりました。

生活費が足りないと食品などが買えなくなってしまうため、私は仕方なく清水町にあったキャッシング会社で借り入れと返済を手軽にできるキャッシングカードを作って、そのカードを使ってATMで借り入れをしていました。

ある時、私は夜更かしを繰り返していたためか、体調を崩してしまいました。

その結果、アルバイトのシフトを大幅に減らさなければならなくなりました。

仕事量が減った結果、生活費が大幅に足りなくなってしまい、私はキャッシングカードで現金を借りることで何とか生活を維持していました。

その後、私は睡眠時間を十分に確保した規則正しい生活を送るようにした結果、私の体調は回復をしました。

ですが、その時には私の借金総額は90万円ぐらいにまで達していました。

私はアルバイトのシフト時間を元の時間に戻すことができたので、収入は以前のレベルに回復はしたのですが、借金総額が増えたことで、借金に付く利息金の支払い負担が増えてしまいました。

その結果、私は借金返済を継続することができなくなってしまい、借り入れをしていたキャッシング会社から取り立ての連絡が来るようになりました。

私は借金に追われるようになってしまい、その重圧によって、また体調を崩してしまうのではと不安になりました。

ここで体調を崩してしまうと、また仕事量を減らすことになってしまい、悪循環になってしまいます。

ですから、私はそうならないように、自分の借金問題を解決することを模索しました。

色々と調べてみると、借金問題を解決するには債務整理を得意としている法律事務所か司法書士事務所で借金相談をすれば良いことが判明をしました。

清水町で債務整理を行っている法律事務所あるいは司法書士事務所を探したところ、司法書士事務所が存在することが分かったので、私は電話で借金相談の予約をしてからその事務所を訪問しました。

借金相談では、まずは私が自身の借り入れ状況と毎月の返済能力について話しをしたのですが、その後、私の話しを聞いた清水町の司法書士からは特定調停で債務整理をすることを提案されました。

私は特定調停という債務整理の方法について知らなかったので、そのメリットとデメリットについて司法書士に確認をしたところ、メリットとして「債務整理に要する費用を抑えることができる」、そしてデメリットとして「相談者本人が主体的に手続きを行うことになるので手間が掛かる」という説明を受けました。

私はアルバイトという身だったので、比較的に時間の融通が利いたので、清水町の司法書士の勧めに従って特定調停で債務整理を実施することにしました。

その後、私は特定調停の手続きを行うために数回、清水町を管轄している簡易裁判所に出廷をしたのですが、前もって司法書士からアドバイスを受けていたので、スムーズに事を進めることができました。

そして、私は特定調停を実施した結果、月々の借金の返済負担を大幅に軽減することができ、借金返済を継続できるようになりました。

私は今現在、体調が良好なので、アルバイトのシフト時間を増やして、収入アップを図っており、生活にゆとりを持ちつつ、借金の返済を行うことができています。

疾病のために債務整理が必要となった

債務整理方法 職業 年齢・性別
自己破産 町工場勤務 37歳(男性)
自己破産での債務整理

僕は、専門学校を卒業して以降、清水町にある町工場で働いています。

僕は今から5年ぐらい前に、疾病が原因で自己破産を行っているので、自己破産に至った経緯について話したいと思います。

僕は元々、子供の頃から体が頑丈な方ではなく、虚弱体質でした。

子供の頃は、この体質を変えるために親の勧めでスイミングスクールに通っていました。

そのため、水泳はある程度できるようになって、僕の体格は良くなったのですが、病気がちな体質はあまり改善をしませんでした。

その後、僕は調理師免許を持っておいた方が良いだろうと考えたので、調理師免許を取得できる料理専門学校に通いました。

最初は調理師免許を有効に使える職場に就職をしたいと考えていたのですが、調理師免許があっても清水町は田舎なので、個人経営の飲食店にバイトとして働くしかないことが分かりました。

僕は収入の安定した正社員の仕事に就きたかったので、仕方なく畑違いの仕事でしたが清水町にあった町工場で働くことにしました。

入社当時は、仕事を覚えるのにとても苦労をしましたが、会社の先輩に手取り足取り指導をしてもらうことができたので、何とか自分の仕事を覚えることができました。

その後、僕は真面目に仕事をしていたのですが、ある時、僕は風邪の症状が出てしまいました。

高熱が出たので、僕は発熱外来の受付をしている清水町にあった病院へ行って、医師の診断を受けました。

新型コロナの疑いがあったため、僕はPCR検査を受けたのですが、陽性という結果がでました。

その後、僕は病院に入院をすることになり、約10日間の病院生活を送りました。

病状が良くなったので、退院をしたのですが、僕は新型コロナの後遺症に悩むことになりました。

体がだるくて、僕はベットから起き上がるのが苦痛になっていました。

その後も、僕は後遺症の治療のために病院通いを続けました。

仕事は、休業届けを出していたのですが、いつ回復できるか分からないので、これ以上、会社に迷惑を掛けられないと思い、僕は会社を辞めました。

僕は、治療代と生活費を確保するために、働いていた頃に作ったクレジットカードを使いました。

クレジットカードのショッピング枠を使って、病院の治療代の支払いを行い、キャッシング枠を使って、生活費のための現金の借り入れをしていました。

その結果、僕はカードの借入額が膨らんでしまい、カードで借りたお金の返済に困るようになりました。

この時に僕は清水町の役場に行って、生活保護を受けようとしたのですが、役場の担当者からは借金がある状態では生活保護を受けることはできないということを告げられました。

僕は、この状況を打開するには自己破産を行って借金をゼロにするしかないと考えました。

そこで、僕は清水町で債務整理を実施していた法務事務所へ行って、自己破産で債務整理を実施できないかを相談しました。

すると、相談相手の清水町の司法書士からは自己破産の代行はできないが、裁判所に提出する書類の作成支援や手続きのサポートをすることはできるとの返事をもらうことができました。

そこで、僕は自己破産で債務整理を実施する決意をして、相談した清水町の司法書士に債務整理のバックアップをしてもらうことにしました。

司法書士から的確な助言を得つつ、僕は自己破産の手続きを行っていったのですが、破産申立てをしてから9か月ぐらいで、裁判所で僕が抱えていた負債の全額免除を認めてもらうことができました。

僕は債務整理をしたことで借金をゼロにできたので、その後、すぐに清水町の役場で生活保護の申請をしました。

その結果、生活保護の申請は無事に通過をすることができ、僕は生活保護費を受け取ることができるようになりました。

今は、病気を完治するべく療養をしていますが、病気が完全に治ったら、いつまでも生活保護の世話になるわけにはいかないので、また仕事に就いて働きたいと考えています。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

清水町で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

駿東郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

静岡県
駿東郡(   清水町  )

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。