債務整理ガイド » 秋田県 » 山本郡

山本郡で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

山本郡にある法律事務所の一覧表で、借金問題の解決に尽力をしている弁護士、あるいは司法書士です。

借金返済の取り立てを受けているような方に債務整理を実践することで、悩みの解消を図っている、山本郡の法律事務所を掲載しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して山本郡で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(山本郡にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(山本郡にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)

司法書士法人アストレックス

お勧め度
HP 司法書士法人アストレックス
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 着手金無料
  • 過払い金調査無料
日本全国対応 〇(山本郡にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:00-21:00日曜10:00-18:00(土曜は完全予約制)
メール・電話
債務整理の料金
  • 過払金請求:基本報酬1社11,000円(税込)+成功報酬(過払金返還額[18%+消費税/訴訟20%+消費税])
  • 任意整理:費用1社33,000円(税込)~+成功報酬(過払金返還額[18%+消費税/訴訟20%+消費税])+事務手数料
  • 個人再生:(住宅賃金特別条項なし)330,000円(税込)+実費/(住宅賃金特別条項あり)385,000円(税込)+実費[再生委員が選出された場合、再生委員への報酬が必要/債権者数が6件超え1件11,000円(税込)加算]
  • 自己破産:(同時廃止)330,000円(税込)+実費/(管財事件)385,000円(税込)+実費+管財費用[債権者数が6件超え1件11,000円(税込)加算]
山本郡の地図

山本郡にある弁護士事務所

三種町社会福祉協議会

債務整理の無料相談
所在地 山本郡三種町森岳字上台93-5 三種町地域福祉センター
MAP
営業時間 毎月第三木曜14:00-16:00
電話 0185-83-4861
電車アクセス 奥羽本線・奥羽本線特急 森岳駅

山本郡にある当所では、債務整理や相続、消費者被害などの法律全般に関する悩み相談を受けています。

この法律相談を利用できる方は、山本郡三種町に在籍をしている方に限定をしています。

「マイホームを購入する際に地元の銀行もしくは信用金庫において、住宅ローンで借り入れをしたが、その後、景気低迷によって所得がダウンしたために、借金を支払えなくなった」、「日常の生活費が足りなくなった際に、サラ金から融資を受けたが、その後も繰り返しお金を借りた結果、借金総額が高額になってしまったので、債務整理を行いたい」、「進学や留学をした際に、有利子返済義務のある奨学金を借り入れしたが、その後、その奨学金の返済のために借金苦となっている」といった金銭問題で追い詰められている方々に対して、山本郡の当所では、事実関係を聴き取りするために借金相談をしてから、的確といえる負債の整理を実施しています。

山本郡にある司法書士事務所

該当なし

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、山本郡内の八峰町・藤里町・三種町の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

山本郡で債務整理をする際の関連機関

山本郡に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

ストレス発散のために買い物を続けた結果、債務整理となった

債務整理方法 職業 年齢・性別
私的整理 食品加工会社勤務 25歳(女性)
任意整理での債務整理

私が借金苦となったきっかけは、クレジットカードの使いすぎでした。

クレジットカードを利用している時、私には借金をしているという感覚がほとんどありませんでした。

私は山本郡にある会社で働いています。

私はストレスを感じやすい性分なので、仕事がない休みの日には、気晴らしに山本郡やその周辺にあるショッピングモールなどに出掛けていました。

出掛ける時は見るだけと思って行くのですが、ショッピングモールのお店巡りをしていると欲しい物を見つけてしまい、そうすると私は我慢をすることができず、持っていたクレジットカードを使って、欲しい物を購入してしまっていました。

そんなことを何度も繰り返した結果、私のクレジットカードによる負債額はどんどんと膨らんでいきました。

そして、しまいには、私は毎月の借金返済に苦労をするようになりました。

私はクレジットカードの返済方法を分割払いにしていたのですが、分割払いにするよりもリボ払いにした方が毎月の支払い負担を軽減できることが分かったので、クレジットカードの返済方法を途中からリボ払いに切り替えました。

その後、私は何事もなかったかのように、クレジットカードを使って買い物を続けました。

その結果、クレジットカードの利用限度額の上限まで私は借り入れをしてしまい、返済が進まないとこれ以上、クレジットカードを使って借金返済ができなくなってしまいました。

この時に、私はクレジットカードが利用できないと買い物をする際に不便になるので、別の系列会社のクレジットカードを新しく作りました。

そして、新しく作ったクレジットカードを使って、リボ払いで買い物を続けてしまいました。

リボ払いは、毎月の返済額を少額にできる返済方法でしたが、クレジットカードの枚数が増えたことによって、私はリボ払いでも月々の借金返済に苦労をするようになりました。

そして、私は毎月1回訪れる約束の期日までに所定額の返済をすることができませんでした。

その結果、私はクレジットカードを提供している信販会社から督促を受けるようになりました。

クレジットカードの返済が送れると督促の連絡が来たのですが、私はそのたびにそのストレスによって、胃がキリキリと痛みました。

また、借金返済の金策のことを考えると、仕事がうわの空となってしまい、仕事のミスが増えてしまいました。

このままだと、私は職場で肩身の狭い思いをすることになり、さらに悪い状況になってしまうと思いました。

そのため、私は現状の打開策として、借金問題を解決するための相談を弁護士にしてみることにしました。

私は雑誌の中の広告を見ていて、借金問題を抱えたなら借金相談を債務整理の実績のある弁護士にすれば良いということを以前から認識していました。

そこで、私は山本郡で弁護士に相談できる所を探してみました。

すると、幸いにも債務整理に関する相談をすることができる所を見つけることができたので、私は事前にアポを入れてから、約束の日に相談会場に出向きました。

私は債務整理と言えば、自己破産しか知らなかったので、心の中では自己破産になってしまうのだろうかと心配でした。

ですが、いざ相談会場で、自分の借金の対処方法について弁護士と話しをした結果、自分の借り入れ状況だと私的整理という債務整理によって問題解決に取り組むのが妥当だということが分かりました。

私は、自己破産をせずに済んだので、私的整理で問題を解決できるということを聞いたときはホッとすることができました。

その後、私的整理の手続きは私の代理人になってくれた弁護士が手続きを進めてくれました。

弁護士が私の債権者と数回にわたって、今後の借金の支払い方について交渉をしてくれた結果、今後の返済では借金に付いていた利息を0%に変更をしてもらうことができました。

その結果、私は月々の返済負担を軽くすることを実現でき、借金返済を継続できるようになりました。

私は弁護士に相談をする前は、一人であれこれと考え込んでしまい、多大なストレスを感じていましたが、弁護士に相談をしたことで借金問題をスッキリと解決することができ、弁護士に相談して正解でした。

弁護士には顧客から得た情報の秘密を守るという守秘義務があるので、私が借金問題を抱え込んでしまい、それを債務整理したという事実は、相談をした弁護士以外の人には知られずに済んでいます。

そのため、職場の人に私が債務整理を実施したことを知られていないので、私は職場で肩身の狭い思いをせずに済んでいます。

副業を始めたが借金まみれとなってしまい、債務整理を実施した

債務整理方法 職業 年齢・性別
特定調停 サラリーマン 46歳(男性)
特定調停での債務整理

僕は秋田県の山本郡に住んでいる40代の会社員です。

僕は今から10年ほど前に特定調停という債務整理を実施したので、その時のことについて、ここでは話したいと思います。

僕は山本郡にある小さな町工場で工員として働いています。

当時は日本経済は不況となっていたので、会社の売り上げは落ち込んでいました。

仕事が減っていたということもあって、当時は、会社での残業を禁止されていました。

そのため、社員は全員、ほぼ定時に帰路についていました。

僕が勤めている会社は、本業に悪影響を与えないのであれば、本業の勤務時間以外の時間帯に副業を行ってもOKでした。

そのため、僕は良い副業がないかを常に探していました。

そんな時に、僕は仕事が終わった後でもできる副業として、FX取引をやってみることにしました。

FX取引は株式取引とは異なり、24時間いつでも取り引きができるので、仕事終わりの夕方から夜に掛けても取り引きを行うことができました。

僕はFX取引をやることを決めた後は、FX取引について勉強をするためにFX取引関係の書籍を3冊ほど購入をして、しっかりと読んでみました。

そして、ある程度、自分なりにFX取引について理解できたと感じた後、僕はネットFX取引会社で自分の取引口座を開設しました。

口座を開設した数か月間は、僕は少額だけでドル円のFX取引をやっていました。

この時に、勉強した成果もあってか、僕は少しだけですが利益を出すことができました。

僕はこれによって、自分のFX取引に自信を持つことができるようになりました。

僕は貯金をほとんど持っていなかったので、手持ち資金があまりなく、そのため、大きな勝負をすることができませんでした。

暫くの間は、ちまちまと取り引きを行っていたのですが、僕は段々と時間がもったいないと感じるようになりました。

僕は短期間の内に大きく稼ぐには、手持ち資金を増やす必要があると感じたので、自分が所有していたクレジットカードを使ってキャッシングをしました。

また、その後、さらに持ち金を増やすために自分の給与の振込が行われていた山本郡の銀行で、銀行カードローンも作りました。

銀行カードローンのローンカードを作る際には融資審査があったのですが、給与の振り込みが行われている銀行だったこともあってか、融資審査はすんなりと通ることができ、僕は銀行ローンカードを作ることができました。

そして、僕は銀行ローンカードでも借り入れをして、FXにつぎ込みました。

僕は手持ち資金が増えたことで、FX取引で大勝負をすることができるようになりました。

また、僕はFX取引で経験を積むうちに徐々に、ハイレバレッジで取り引きをするようになりました。

僕は少しずつですが、FX取引によって手持ち資金を増やすことができていました。

そして、ある時、僕はハイレバレッジを掛けて大きな勝負をしました。

ハイリスクな取り引きだったのですが、ハイリターンを狙えたので、僕はやったのですが、このFX取引が僕の思惑と逆方向にドル円為替が動いてしまい、その結果、僕はFX取引口座にあるほとんどの手持ち資金を失ってしまいました。

僕は、クレジットカードと銀行カードローンで借りた借金を毎月返済しなければならなかったのですが、FX口座の手持ち資金を失ったことで、月々の借金返済ができなくなってしまいました。

その結果、僕の携帯電話に金銭の貸主である信販会社と銀行から借金の支払いを促すための連絡が来るようになりました。

要は、借金を取り立てるための連絡ということです。

僕の力だけでは、自分が抱え込んでしまった借金問題を解決するのは厳しいと感じたので、僕は山本郡で見つけた債務整理の相談ができる所に行って、相談をしました。

そこの相談員は弁護士だったのですが、話しを聞いてみると債務整理の実績が多くあるとのことだったので、僕は安心して自分の事情を話すことができました。

山本郡の弁護士から僕は様々な質問を受けたのですが、僕は前もって自分の負債状況を整理してノートに書き留めていたので、そのノートを見ながら弁護士に説明をしました。

また、僕は相談の場に、取引明細書などの書類も持参していたので、それらも山本郡の弁護士に見せました。

その結果、山本郡の弁護士から「特定調停で債務整理を実施しましょう」との提示を受けることができました。

その後、僕は山本郡の弁護士の協力を得ながら特定調停の手続きを開始しました。

この時に山本郡の弁護士が、僕の各債権者に債務整理に着手した旨の通知書を送ってくれたので、それ以降は僕は債権者から取り立てを受けることが無くなりました。

そのため、僕は精神的にかなり楽になることができました。

その後、僕は山本郡を管轄している簡易裁判所に特定調停の申し立てを行いました。

それから2回程、僕は簡易裁判所に出向いたのですが、債権者と今後の借金の返済方法に関して協議する場を持つことができました。

そして、裁判所の調停委員の助太刀もあったことから債権者と今後の借金の返済方法について和解をすることができました。

その結果、僕は借金の支払期間の長期化と、貸付金利の利息のカットを実現することができました。

僕は特定調停の場は、利害関係の調整になるのでピリピリとした雰囲気になり、場合によっては口論になることを覚悟していたのですが、実際は調停委員の仲裁の元、淡々と処理が行われ、比較的に穏やかな雰囲気の中で、処理が行われました。

僕は特定調停で債務整理を実施した結果、月々の返済額を大幅に減額することができたので、借金完済までの返済プランを立てることができるようになりました。

僕は借金問題を負った時に、思考停止に陥らず、きちんと問題と向き合って、弁護士に借金相談をしたので、うまく債務整理を実現することができました。

今、もしあなたが借金問題で頭を抱えているのなら、早急に弁護士に債務整理を実施するための借金相談をすることをお勧めします。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

山本郡で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

山本郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。