債務整理ガイド » 長野県 » 下伊那郡 » 高森町

高森町で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

高森の町章 下伊那郡高森町で、借金苦で困っている方々をサポートしている弁護士と司法書士の法律事務所のリストです。

借金まみれとなって苦心している方々に、債務整理を行うことで悩みの解消を図っている高森町の法律事務所を提示しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して高森町で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(高森町にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

東京ロータス法律事務所

お勧め度
HP 東京ロータス法律事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 週末の土日も対応
  • 最適な解決方法をご案内
日本全国対応 〇(高森町にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応
電話10時-19時頃まで
電話 0120-506-086
債務整理の料金
  • 過払金請求:回収額の20%(訴訟の場合は25%)
  • 任意整理:着手金20,000円+報酬金20,000円+減額報酬10%+過払金報酬は回収額の20%+諸費用5,000円
  • 個人再生:着手金30,000円+報酬金30,000円+諸費用50,000円+住宅ローン特則有100,000円
  • 自己破産:着手金20,000円+報酬金20,000円+諸費用50,000円+管財の場合200,000円

サンク総合法律事務所

お勧め度
HP サンク総合法律事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 月間600件以上の相談実績
  • 初期費用0円
日本全国対応 〇(高森町にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話 0120-613-025
債務整理の料金
  • 過払金請求:報酬金19,800円+過払金報酬20%
  • 任意整理:着手金39,800円+報酬金19,800円+減額報酬10%
  • 個人再生:500,000円~
  • 自己破産:450,000円~
高森町の地図

高森町にある弁護士事務所

しもいな法律事務所

債務整理の無料相談 〇(月~金の日中で初回30分間限定)
所在地 高森町下市田326-1 ダイナテナント 三階
MAP
しもいな法律事務所
営業時間 月曜日~金曜日9:00-18:00(事前予約要)
電話 0265-48-6545
電車アクセス 飯田線 元善光寺駅

町医者のような幅広い問題に対応をしている高森町にある弁護士事務所で、顧客本位で真摯に問題の解決に取り組んでいます。

「所得が低いために生活費が足りなくなってしまい、やむなく地元にある消費者金融業者からお金を借りていた結果、負債総額が高額となってしまい、その支払いに困っている」、 「住宅の購入やリフォームのための資金を調達するために銀行などの金融業者で借金をしたが、その後の不況で収入が減ったために借金の支払いができなくなった」、「趣味のためのお金や友人との遊興費(交際費)を捻出するためにクレジットカードを利用していたが、その支払方法として、常にリボ払いを選んでいたために、借入残高が多額となってしまい完済できる目途が立たなくなった」といった方々に、弁護士は借り入れ状況を確認するために借金相談でヒアリングをしてから各ケースにあった債務整理の手立てを行っています。

なお、高森町の当事務所では借金問題の対応として債務整理を行うだけでなく、必要に応じて、地元の福祉団体と協力をして、依頼者の生活再建を実現するための支援も行っています。

高森町にある司法書士事務所

該当なし

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、下伊那郡高森町内の元善光寺駅の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

高森町で債務整理をする際の関連機関

高森町役場
高森町下市田2183-1

高森町に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

ギャンブルを始めた結果、債務整理に至ってしまった

債務整理方法 職業 年齢・性別
特定調停 会社員 56歳(男性)
特定調停での債務整理

僕は元々は長野市出身なのですが、転勤で高森町に配属をされたので、家族とは離れて単身赴任をすることにしました。

僕は既に結婚をしていて、長野市内に家を持っていました。

家は住宅ローンを組んで購入をしたのですが、繰り上げ返済をしていたので、既に住宅ローンは完済をしていました。

だから、僕に借金らしき借金はありませんでした。

僕は高森町に単身赴任をしてから、月に1回程度は妻が住む長野市の家に戻っていたのですが、それ以外の週は赴任先の高森町で過ごしていました。

毎週ではなく、月に1回しか家に戻らなかった理由は、家に帰るために掛かる交通費がもったいなかったからです。

単身赴任をする前は、仕事から帰宅した後や会社が休みの日には妻と団欒をしていたのですが、それができなくなったので、僕は寂しさを感じるようになりました。

この寂しさを紛らわせるために、僕は会社帰りや会社が休みの週末に高森町にあるパチンコ屋に行くようになりました。

僕は結婚する前はパチンコ屋にたまに行っていたのですが、結婚をして以降はきっぱりとやめていたので、数十年ぶりのパチンコでした。

いざ、パチンコを始めてみると、時間を経つのを忘れるぐらい熱中することができました。

昔のパチンコ台は当時、羽モノといわれたチューリップに玉を入れるタイプだったのですが、今はパチンコ台のど真ん中に大きな液晶画面が置かれていて、ど派手な演出をするのが一般的となっていました。

僕は時間を持て余す度に、高森町にあるパチンコ屋に行っていた結果、生活費が足りなくなってしまいました。

生活費がないとご飯が食べられないので、僕は高森町にあった大手のサラ金に出向いて、金銭貸借契約を結んだ後、現金の借り入れと返済に使うことができるキャッシングカードを作りました。

そして、このカードを使って、足りなくなった生活費を借りていました。

僕は妻に仕送りをしていたのですが、妻への仕送りのお金が足りない時もキャッシングカードを使ってお金を借りていました。

その結果、僕の借金総額は短期間の内に膨れ上がってしまい、借金総額は150万円ぐらいにまで達してしまいました。

さすがに、この時にこのままでは借金がさらに増えて、地獄を見ることになると気付いたので、僕はお金の掛かるパチンコからは足を洗いました。

僕はパチンコからは足を洗ったのですが、仕送りもしている僕に取って、既にある150万円の借金を完済するのは厳しいものがありました。

僕は借金問題の対応方法について、持っていたスマホを使って、インターネットで調べたのですが、債務整理を仕事として取り組んでいる法律事務所に相談をするのが問題を解決するための第一歩だということが分かりました。

そこで僕は、高森町で取扱業務として債務整理を行っている法律事務所を探したところ、見つけることができたので、僕は事前にその事務所に相談の予約を入れてから訪問をしました。

事務所に着くと僕は相談室に案内をされて、その後、弁護士と僕の借金の対応方法について打ち合わせをしました。

高森町の弁護士と様々な債務整理方法について話し合った結果、特定調停を実施することにしました。

高森町の弁護士から聞いた特定調停の利点は、債務整理の費用を安く抑えることができるということでした。

僕は借金返済に困っている状態で、金欠だったので、特定調停は僕にピッタリな債務整理方法でした。

その後、僕は高森町の弁護士の指導を受けつつ、特定調停で債務整理の手続きを進めていきました。

債務整理を実施した結果、債権者と話しがまとまり、「次の借金返済から貸付利率を0%にすること」と「返済期間を2年間引き延ばす」ということになりました。

僕は債務整理を実施したことで、月々の借金返済の負担を大幅に軽くできたので、債務整理後は借金返済を続けられるようになりました。

僕は今現在、債務整理をしてから既に6年ぐらい経っているのですが、借金は全て払い終えているので、返済の苦しみからは解放されました。

独立をしてお店をだしたが借金が膨らんでしまい、債務整理を行った

債務整理方法 職業 年齢・性別
自己破産 無職(元飲食業) 37歳(男性)
自己破産での債務整理

僕は生まれも育ちも高森町で、今現在も高森町で暮らしています。

僕は高校を卒業後に、大手のラーメンショップの支店に就職をしました。

僕はそこで、皿洗いの仕事から始めたのですが、30代の前半の時に、長年働いてきた実績が認められて支店長になることができました。

支店長というと何だか偉そうですが、ぞの実態は、残業が多いのにも関わらず、給料は安い状態でした。

このまま会社に居ても、今以上に給料が大幅に増えるには地域の支店を統括するマネージャーになるしかなかったのですが、現状を見てみると高卒でなった統括マネージャーになった人は皆無で、全て大卒または院卒の人でした。

僕は高卒で働き始めたので、今の会社では、これ以上の出世は望めませんでした。

このまま会社に残って働いても、働いた分のお金をもらうことができないと僕は感じたので、今から5年前に、僕は思い切って会社を辞めました。

そして、今まで働いてきた経験を生かして、自分で高森町でラーメン店を出しました。

僕が提供するラーメンは厳選した良い素材を使っていたので、味には自信がありました。

ですが、お店の名前が無名なので、なかなかお客は来ませんでした。

僕はこの状況を打開したかったので、高森町にあった貸金業者から商工ローンで事業資金を借りました。

そして、借りたお金を使って、地元のタウンページや新聞の折込チラシに自分のお店を紹介する広告を載せました。

広告費を掛けた結果、僕のお店に来てくれるお客が増えて、僕は何とかお店の利益で生計を立てることができるようになりました。

しかし、世の中突然何が起こるか分かりません。

僕がお店を開店してから約1年半が経過した時に、突然、新型コロナが日本国内で流行り始めました。

その結果、店内で感染してしまうことを恐れたお客様がお店に来なくなってしまいました。

そのため、僕のお店の売り上げは激減してしまい、黒字から大幅な赤字になってしまいました。

当時、僕は商工ローンの借金返済を続けていたのですが、その支払いに困るようになりました。

支払いを滞らせた結果、僕は貸金業者から督促を受けるようになってしまいました。

僕は、このまま借金の返済請求を無視するわけにはいかないと思ったので、自分の借金を債務整理しようと思いました。

調べてみると幸いにも高森町で債務整理を扱っている法律事務所が存在していました。

僕は、その法律事務所へ行って自分が抱えていた負債について借金相談をしました。

僕と面談をしてくれたのは債務整理に詳しい弁護士だったのですが、弁護士からは自己破産で債務整理をすることを勧められました。

僕は高森町の弁護士から「新型コロナの流行で先行きが不透明なので、ここは一旦、自己破産で債務整理をして、店仕舞いをした方が良い」との説明を受けました。

僕自身も借金がこれ以上増えてしまうと、益々、債権者に迷惑を掛けることになるので、店仕舞いをすることにしました。

僕の自己破産手続きは、その後、高森町の弁護士が行ってくれたのですが、裁判所に破産申立てをしてから約1年ぐらい経った時に、裁判所で免責許可の決定が出て、僕の借金は全額の支払い免除を受けることができました。

債務整理を終えた現在、僕は無職となっているため、高森町の行政から生活保護費をもらっています。

ですが、いつまでも生活保護費のお世話になるわけにはいかないので、僕は早期にアルバイトなり、生活費を稼ぐことができる仕事に就こうと考えています。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

高森町で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

下伊那郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

長野県
下伊那郡(   高森町  )

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。