債務整理ガイド » 静岡県 » 賀茂郡 » 東伊豆町

東伊豆町で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

東伊豆の町章 賀茂郡東伊豆町で、借金返済に苦労している方々を救済している弁護士と司法書士の法律事務所の一覧リストです。

高額な借入金があって困っている方々に債務整理を実現している、東伊豆町の法律事務所を掲示しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して東伊豆町で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(東伊豆町にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

東京ロータス法律事務所

お勧め度
HP 東京ロータス法律事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 週末の土日も対応
  • 最適な解決方法をご案内
日本全国対応 〇(東伊豆町にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応
電話10時-19時頃まで
電話 0120-506-086
債務整理の料金
  • 過払金請求:回収額の20%(訴訟の場合は25%)
  • 任意整理:着手金20,000円+報酬金20,000円+減額報酬10%+過払金報酬は回収額の20%+諸費用5,000円
  • 個人再生:着手金30,000円+報酬金30,000円+諸費用50,000円+住宅ローン特則有100,000円
  • 自己破産:着手金20,000円+報酬金20,000円+諸費用50,000円+管財の場合200,000円

サンク総合法律事務所

お勧め度
HP サンク総合法律事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 月間600件以上の相談実績
  • 初期費用0円
日本全国対応 〇(東伊豆町にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話 0120-613-025
債務整理の料金
  • 過払金請求:報酬金19,800円+過払金報酬20%
  • 任意整理:着手金39,800円+報酬金19,800円+減額報酬10%
  • 個人再生:500,000円~
  • 自己破産:450,000円~
東伊豆町の地図

東伊豆町にある弁護士事務所

該当なし

東伊豆町にある司法書士事務所

司法書士法人 おさだ

債務整理の無料相談 〇(初回のみ)
場所 東伊豆町稲取280-1
MAP
司法書士法人 おさだ
受付 月~金8:30-17:00(平日夜間と週末の土日は事前予約で対応可能)
TEL 0557-48-7620
鉄道交通 伊豆急行線 伊豆稲取駅

東伊豆町という地で開業をしてから10年あまりの歴史を持つ法務事務所です。 当所のスタッフは全員が若いので、フットワーク軽く業務をこなしています。

「身内の借金の連帯保証人を引き受けていたために、債権者から保証債務による借金の督促を受けて困っている」、「新型コロナで職を失ったために借金を重ねてしまい、その借金返済の取り立てを受けていて、その重圧によってノイローゼなどの心の病になりそう」、「低賃金で働いているため、生活費を補填するために信用金庫や銀行などの金融業者からお金を借りたが、その借金返済に行き詰まったので、返済のためのお金を街金やサラ金といった高利貸しで借り入れをして返済に充てるという、場当たり的な自転車操業をしたために、多重債務者となって事態の収拾をつけることができなくなった」といった方々には、各事情にあった債務整理を実現するために、まずは借金相談で相談者からヒアリングを行っています。

債務整理その他の問題対応において、東伊豆町の当所だけでは対応が困難な場合には伊豆半島に居る弁護士や行政書士、税理士、社会保険労務士、土地家屋調査士などの問題内容に関連する専門家と連携を図り、問題を解決するようにしているので、まずは当所に相談をするようにしていただきたいです。

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、賀茂郡東伊豆町内の伊豆稲取駅の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

東伊豆町で債務整理をする際の関連機関

東伊豆町役場
東伊豆町稲取3354番地

東伊豆町に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

子供の病気の治療にお金がかさみ、債務整理をすることになった

債務整理方法 職業 年齢・性別
個人民事再生 楽器店勤務 46歳(男性)
個人再生での債務整理

僕は、30代の前半に結婚をして、一男一女を授かりました。

僕は趣味でバイオリンを演奏していたので、前々から防音室のある部屋に住みたいと考えていました。

また、子供は一戸建ての方が、伸び伸びと育てることができるとの思いもありました。

そこで、僕は奮発をして、東伊豆町に預金口座を持っていた銀行でマイホームローンを組んで、東伊豆町内で一戸建ての家を購入しました。

僕は正社員なので、真面目に働いていれば借金は返すことができると考えていました。

その後、子供のうち一人が、なかなか完治が難しい難病に掛かってしまいました。

入院こそしなかったのですが、週に1回は病院に通うようになり、医療費がかさむようになりました。

僕は健康保険の高額医療費制度を利用して、医療費負担の軽減を図ったのですが、それでも生活は厳しい状況となりました。

妻がパート仕事に出て、収入を増やすという選択肢があったのですが、妻は子供の看護や世話をしなければならなかったので、外に仕事に出ることは無理でした。

そこで、僕は医療費の支払いをクレジットカードを使って行うようになりました。

クレジットカードを使って、分割払いにすれば、医療費の支払い負担を減らすことができると考えたからです。

ですが、結果的にクレジットカードを利用したのは間違いでした。

クレジットカードを使って、分割払いやリボ払いを行うと借りたお金には実質年率で18%の利息が付きました。

この利息によって借金が増えてしまい、借金の支払いに苦労をするようになったからです。

その後、僕は借金の支払いをするためにマイホームローンを組んだ銀行とは別の銀行で、カードローンの申し込みをして、お金を工面するようになりました。

このような日々をズルズルと過ごした結果、マイホームローン以外の借金総額は260万円ぐらいにまでなってしまいました。

子供は成長するにつれて体が丈夫になって、病状が良くなってくれました。

ですが、僕は我が家の借金問題を何とかしなければなりませんでした。

今のまま自分の借金を放置したら、いずれせっかく手に入れた一戸建てを借金のカタに取り上げられてしまうと思いました。

僕は家族のためにも家は失いたくなかったので、東伊豆町で借金相談を受けていた司法書士事務所に出向いて、相談を受けました。

債務整理についての高度な知識を持っている司法書士の方が僕の相談を聞いてくれたのですが、話しをした結果、個人民事再生で債務整理を実施することになりました。

相談を終えた後、僕は東伊豆町の司法書士の手助けを受けながら、個人民事再生による債務整理を行っていきました。

東伊豆町を管轄している裁判所に、僕は実現可能な返済計画書を提出したのですが、裁判所で、その計画の認可をもらうことができました。

その結果、マイホームローンは今まで通りに返済を続けていき、それ以外の負債は100万円程度に圧縮して3年間掛けて返済を行うことになりました。

子供の病状が良くなったことで、妻は短時間ですがパートの仕事をすることができるようになりました。

このため、債務整理を実施した後は、我が家は問題なく借金の支払いを続けられるようになりました。

欲しい物を我慢せずに購入し続けた結果、債務整理をしなければならなくなった

債務整理方法 職業 年齢・性別
個人破産 事務員 35歳(女性)
自己破産での債務整理

私の実家は、父が公務員だったこともあって、割と裕福な家庭でした。

そのため、私は幼少期から欲しい物を買ってもらうことができていました。

学生の頃のお小遣いも、私は周りの友達より多い金額をもらうことができていました。

だから、私は欲しい物があった時は我慢をすることなく欲しい物を買うことができていました。

その後、私は大学を出た後、田舎である東伊豆町に戻って、地元の零細企業に就職をしました。

私は会社近くに賃貸マンションを借りて、そこから通勤をしていました。

私が得ていた給料は、大卒にしては安月給でした。

東伊豆町は田舎だったので、仕事に就けるだけ、まだましという状態でした。

私は自分の給料が少ないということは理解できていたのですが、子供の頃から欲しい物は我慢することなく購入をし続けていたので、その癖は社会人になっても治りませんでした。

私は、ドライブ旅行ができるように自動車ローンを組んで、新車を買いました。

そして、衣類やバッグ、靴、アクセサリーなども欲しい物は割賦払いにして購入をしていました。

私は自動車ローンと買い物をした際の割賦払いの支払いは、給与が振り込まれる銀行口座からの自動口座引落にしていました。

私は借金総額が増えたことから、月々の返済額が増えてしまい、自動口座引落をされると生活費が足りなくなってしまいました。

この時に私はテレビCMなどで有名な消費者金融業者の東伊豆町の支店で、金銭貸借契約を行って、現金の融資を手軽に受けることができるキャッシングカードを作りました。

そして、作ったキャッシングカードを使って、生活費の足りない分の現金を用立てるようになりました。

私は安易に借金をし続けた結果、少しづつ借金総額は増えていき、そして借金返済に行き詰まるようになりました。

借金返済が遅れた場合、借金には利息金だけでなく遅延損害金も付加をされたので、さらに借金が膨らみました。

私は各債権者から頻繁に取り立てを受けるようになってしまい、困り果ててしまいました。

このまま現実逃避をしてしまいたいとも思いましたが、ここで借金を放置すると利息金と遅延損害金によって、益々、借金が増えてしまうと思ったので、私は逃げずに借金問題に立ち向かうことにしました。

私は持っていたスマートフォンを使って、インターネットで借金問題の対処方法について検索をしてみたのですが、債務整理を扱っている弁護士もしくは司法書士に相談をすれば良いことが分かりました。

そこで、私はインターネットを使って東伊豆町で債務整理を行っている弁護士または司法書士を探してみたのですが、債務整理を行っている司法書士が東伊豆町内に1名居ることが分かりました。

私は事前に借金相談の予約をしてから、その司法書士の事務所を訪れてみました。

そして、私は借金相談を受けたのですが、私が自分自身の借り入れ状況と月々の返済能力などを伝えた後、司法書士からは個人破産をすることを勧められました。

債務整理の方法として個人破産が選ばれた理由は、私の年収と借金総額を比較すると、借金を完済するのは厳しいとの判断でした。

司法書士からは、借金をした理由が浪費だと、本来なら個人破産の免責不許可事由にあたるので債務整理をすることは裁判所で認めてもらえないが、私の場合は人生で初めての個人破産の手続きなので、裁判官の情状酌量によって、まず間違いなく個人破産を認めてもらえることができるとのことでした。

また、私は個人破産で債務整理を実施した場合に勤め先の職場の人に、私が個人破産をしたことを知られてしまうことを心配したのですが、司法書士の説明では、個人破産をした場合、政府の広報誌のような官報に個人破産の事実は記載されるが、一般人は官報を見ることはないので、職場の人に知られてしまうことはまずないとのことでした。

このため、私は個人破産を行うことを決め、東伊豆町の司法書士のサポートを受けつつ、債務整理の手続きを進めていきました。

裁判所で破産申立てをしてから約1年が経った時に、個人破産の手続きは完了して、私の負債は全額帳消しになりました。

私は債務整理を実施したことで持っていたクルマを失ってしまったのですが、会社へは自転車で行ける距離なので、債務整理後は自転車通勤をするようにしています。

また、私が個人破産で債務整理を行ったという事実は、今のところ職場の人には知られていないので、債務整理によって仕事がやりにくくなることなく、今まで通りに仕事を行うことができています。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

東伊豆町で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

賀茂郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

静岡県
賀茂郡(   東伊豆町  )

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。