債務整理ガイド » 青森県 » 西津軽郡

西津軽郡で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

西津軽郡にある法律事務所で、借金まみれとなって窮している債務者を助けている弁護士と司法書士の一覧リストです。

多額の負債を抱え込んでしまい、その借金返済が困難となってしまった方々に債務整理を行っている西津軽郡の法律事務所を案内しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して西津軽郡で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(西津軽郡にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(西津軽郡にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)

司法書士法人アストレックス

お勧め度
HP 司法書士法人アストレックス
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 着手金無料
  • 過払い金調査無料
日本全国対応 〇(西津軽郡にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:00-21:00日曜10:00-18:00(土曜は完全予約制)
メール・電話
債務整理の料金
  • 過払金請求:基本報酬1社11,000円(税込)+成功報酬(過払金返還額[18%+消費税/訴訟20%+消費税])
  • 任意整理:費用1社33,000円(税込)~+成功報酬(過払金返還額[18%+消費税/訴訟20%+消費税])+事務手数料
  • 個人再生:(住宅賃金特別条項なし)330,000円(税込)+実費/(住宅賃金特別条項あり)385,000円(税込)+実費[再生委員が選出された場合、再生委員への報酬が必要/債権者数が6件超え1件11,000円(税込)加算]
  • 自己破産:(同時廃止)330,000円(税込)+実費/(管財事件)385,000円(税込)+実費+管財費用[債権者数が6件超え1件11,000円(税込)加算]
西津軽郡の地図

西津軽郡にある弁護士事務所

法テラス鰺ヶ沢法律事務所

債務整理の無料相談 △(経済的に余裕のない方のみ)
所在地 西津軽郡鰺ヶ沢町大字舞戸町字後家屋敷9番地4号 鰺ヶ沢町総合保健福祉センター内
MAP
営業時間 平日9:00-17:00
電話 050-3383-8369
電車アクセス 五能線 鰺ケ沢駅

西津軽郡にお住まいで、法律問題を抱えてしまった方が気軽に悩み相談をすることができる、司法過疎地域の西津軽郡にある弁護士常駐型の法律事務所です。

なお、西津軽郡にある当事務所は、バリアフリー施設としているので、車椅子を利用しているなど、足の悪い方でも利用しやすい環境となっています。

「家賃や光熱費などの支払いが困難となったので、貸金業者から借り入れをしたが、その借金が膨らんだので債務整理を実現して、借金の整理を行いたい」、「同居している家族の借金を立て替えたが、その支払いに苦心している」、「マイホームやマイカーをローンを組んで購入したが、その借金返済に行き詰まってしまった」といった金銭問題で苦労をしている方々に対して、弁護士は借金相談によって事情を確認してから、個々の事案にあった負債の整理方法を実施することで金銭的な悩みを解消しています。

西津軽郡にある司法書士事務所

該当なし

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、西津軽郡内の深浦町・鰺ヶ沢町の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

西津軽郡で債務整理をする際の関連機関

西津軽郡に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

借金がかさんで首が回らなくなってしまい、債務整理を行った

債務整理方法 職業 年齢・性別
個人破産 自営業 47歳(男性)
自己破産での債務整理

僕は西津軽郡で、電気工事の請負をしており、一人親方として仕事をしています。

僕は西津軽郡で取り引きをしていた銀行から事業資金の借り入れをしていました。

そのため、毎月、その銀行に利息分の支払いを行っていました。

このような状況下、僕はクレジットカードを使って買い物をしすぎたために、徐々にクレジットカードによる借金が増えていきました。

クレジットカードで買い物をした際、僕は支払い方法としてリボ払い(リボルビング払い)を毎回、選んでいました。

そのため、月々の支払額は少額で済んだのですが、その反面、クレジットカードの借金返済が進まず、借金総額が徐々に増えていきました。

僕は、それでも月々の支払額が少額で済んでいたので、あまり気にせずにクレジットカードを使って買い物を行っていました。

そのような生活を続けた結果、僕は持っていたクレジットカードのショッピング枠の融資可能額のマックスまでお金を借りてしまいました。

そうなると、クレジットカードの借金返済が進まないとショッピング枠に空きができないので、それまでの間、クレジットカードを使うことができませんでした。

僕はクレジットカードを使えないと不便なので、最初に持っていたカードとは異なる系列の信販会社にクレジットカードの新規作成の申込みを行って、もう一枚、クレジットカードを入手しました。

そして、新しく作ったクレジットカードを用いて、今まで通り、買い物を続けてしまいました。

その後、日本経済全体が不況となってしまい、その影響を受けた結果、僕は仕事が減ってしまい、所得がダウンしました。

その結果、生活費を確保するので精一杯で、借金返済ができない状況となりました。

僕は債権者である銀行や信販会社から督促を受けるようになってしまい、困り果ててしまいました。

僕は借金問題を抱えた場合、問題を解決するには、債務整理を行うことができる法律事務所に相談をすればよいことは、以前から知っていました。

そこで、僕は恥を忍んで、西津軽郡にあった債務整理を行っている法律事務所に、自分の借金の対処方法について、借金相談をすることにしました。

弁護士から借り入れ理由が浪費だと免責が下りない可能性があると言われたのですが、僕は個人破産を試してみることにしました。

もし、裁判所で個人破産を認めてもらうことができれば、自分の借金は消滅するので、その後、借金返済の心配をせずに済むからです。

僕は、もし裁判所で個人破産の申し立てを拒否されたら、その時は別の債務整理方法を考えればよいやと思いました。

そして、僕は相談をした弁護士の協力を受けつつ、個人破産を実施することにしました。

個人破産の申し立てをする際に、住民票や自分の資産の一覧表、確定申告書のコピーなどが必要でしたが、それを用意するのにかなり手間が掛かりました。

僕は必要書類を集めた後、弁護士に手渡したのですが、その後、弁護士の方で、裁判所に提出をする破産申立書を作成して、その後、裁判所に申し立てを行ってくれました。

僕の借金の原因は浪費で、破産法に規定されている個人破産の免責不許可事由に該当したのですが、僕は人生初の破産申し立てだったので、その時、僕の担当となった裁判官の判断によって、僕の破産申立てを受理してもらうことができました。

その後、僕の破産手続きは裁判所において、管財事件として扱われました。

僕は仕事柄、多くの電気工具を持っていたのですが、そのうちのどれが資産になるかを判断するのにとても時間を要しました。

それから約11ヵ月が経過した時に、無事に裁判所で免責の許可が出たので、僕の借金は全て消滅させることができました。

僕は個人破産をした結果、金融事故として貸金業者で共通利用されているブラックリストに載ってしまったようで、僕が所有しているクレジットカードは、返済専用となってしまい、借り入れは一切できなくなりました。

僕は、買い物の際の支払いは現金でしかできなくなったので、支払いの際は不便を感じていますが、これは自業自得だということを十分に理解しています。

僕は借金ができなくなり、現金での支払いしかできなくなったったのですが、借金問題を抱えるリスクが無くなったので、借金ができない今の状況は自分の取ってはある意味、好都合だと考えています。

弁護士に聞いてみると個人破産を行ってから最低でも5年間は、貸金業者から借入ができないそうです。

僕は、その間に、借金を一切しない生活スタイルを切り替えたいと考えています。

債務整理になった理由は、消費者金融でお金を借りすぎたため

債務整理方法 職業 年齢・性別
特定調停 アルバイト 25歳(女性)
特定調停での債務整理

私は今から2年前に借金問題を抱えてしまい、その解決のために債務整理となってしまったので、その時のことについて、ここで述べたいと思います。

私は西津軽郡の地元の高校を卒業した後、アルバイトをして生計を立てています。

アルバイトはボーナスが一切出ないので、フルタイムで働いていたのですが、安月給でした。

私は、実家を出て西津軽郡で一人暮らしをしています。

そのため、借りている賃貸アパートの家賃や電気、ガス、水道などの光熱費の支払いがありました。

私は慢性的に金欠状態だったのですが、二十歳になったときに広告をよく見かけていたアコムで、キャッシングカードを作りました。

そのキャッシングカードがあれば、コンビニや金融機関などに置いてあるATMを使うことで、現金の借り入れをすることができました。

その後、私はアコムへの借金返済が厳しくなった時に、今度はプロミスから借り入れをしました。

そして、アコムとプロミスへの借金返済に困るようになると、私はアイフルからもお金を借りるようになりました。

私は、この時点で、借金返済のために月5万円ぐらいの支払いをしていました。

そして、私は収入と比べると支払額が高額なので、この支払いに困るようになりました。

私は借金返済を滞らせてしまったのですが、するとすぐに返済請求の電話連絡が掛かってきました。

私は電話口では、すぐに所定額の支払いをするとは言ったのですが、返せる当てがありませんでした。

さらに、別のサラ金業者からお金を借りるという方法もあったのですが、それをやってしまうと、より一層状況が悪くなることは明白でした。

そこで、私は自分だけで自身の借金問題を解決することを諦めて、債務整理に関する知見を持っている専門家に相談をすることに決めました。

私は自分が持っていたアンドロイド携帯に搭載されていたインターネット機能を使って、西津軽郡で債務整理に関する相談をすることができる所を探してみました。

すると幸いなことに、債務整理の相談を受け付けている法律事務所が西津軽郡にあることが分かったので、私は事前に電話で相談の予約をしてから、その事務所に赴きました。

事務所に着いた後、私は弁護士と50分間ほど話しをしたのですが、特定調停という債務整理方法を選択することにしました。

数ある債務整理方法の中から、特定調停を選んだ理由は、リーズナブルな料金で債務整理を実現できるからです。

その後、私は相談をした弁護士の手ほどきを受けながら、西津軽郡を管轄している簡易裁判所に特定調停の申し立てを行いました。

その時に用意したものは、債権者リスト、裁判所に納める5千円程度の収入印紙、本人確認書類(自動車運転免許証)、給与明細、銀行預金通帳、そしてハンコです。

それから約1週間後に、私は再度、裁判所に行って、今度は3人の裁判官の前で、事情について説明を行いました。

その際に、借金をするに至った理由や、無駄な支出がないかなどの確認が行われました。

その後、裁判所の調停委員の手助けの元、債権者と今後の返済方法に関する協議が行われました。

調停委員が債権者との合意成立のために力を貸してくれたので、和解が成立し、私は今後の利息支払いを免除してもらうことができました。

私は、その後、借金返済を行ったのですが、途中から夜間も働くようにしたので、繰り上げ返済をすることができています。

特定調停は弁護士の力を借りずとも、一人でもできる債務整理方法ですが、手続きでミスをしないため、そして安心感を得るためにも、私は弁護士の協力を得て実施した方が良いと思います。

私は今のアルバイト生活では低賃金なので、お金を貯めづらいため、将来のことを考えて、給料の良い正規雇用の仕事にできるだけ早期に就きたいと考えています。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

西津軽郡で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

西津軽郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。