債務整理ガイド » 群馬県 » 佐波郡

佐波郡で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

佐波郡で、借金返済に行き詰まっている方々をバックアップしている弁護士あるいは司法書士の法律事務所の一覧表です。

借りたお金の支払いに窮している債務者に対して、債務整理を実施している佐波郡の法律事務所を掲載しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して佐波郡で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(佐波郡にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(佐波郡にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)

サンク総合法律事務所

お勧め度
HP サンク総合法律事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 月間600件以上の相談実績
  • 初期費用0円
日本全国対応 〇(佐波郡にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話 0120-613-025
債務整理の料金
  • 過払金請求:報酬金19,800円+過払金報酬20%
  • 任意整理:着手金39,800円+報酬金19,800円+減額報酬10%
  • 個人再生:500,000円~
  • 自己破産:450,000円~
佐波郡の地図

佐波郡にある弁護士事務所

弁護士法人五料法律事務所

債務整理の無料相談 △(法テラス利用可)
所在地 佐波郡玉村町下新田263-1
MAP
営業時間 平日9:00-17:00(土日祝は休み)
電話 0270-75-2090
電車アクセス 湘南新宿ライン・高崎線 新町駅

佐波郡にある当弁護士事務所では、問題が深刻化してしまう前に、皆様に気軽に法律相談を受けていただけるように、初回の法律相談を無料で実施しています。ですから、法的なトラブルに遭ってしまったら、迷うことなく当所に電話で一報を入れていただきたいです。

借金問題を解決するために佐波郡の当所で扱っている債務整理の手段には、「ヤミ金対応=>法外な高金利で貸し付けを行っている高利貸しから融資を受けたために、借金まみれとなってしまった場合に金銭貸借契約そのものを無効にするなどの対応を採る」、「私的整理=>お金を借りた金融機関と第三機関を利用せずに直接、今後の借金の支払い方について話し合いをする」、「過払金請求=>借金を多く払っていたケースで、支払先に払い過ぎた金銭の返還を求める」、「個人民事再生=>住宅ローン特則の適用を受けることで、マイホームローンを支払い中の家を守りつつ、それ以外の借金を大幅に圧縮する」、「個人破産=>借金が資産を上回っており、今後の収入を見込んでも完済ができない場合に、司法の判断で借金の支払い免除を受ける」があります。

なお、佐波郡の当所では、債務整理などの法律相談は完全個室でお客様から話しを伺っているので、周囲の目を気にすることなく、プライバシーに関わる事柄なども話しをしていただくことができます。

佐波郡にある司法書士事務所

該当なし

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、佐波郡内の玉村町の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

佐波郡で債務整理をする際の関連機関

佐波郡に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

営業成績アップのために自腹で接待をした結果、債務整理になった

債務整理方法 職業 年齢・性別
自己破産 保険会社勤務 26歳(男性)
自己破産での債務整理

僕は、大学を卒業した後、大手の保険会社に入社をしたのですが、佐波郡の支店に配属となったので、社会人となってからはずっと佐波郡で生活をしています。

僕は会社の花形部署と言える営業部に配属になりました。

入社してから半年間は、会社の先輩が僕の仕事の面倒を見てくれたので、僕は先輩から仕事のやり方を教わりました。

入社から半年が経過した時に、僕は独り立ちをすることになり、営業部の先輩達と同じ扱いを受けました。

その結果、毎月営業ノルマを課せられるようになり、先月の営業成績が部署内の掲示板に貼り出されるようになりました。

僕は、いつも営業成績が下位だったので、なんとか自分の営業成績を上げたいと思いました。

部署内では、見込み客への接待が当たり前のように行われていたのですが、月ごとに使える会社支給の接待費には制限がありました。

そのため、営業部員によっては会社支給の接待費を使い切った後は、自腹で接待をする人もいました。

僕は、早く営業成績の下位グループから抜けたかったので、営業成績が芳しくない月には、見込み客に自腹で接待をするようになりました。

僕は接待の支払いには、自分のクレジットカードを使っていたのですが、月々の支払方法としてリボルビング払いを選択していました。

リボルビング払いは、毎月一回訪れる約定返済日に支払う借金返済の金額を低額にできるというメリットがありました。

そのため、借入残高が高額となっても、毎月の借金の返済額は低額で済みました。

ですが、リボ払いだと月々の支払額が少額なために、僕はクレジットカードに設定をされているショッピング枠の最上限までお金を借り切ってしまいました。

その結果、そのカードでは、来月の約定返済日が来て、借金返済をすることでショッピング枠に空きができるまで、支払いに使うことができなくなりました。

それでは接待ができなくなるので、僕は仕方なく、別の信販会社が発行しているクレジットカードを新規に作成をして、新しく作ったカードを使って接待を続けました。

持っているクレジットカードのキャッシング枠を一杯まで使ってしまう度に、僕は新規にクレジットカードを作り続けた結果、僕は7枚のクレジットカードを保有するまでになってしまいました。

そして、毎月の支払額が少額のリボ払いと言っても、7社への信販会社に支払わなければならなくなり、月々の支払い負担が重くなったことから、約定返済日に支払いが滞るようになってしまいました。

僕が抱えている借金総額は、500万円近くになってしまい、借入元本に付加される利息金によって、毎月、借金が増えている状況になりました。

僕は各債権者から督促を受けるようになり、勤務先にまで督促の電話が掛かってくるようになりました。

さすがに、このまま自分の借金問題を放置するわけにはいかないと思ったので、僕は債務整理に取り組むことにしました。

自分が住んでいる佐波郡で、債務整理を取り扱っている弁護士を探したところ、見つけることができたので、僕はその方の事務所にアポを取ったうえで訪ねてみました。

事務所に着くと僕は面談ルームに通されたので、、そこで相談相手である債務整理に精通した弁護士に、自分の借り入れ状況について説明をしました。

僕の説明が終わった後、佐波郡の弁護士からは自己破産をした方が良いとの意見をもらいました。

自己破産で債務整理をした場合に、僕が最も気掛かりだったことは、勤めている会社に自己破産をしたことがバレないかということでした。

その点を佐波郡の弁護士に確認したところ、自己破産で債務整理をすると政府の広報誌である官報に自己破産を行った事実が掲載をされるが、官報は一般の人がチェックすることはまずないから、会社にバレてしまう可能性はかなり低いとのことでした。

僕は、その言葉を聞いたうえで、債務整理の方法として自己破産を選択しました。

その後、僕は自己破産による債務整理手続きを行ったのですが、ほとんどの手続きを相談をした佐波郡の弁護士が代行をしてくれたので、僕自身はあまり手間が掛かりませんでした。

そして、最終的には破産申立てをした佐波郡を管轄している地方裁判所で、免責許可の決定が下って、僕の借金は法的に全額が免除となりました。

僕はクレジットカードを多用したことで、債務整理にまで至ったことを大いに反省し、債務整理に着手して以降は自腹での接待をやめたので、再び、接待が原因で借金まみれになる心配は無くなりました。

新型コロナによる不況によって、ローンの支払いができなくなってしまい、債務整理を行った

債務整理方法 職業 年齢・性別
特定調停 土建会社勤務 38歳(男性)
特定調停での債務整理

僕は、佐波郡にある土建会社で働いています。

僕には、住宅ローンと自動車ローンの借金があり、毎月その支払いを行っていました。

僕はローンを組んだ際には、生活に支障をきたさない程度に、ある程度ゆとりを持って借金の返済プランを立てました。

そのため、問題なく借金の支払いを継続していたのですが、青天のへきれきとも言える新型コロナが突如として発生をしたことにより、世界の経済が停滞をしてしまい、日本経済もダメージを受けてしまいました。

その結果、僕が勤めている会社も大いに影響を受けてしまい、会社の存亡の危機と言える状況となってしまいました。

この状況を打開するために、勤務している会社でリストラが実施をされて、ボーナスだけでなく、月々の給与に対しても減額が実施をされてしまいました。

給料の減額が行われた結果、僕はローンの支払いが困難となってしまい、借り入れをした金融機関への借金返済を遅滞してしまいました。

僕は借入先の金融機関に自分の事情を伝えて、借金返済を一時的に停止できないかを聞いたのですが、貸し付け時の契約では借金返済を一時的にとめるということを規定していないとの理由で、借金返済は続ける必要があると念を押されてしまいました。

僕は困り果ててしまい、自分の借金問題の解決策をインターネットを使って模索しました。

すると、債務整理に詳しい弁護士に借金相談をすれば、早期に借金問題を解決することができることが分かりました。

僕は佐波郡内で債務整理を実施している弁護士を探してみたところ、条件にあう弁護士が居たので、その弁護士の事務所に訪問をしました。

その事務所で借金相談を受けたのですが、事前に自分の負債と所得に関する情報を整理してメモに書いていたので、スムーズに佐波郡の弁護士に相談をすることができました。

そして、自分が事情について話し終えた後、佐波郡の弁護士から特定調停で債務整理を行うことを推奨されました。

僕は特定調停のことは一切何も知らなかったので、佐波郡の弁護士からその債務整理方法の手続きの流れや注意事項などを聞きました。

その後、僕は佐波郡の弁護士の手ほどきを受けつつ、特定調停で債務整理の手続きを行っていきました。

特定調停による債務整理手続きを開始すると、債権者からの取り立てが止まり、債務整理に集中して取り組むことができるようになりました。

特定調停で債務整理を実施した結果、借入先の金融機関と和解をすることができ、「今後は無利息融資にする」ということと、「借金の返済回数を24回分増やす」ということで決まりました。

債務整理を行った結果、毎月の借金返済額が大幅に減ったために、僕は収入が減った後でも借金返済を継続できるようになりました。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

佐波郡で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

佐波郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。