債務整理ガイド » 静岡県 » 駿東郡

駿東郡で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

駿東郡で、借金返済に苦心している方々を助けている弁護士と司法書士の法律事務所のリストです。

貸金業者から取り立てを受けているような方に債務整理を実施している、駿東郡の法律事務所を提示しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して駿東郡で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(駿東郡にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

東京ロータス法律事務所

お勧め度
HP 東京ロータス法律事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 週末の土日も対応
  • 最適な解決方法をご案内
日本全国対応 〇(駿東郡にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応
電話10時-19時頃まで
電話 0120-506-086
債務整理の料金
  • 過払金請求:回収額の20%(訴訟の場合は25%)
  • 任意整理:着手金20,000円+報酬金20,000円+減額報酬10%+過払金報酬は回収額の20%+諸費用5,000円
  • 個人再生:着手金30,000円+報酬金30,000円+諸費用50,000円+住宅ローン特則有100,000円
  • 自己破産:着手金20,000円+報酬金20,000円+諸費用50,000円+管財の場合200,000円

サンク総合法律事務所

お勧め度
HP サンク総合法律事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 月間600件以上の相談実績
  • 初期費用0円
日本全国対応 〇(駿東郡にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話 0120-613-025
債務整理の料金
  • 過払金請求:報酬金19,800円+過払金報酬20%
  • 任意整理:着手金39,800円+報酬金19,800円+減額報酬10%
  • 個人再生:500,000円~
  • 自己破産:450,000円~
駿東郡の地図

駿東郡にある弁護士事務所

該当なし

駿東郡にある司法書士事務所

司法書士法人I'll 静岡事務所

債務整理の無料相談
場所 駿東郡清水町八幡45番地の1-3F
MAP
受付
TEL 055-994-9701
鉄道交通 御殿場線 大岡駅

借金返済の問題、住宅ローン返済の問題、相続問題、会社設立の問題などの対応を行っている駿東郡にある司法書士事務所です。

「新型コロナなどによる不況によって、収入が減ってしまい、生活苦となったためにサラ金などの貸金業者に手を出した結果、借金まみれとなってしまった」、「長年にわたって借金生活を送っているが、いい加減、借金生活から抜け出して、借金の支払いに困らない生活を送りたい」、「消費者金融から融資を受けていたが、その支払いが遅れたために督促を受けていて、1日中、金策のことを考えてしまい仕事が手につかなくなっている」といった方々に、事情を確認するために借金相談をしてから、ベストな債務整理の措置を施すことで借金問題をクリアにしています。

どんなに高額な負債があろうとも、借金問題は法律を駆使すれば必ず解決をすることができます。ですから、多額の借金を理由に自分の人生を諦める必要は有りません。駿東郡の当事務所で借金相談を受けた後に、債務整理を実施することで借金の減額または免除を実現することができるので、債務整理後は経済的な再スタートを切ることが可能となります。

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、駿東郡内の長泉町・小山町・清水町の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

駿東郡で債務整理をする際の関連機関

駿東郡に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

多重債務者となってしまい、債務整理を行う羽目に

債務整理方法 職業 年齢・性別
任意整理 アルバイト(飲食店店員) 32歳(女性)
任意整理での債務整理

私は高校を卒業した後、正社員として定職に就いていたのですが、上司のパワハラが横行している職場だったので、嫌気がさして今までやっていた仕事をやめました。

その後、暫くは失業保険をもらいながら無職の生活を送っていたのですが、失業保険の受給期間が切れた後は、生活費を稼がなくてはならないので、私はとりあえず、アルバイトの仕事を始めました。

アルバイトの仕事は、やっと生計を維持できるぐらいの収入にしかなりませんでした。

そのため、大きな出費が出た月には、お金が足りなくなってしまい、私はお金に困るようになりました。

私は、前の会社で働いていた時にクレジットカードを作っていました。

私が持っていたクレジットカードは買い物の決済に使えるショッピング機能だけでなく、現金の借り入れができるキャッシング機能も付いていました。

私はその事を思い出して、生活苦となった時には、クレジットカードのキャッシング機能を使って、銀行ATMもしくはコンビニATMで現金の借り入れをして、生活費の足しにしていました。

最初は、私はクレジットカードだけでしかお金を借りていなかったのですが、借金生活が長引くにつれて、借金をすることへの抵抗感が無くなり、銀行カードローンでもお金を借りるようになりました。

その結果、借金をし始めてから5年ぐらいが経過した時には私の借金総額は150万円ぐらいにまで達していました。

正社員として働いている方にとっては、150万円はたいした金額ではないのかもしれませんが、アルバイトしかしていない私にとっては150万円は大金でした。

そのため、私は月々の借金返済を遅滞するようになってしまい、債権者である信販会社と銀行から借金の返済請求を受けるようになりました。

借金の取り立てがストレスとなってしまい、私は体調を崩すことが多くなり、その結果、アルバイトに出れなくなることが起こり始めました。

このままだと、私は本当に病気になって、仕事を辞めざる負えなくなり、悪循環に陥ってしまうと思いました。

この負の連鎖を断ち切るために、私は借金問題の解決に取り組むことにしました。

私は持っていたスマホを使って、インターネットを駆使して、借金問題の解決方法について調べてみました。

すると、債務整理を手掛けている弁護士あるいは司法書士に借金相談をするのが借金問題を解決するための正攻方法だということが分かりました。

その後、私は駿東郡で借金相談を受けている弁護士あるいは司法書士を探してみたところ、 司法書士が一人居ることが分かったので、私は事前に借金相談の予約を電話で入れてから、その司法書士の事務所に赴きました。

私は事務所に着いた後、司法書士による借金相談を受けたのですが、色々と意見交換をした後、任意整理で債務整理を行うということに決まりました。

任意整理による債務整理の手続きは、駿東郡の司法書士が私の代わりに手続きを進めてくれることになったので、私は司法書士から進捗の報告を聞くだけで済みました。

私が駿東郡の司法書士に債務整理の業務を依頼してから4か月ほど経った時に、司法書士から連絡があって、債務整理の手続きが終わったとの報告を受けることができました。

任意整理で債務整理を実施した成果としては、借入金に対する利息の実質年率を0%にしてもらうことができました。

つまり、これ以上、借入金に利息が付くことがなくなったと言うことです。

債務整理を行った後は、借金返済をした分、確実に借金を減らすことができるようになりました。

また、債務整理後は、私は体調を回復させることができたので、バイトのシフト時間を増やすことができ、その分、収入アップを図ることができました。

今現在は、私はコツコツと借金返済を続けていますが、借金を完済したあかつきには、将来に備えて貯金をしたいと考えています。

夫の借金の連帯保証人になっていたために、債務整理を実施することになった

債務整理方法 職業 年齢・性別
民事再生 パート 45歳(女性)
特定調停での債務整理

私は20代の半ばに結婚をしました。

夫は、自営業でガソリンスタンドを経営していました。

私は結婚後、夫の仕事の手伝いをしていました。

ガソリンスタンド経営では、地元の信用金庫で事業資金の借り入れをしていました。

事業資金のためのお金は夫が借りたのですが、私が夫の借金の連帯保証人になっていました。

ガソリンスタンドの業界は競争が激しく、私たち夫婦が営んでいるガソリンスタンドの近くに大手のガソリンスタンドができ始めました。

その結果、価格競争が起こってしまい、薄利経営となってしまいました。

仕事がうまくいかなくなると、夫はお酒に溺れるようになってしまいました。

その結果、夫はお酒を飲んだ時には私に暴力を振るうようになりました。

私は暫くの間は我慢をしていたのですが、このままだと大ケガをしてしまうと思ったので、夫とは離婚することを決意しました。

夫は離婚には反対をしたので、結局、離婚裁判を行って、裁判官の判断によって離婚を正式に認めてもらえました。

離婚裁判中に私は駿東郡を管轄している職業安定所へ行って、仕事探しをしたのですが、かろうじてパートの仕事に就くことができました。

そして、私は離婚後、駿東郡で賃貸アパートを借りて住み始めました。

離婚をしてから2年が経とうとしていた時に、私の住まいに郵便物が届きました。

差出人は駿東郡にある信用金庫だったので、一体何だろうと思って、郵便物の内容を確認してみました。

すると、借金の返済請求書が入っていました。

同封された書面には、私が連帯保証人となっているので、借金の返済をする義務があるということが書かれていました。

私は、信用金庫の債権回収担当者に電話をして、詳細について聞いたところ、元夫は自己破産をしたことが判明しました。

元夫が自己破産をしたために、夫が信用金庫で借りた借金の返済は保証人である私が行わなくてはならないとのことでした。

私は、返済義務が生じた借金の総額が700万円もあったので、私の力ではこの借金を返すのは不可能だと思いました。

私は借金整理を行うには、債務整理を実施すれば良いということは前から知っていました。

そこで、私は駿東郡で借金問題の解決を行っている債務整理のプロを探してみました。

すると、駿東郡には業務として借金問題の解決に取り組んでいる司法書士がいることが分かりました。

私は、司法書士とコンタクトを取った後、その駿東郡の司法書士の所に行って、借金相談を受けました。

司法書士との面談では、私は持参した負債状況を整理した資料を交えながら私の置かれている状況について司法書士に説明をしました。

その結果、最初は司法書士から自己破産で債務整理をすることを勧められました。

私は自己破産をすることには抵抗があったので、「自己破産以外の方法はないか」と駿東郡の司法書士に尋ねたところ、次に勧められた債務整理の方法は民事再生でした。

私は駿東郡の司法書士に民事再生について詳しく聞いたところ、民事再生で債務整理をすれば、借金を大幅に減らすことができるとのことでした。

そのため、私は民事再生で債務整理を実施することにしました。

民事再生の手続きを行うには、専門的な知識が必要となるので、私は司法書士の手ほどきを受けながら手続きを行っていきました。

民事再生によって債務整理を行った結果、裁判所によって私の借金は約100万円にまで減額をしてもらうことができ、さらに、借金の利息支払いを免除してもらうことができました。

私はパート仕事しかしていないので、正直、100万円の借金を返すのは大変ですが、返済計画を練ったところ、何とか完済できることが分かりました。

今はパートでしか仕事をしていませんが、私は駿東郡を管轄している職業安定所に行って、早期にフルタイムで働ける仕事に就きたいと考えています。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

駿東郡で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

駿東郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。