債務整理ガイド » 静岡県 » 榛原郡 » 吉田町

吉田町で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

吉田の町章 榛原郡吉田町で、借金問題の解決に尽力をしている弁護士と司法書士の法律事務所のリストです。

借金問題によって困っている債務者に対して、債務整理を実践することができる吉田町の法律事務所を案内しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して吉田町で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(吉田町にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

東京ロータス法律事務所

お勧め度
HP 東京ロータス法律事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 週末の土日も対応
  • 最適な解決方法をご案内
日本全国対応 〇(吉田町にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応
電話10時-19時頃まで
電話 0120-506-086
債務整理の料金
  • 過払金請求:回収額の20%(訴訟の場合は25%)
  • 任意整理:着手金20,000円+報酬金20,000円+減額報酬10%+過払金報酬は回収額の20%+諸費用5,000円
  • 個人再生:着手金30,000円+報酬金30,000円+諸費用50,000円+住宅ローン特則有100,000円
  • 自己破産:着手金20,000円+報酬金20,000円+諸費用50,000円+管財の場合200,000円

サンク総合法律事務所

お勧め度
HP サンク総合法律事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 月間600件以上の相談実績
  • 初期費用0円
日本全国対応 〇(吉田町にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話 0120-613-025
債務整理の料金
  • 過払金請求:報酬金19,800円+過払金報酬20%
  • 任意整理:着手金39,800円+報酬金19,800円+減額報酬10%
  • 個人再生:500,000円~
  • 自己破産:450,000円~
吉田町の地図

吉田町にある弁護士事務所

該当なし

吉田町にある司法書士事務所

司法書士法人つなぐ 吉田事務所

債務整理の無料相談 △(法テラス利用可)
場所 吉田町住吉572-2
MAP
司法書士法人つなぐ 吉田事務所
受付 月~金8:30-17:30(土曜日・日曜日・祝祭日は休み)
TEL 0548-34-1211
鉄道交通 六合駅

2016年に吉田町で創業をした法務事務所で、相談者の気持ちに寄り添った対応を行えるように努めています。

「子供の教育費を調達するために、地元の信金から学資ローンでお金を借りていたが、その支払いに苦慮している」、「新型コロナなどに起因する経済の低迷によって収入が落ち込んでしまい、生活苦となったためにクレジットカードを使ってキャッシングをしていたが、リボルビング払いにしていたので、借入残高が膨らんで困っている」、「浪費癖のために物欲に任せて商品を購入していたが、割賦払いにしていたので、借金が増えてしまい、その支払いに苦慮している」といった方々には、借金相談をしてから個々の借り入れ状況にマッチした債務整理の処置を行っています。

吉田町の当所では、多重債務などの借金問題で困っている方には、単に債務整理を実施するだけでなく、必要があれば、将来の生活設計を立てるお手伝いも行っています。 借金問題は早期に取り組んだ方が、問題解決に掛かる費用や工数を少なく済ませることができるので、借金返済に困ったのなら早い段階で吉田町の当事務所に相談をしていただきたいです。

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、榛原郡吉田町内の六合駅の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

吉田町で債務整理をする際の関連機関

吉田町役場
吉田町住吉87

吉田町に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

ぜいたくな生活を続けてしまい債務整理となってしまった

債務整理方法 職業 年齢・性別
自己破産 自動車販売会社勤務 37歳(女性)
自己破産での債務整理

私は今から3年ほど前に、債務整理をしたので、その時のことについて述べたいと思います。

私は地元の吉田町の高校を出てから、吉田町にある小さな会社で働き始めました。

私は最終学歴が高卒であること、そして勤めている会社の規模が小さいことから、私の収入は少なく、安月給でした。

私は生まれ育ったのが吉田町なので、私には幼なじみや学生の頃の友達が沢山いました。

そのため、私は会社が休みの日は、もっぱら地元の友達と会っていました。

友達と会うと、一緒に食事をしたり、買い物をしたりしていました。

そして、友達と都合があった時は、3連休や長期休暇に一緒に旅行に出掛けていました。

私は薄給だったので、友達との交際費のお金が足りなくなることがありました。

それを防ぐために、私は働き始めて間もなくしてから、自分用のクレジットカードを作成しました。

クレジットカードを財布に入れておけば、手元にお金がなくても欲しい物や受けたいサービスの支払いをすることができました。

クレジットカードの支払方法には、様々なやり方がありますが、私は主にリボ払いで支払いをしていました。

リボ払いにすれば、毎月必ず借金の支払いをしなければならない約定返済日に少額だけ支払いをすればOKだったからです。

ですが、リボ払いでクレジットカードを多用した結果、私のカードの借入残高は高額となってしまい、最終的には融資限度額の最上限までお金を借りてしまいました。

その結果、融資限度額の最上限まで達したクレジットカードは次の月の約定返済日に支払いをするまでの間、利用ができなくなってしまいました。

私はその頃、ぜいたくをすることに慣れてしまっていたので、お金を調達するために吉田町にあった消費者金融業者に行って、ATMを使うことで現金を借りることができるキャッシングカードを作って、お金を用立ててしましました。

その後、私はキャッシングカードを頻繁に使った結果、借金総額が高額となってしまい、その借金返済に苦労するようになりました。

私は借金の支払いに窮するようになり、約束の期日までに借金返済ができなくなってしまいました。

そのため、私は借り入れをした債権者から取り立ての連絡を受けるようになりました。

取り立ての連絡が来ても、私はお金が無かったので、その要求に応えないでいたら、その後、債権者から期限の利益が喪失したので、借金の全額をまとめて一度に支払うように要求されました。

私は、借金返済が滞っている状態だったので、借金を一括返済しろと無茶なことを言われても私にその対応をすることは、事実上不可能でした。

私は困り果ててしまい、地元の旧来の親友に自分の借金について相談をしてみました。

相談をした結果、親友から債務整理を手掛けている法律事務所あるいは司法書士事務所で借金相談を受けるべきとのアドバイスをもらうことができました。

私は親友のアドバイスに従って、吉田町で債務整理を行っている専門家が居るかを調べてみました。

すると、吉田町には債務整理を実施している司法書士事務所が存在することが分かったので、私は電話で借金相談のアポイントを取ったうえで、その事務所を訪問しました。

私は事務所に着いた後、司法書士と面談をしたのですが、話し合いをした結果、自己破産を行うことにしました。

私の月収と比べると借金総額が高額だったので、自己破産以外の債務整理方法を実施するのは現実的ではなかったためです。

私が借金をした理由はぜいたくをするための浪費だったので、本当なら破産法に記載されている免責不許可事由になるので、自己破産は受けられません。

ですが、私は自己破産の手続きを受けるのは初めてだったので、司法書士の説明に依れば、裁判官による情状酌量によって、まず確実に自己破産を認めてもらうことができるとのことでした。

その後、私は相談をした司法書士の言葉を信じて、自己破産によって債務整理の手続きを行っていきました。

債務整理に取り組んで1年弱が経とうとしていた時に、裁判所から免責許可の決定が出たので、私の借金は合法的に全てが帳消しとなりました。

私は債務整理を実施したことで、金融機関業界で利用されているブラックリストに載ってしまったようで、これ以上、金融機関から借り入れをすることができなくなりました。

そのため、私は現在、買い物は全て現金払いにしているので、借金とは無縁の生活を送ることができています。

僕が債務整理になった理由は、定職に就かず、フラフラしていたため

債務整理方法 職業 年齢・性別
特定調停 アルバイト 26歳(男性)
特定調停での債務整理

僕は、学生の頃から自由な生活を送りたいと考えていました。

そのため、地元である吉田町の高校を出た後、僕は定職に就くことなく短期バイトで食いつないでいました。

短期バイトだけでも何とか生活をすることができたのは、僕は実家暮らしをしていたので、家賃や光熱費の支払いが不要だったからです。

僕は基本的に時間に縛られない暮らしを送っており、お金が欲しくなったら短期バイトに申し込みをしてお金を得るという生活をしていました。

当時の僕は、社畜になってがむしゃらに働く意味がよくわからず、仕事漬けの人とは住む世界が違うと思っていました。

僕は、できるだけお金を使わない質素な生活を送っていたのですが、ギターに興味があったので、ギターを買いたいと思いました。

カッコよくギターが弾ける自分を想像したら、無性にギターを手に入れたくなりました。

僕は吉田町にある楽器店にギターを見に行きました。

ギターの値段はピンキリだったのですが、僕が欲しいと思っていたギターはギブソンのエレキギターで本体だけで約25万円で、ギターケースやアンプ、チューナーなども購入をすると約28万円にもなりました。

僕はギターがどうしても欲しかったので、月賦払いにしてギターを購入しました。

短期バイトを頑張れば、支払いは何とかなるだろうと思ったからです。

ですが、ある時、バイトがなかなか見つからず、ギターの代金の支払いが困難となってしまいました。

僕は、その時に何とかして金策をしなければならないと思ったので、吉田町にあった大手の貸金業者からお金を借りて、ギターの月賦払いの代金を用立てしました。

そんなことを僕は何度も繰り返してしまい、その結果、ギターの代金は払い終えることができましたが、今度は貸金業者から借りたお金が膨らんでしまい、その借金返済に困るようになりました。

僕は督促を受けるようになったのですが、お金が無かったので、その要求に応えることができませんでした。

僕は親に相談をしようかとも考えたのですが、こっぴどく叱られるのは分かっていたので、親に相談をすることはできませんでした。

僕は自分の借金問題をどうしようかと悩んだのですが、自分のスマホに備わっているインターネット機能を使って対応策を調べてみたところ、債務整理を実施すれば良いということが分かりました。

ただし、債務整理を実施すれば良いといっても僕は債務整理のやり方が全く分かりませんでした。

そのため、僕は吉田町の周辺で債務整理のサポートをしてくれる専門家を探してみたのですが、業務内容として債務整理を扱っている司法書士が居ることが分かったので、僕は前もって、訪問することを電話で伝えたうえで、その事務所に出掛けました。

僕は事務所に就いた後、担当の司法書士の人と自分の借金について話しをしたのですが、特定調停を行うことで話しがまとまりました。

特定調停で債務整理を行った際のメリットには、債務整理の費用を抑えることができるがありました。

僕はお金に困っている状態だったので、お金をあまり掛けずに債務整理を実現したいと考えていたので、債務整理の方法として特定調停を選びました。

その後、僕は借金相談をした吉田町の司法書士の支援を受けつつ、特定調停の手続きを行っていきました。

特定調停による債務整理では、裁判所に出廷をする機会があったのですが、あらかじめどの様な手続きが行われるかは吉田町の司法書士から助言を受けていたので、僕はつまずくことなく手続きを行うことができました。

そして、債務整理を行った結果、僕は「今後の利息の支払いは不要」と「返済期間を3年間延長」という条件で債権者と合意をすることができました。

僕は債務整理の手続きに着手した後、長期のアルバイトを探していたのですが、運よく見つけることができたので、特定調停で債務整理を行って返済負担を軽減できた後は、借金返済を継続して行うことができるようになりました。

僕は、債務整理になったことを鑑み、将来のことを考慮して、手に職を付けることができる仕事に就ければと最近では考えています。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

吉田町で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

榛原郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

静岡県
榛原郡(   吉田町  )

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。