債務整理ガイド » 福島県 » 石川郡

石川郡で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

石川郡において、債務整理を手掛ける法律事務所(弁護士・司法書士)の一覧です。

借金問題で苦労をしている方々の問題解決のお手伝いをしている、石川郡の法律事務所を掲載しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して石川郡で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(石川郡にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
↓↓ タップ ↓↓
アヴァンス法務事務所はこちら
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(石川郡にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)
石川郡の地図

石川郡にある弁護士事務所

弁護士相談会(石川町社会福祉協議会)

債務整理の無料相談
所在地 石川郡石川町字長久保185-4
MAP
営業時間 不定期で実施
電話 0247-26-3793
電車アクセス 水郡線 磐城石川駅

石川郡において実施をしている、弁護士による法律相談会です。

金銭問題(債務整理問題)や家庭内の悩みなど、法律にまつわる悩みごとに対して、専門家である弁護士が悩みを解消するためのアドバイスを行っています。

借金問題に関して言えば石川郡の当所では、「借り入れをしては支払いをするという事を繰り返した結果、徐々に借入金の総額が高額となってしまい借金生活から抜け出せなくなった」、「事業が上手くいかなくて、金融機関から融資を受けたお金の返済ができなくなった」、「借金の連帯保証人になったばかりに、債権者から保証債務の履行を要求されているが、履行できそうもないので債務整理を行いたい」といった困りごとに対して、借金相談で事情を確認してから各事案に適した借金整理のための手立てを提示しています。

なんでも法律相談・心配ごと相談

債務整理の無料相談
所在地 石川郡浅川町大字袖山字森下288番地 地域福祉センター
MAP
営業時間 毎月第3水曜日10:00-12:00
電話 0247-36-3163
電車アクセス 水郡線 磐城浅川駅

石川郡浅川町で行われている、町民を対象とした法律相談です。

債務問題を解決するための債務整理や相続、離婚問題といった生活に密着した法的な悩みごとに関して、弁護士が問題解決の支援しています。

「借金返済を遅滞しており、債権者から督促(取り立て)を受けている」、「給料が安いために、毎月のクレジットカードの返済が原因で、生活苦となっているので債務整理を受けたい」、「複数の金融機関から借り入れをしたために多重債務者となっているが、お金にまつわることなので誰にも問題を解決するための相談をすることができない」といったお金の悩みに対して、石川郡の当所では弁護士が各ケースにあった負債整理のための提案をするべく、まず初めに借金相談を行うことで事情の聴き取りをしています。

石川郡にある司法書士事務所

該当なし

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、石川郡内の古殿町・浅川町・石川町・平田村・玉川村の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

石川郡で債務整理をする際の関連機関

石川郡に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

僕が債務整理になった理由はギャンブル

債務整理方法 職業 年齢・性別
民事再生 理学療法士 27歳(男性)
個人再生での債務整理

僕は石川郡に住んでいるのですが、ギャンブルが原因で債務整理となってしまいました。

ここでは、僕が債務整理に至った事の成り行きについて話したいと思います。

ギャンブルにあけくれた学生時代

僕が初めてギャンブルをやったのは、理学療法士の学校に通っていた時です。

その時にパチンコをやる友達がいて、その友達に誘われてパチンコ屋に行ったのが僕にとっての初めてのギャンブルでした。

初めてパチンコ屋に入った時には、音がうるさいと感じていたのですが、それにもすぐに慣れて、友達と共にパチンコを楽しむことができました。

僕は学生の頃はアルバイトをしていたのですが、そのアルバイトで稼いだお金だけという限られた範囲のお金でパチンコを楽しんでいました

また、その頃、友達同士の間で、麻雀をすることも流行っていました。

学生の麻雀なので、賭けなしで純粋に麻雀を楽しむことが多かったのですが、たまに低レートの賭け麻雀をやっていました。

日本でメジャーと言えるギャンブルで、僕がやっていないのは、競馬と競艇、競輪ぐらいだと思います。

就職し、多忙な日々を送っていたが・・・

その後、僕は学校を卒業して、石川郡にある病院でリハビリスタッフとして働き始めました。

仕事に就いてから約1年間は、仕事を覚えるのにがむしゃらだったのですが、その後は少し心にゆとりを持てるようになりました。

そして、その頃から僕は仕事が休みの日に、石川郡内にあったパチンコ店や雀荘に行くようになりました。

ギャンブルを再開した結果、消費者金融に手を出してしまった

社会人となって使えるお金が増えたことで、ギャンブルに費やすお金が学生時代とは比較にならないほど増えてしまいました。

学生の頃のギャンブルの成績は、ほぼプラマイゼロだったのですが、社会人となってギャンブルを再開した後は、徐々にマイナスが増えていく状況でした。

でも、僕は「負けた分は絶対に取り返すことができる」と固く信じていました。

その後、僕はギャンブルにお金を費やし過ぎて、生活費が足りなくなる事態になりました。

その時に僕は石川郡内の国道沿いにプロミスの看板があったことを思い出し、その場所に出掛けて、無人契約機を使って、金銭の借入契約を締結しました。

僕はその際に、プロミスからキャッシングカードを発行してもらうことができたのでカードに設定されている最大貸付可能額まで、繰り返し借り入れをすることができました。

僕は、プロミスのカードだけを使っていたのですが、半年も経たないうちに、最大貸付可能額までお金を借り切ってしまいました。

そのため、僕は石川郡内にあった知名度のあまりない地元密着タイプの街金から融資を受けるようになりました。

その頃から、僕は借金返済のお金を用立てるために、別の貸金業者から融資を受けるという、その場しのぎとしか言いようのない、自転車操業によってお金のやりくりをしていました

その後、僕は更に別の貸金業者からも借り入れをしてしまい、完全に借金返済に行き詰まったときには、借金の合計額は約350万円にもなっていました。

毎月の支払額は約10万円にも達しており、僕は借金返済ができなくで、支払いを遅滞していました。

その結果、当然なことですが僕は借り入れをした貸金業者から取り立てを受けるようになりました

仕事中も借金のことを考えるようになってしまった

僕は借金返済のことばかり、考えてしまい、仕事がろくに手がつかない状態になっていました。

今のままでは、仕事をクビになりかねないとも思ったので、僕は自分の借金に対して債務整理を実施することを決めました

僕は債務整理をするには、業務として債務整理を手掛けている弁護士に相談をすれば良いということは知っていたので、該当する弁護士を石川郡で探してみました。

探した結果、石川郡は田舎なので、該当する弁護士は居なかったのですが、定期的に該当する弁護士が石川郡にやってきて、法律相談会を行っていることが分かりました。

そこで、僕はその石川郡で行われている法律相談会を受けてみることを決め、相談の予約を取った後に、法律相談会の会場に出向きました。

僕は弁護士に自分が抱え込んでしまった借金について説明をしたのですが、弁護士から僕の事案では民事再生で債務整理をするのが適切との助言を受けることができました

民事再生を実現できれば、所有財産を処分することなく、借金総額をおよそ100万円にまで減額をすることができるとの話しでした。

債務整理の方法として民事再生を行うことを決めた

そこで、僕は民事再生で債務整理を実施することを決め、そのための手続きを弁護士に頼みました。

弁護士に仕事を依頼した後の仕事の流れは、「裁判所で再生手続きの開始決定」→「裁判所で再生計画の認可決定」→「再生手続きが終結」となり、その間、約半年の期間を要しました。

債務整理をしたことで、借金を大幅に減らすことに成功した

結局、僕が抱え込んでいた借金は弁護士に債務整理を依頼したことで、約110万円にまで減らすことができました。

その結果、月々の返済額は3万円程度になり、僕は日々の生活で無駄遣いをしなければ、余裕で借金返済を継続できるようになりました

僕は幸いにもギャンブル依存症になったわけではなかったので、弁護士に相談する前の借金まみれになった時にギャンブルからは完全に足を洗いました。

現在、僕は節約に徹して、借金返済が滞らないように細心の注意を払う生活を送っています。

FXに挑戦してみたが失敗してしまい、多額の負債ができて債務整理となった

債務整理方法 職業 年齢・性別
私的整理 パート 42歳(女性)
任意整理での債務整理

私は夫と一人娘の三人で、石川郡に住んでいます。

私は石川郡でパート仕事をしているのですが、その仕事仲間とはいつも一緒にお昼ご飯を食べていました。

そんなある日、職場のパート仲間の一人からFXという投資についての話しを聞きました。

その仲間が言うには、少額からでも始めることができ、為替レートの変動を利用して稼ぐ投資方法とのことでした。

私は今後訪れる老後のことを考えると、お金を増やしたいと考えていたので、その職場仲間からより詳しくFXについて教えてもらいました。

老後資金をたくわえるべく、FX取り引きを始めてみた

FXを始めるためには、FX取引業者で取引口座を開設する必要があることが分かったので、私は早速、職場仲間から勧められたFX取引業者で取引口座を開設してみました。

その後、私は自分自身でもスマートフォンに具備されているインターネットを使って、FXについての情報を集めてみました。

その後、私は少額からFX取引を始めてみました。

FX取引をやり始めた当初は、いわゆるビギナーズラックというものなのか、お金を少しづつ増やすことができました

その後、なぜかそのFXを勧めてくれた職場のパート仲間は仕事を辞めてしまい、職場に来なくなりました。

私はその人はきっとFX取引で稼ぐことができているので、パートの仕事を辞めたのだと思いました。

そして、私もFX取引で稼いで、パート仕事を辞めるんだと一人息巻いていました。

最初はレバレッジを掛けることなく、リスクの少ない取引をしていたのですが、それだと失敗をしたときに損失は少ないですが、成功をしても利益が少ないという状態でした。

私は大きく稼ぎたいと思ったので、徐々にレバレッジを掛けるようになり、ここぞというときにはハイレバレッジの取引も行うようになりました。

そして、ある時、私は大きく稼ぐために、大博打にでました。

私は最高倍率のレバレッジを掛けて、FX取引口座に預けていたほぼ全てのお金を使って、FX取引をしました。

その際に、私は為替変動のトレンドの流れに乗っかる取引をしたのですが、急に為替が私の思惑とは逆方向に僅かな時間の間に大幅に変動をしてしまいました。

恐らく、複数の大手機関投資家が逆トレンドに流れを変えるFX取引を行ったのだと思います。

その結果、私はFX口座にあった証拠金を全て失うだけでなく、FX取引業者に対して約80万円の借金を作ってしまいました

私はFX取引で大失敗をしてしまい、FX取引市場から撤退をせざるおえなくなりました。

そして、作ってしまった借金をどう返済するかを考えなければならなくなりました。

夫に話すと、離婚理由になってしまいかねないので、私は夫に借金のことを打ち明けることはできませんでした

借金返済をするためにアルバイトをすることにした

私は急いで収入を得なければならなかったので、すぐに複数のアルバイトの求人に応募をしました。

すると、私は幸いにも石川郡にある大手飲食チェーン店の支店でアルバイトができることになりました。

私はアルバイトの仕事に就くことがでいたのですが、アルバイトの収入だけでは、月々の返済は継続できそうもありませんでした。

そこで、私は自分が抱えた借金の月々の返済負担を軽減したいと思い、債務整理を行うことができないかと考えました

ちょうど、そんな時に私は石川郡で弁護士法律相談が実施されることを知りました。

私は、そこに電話を掛けて、借金相談が可能かを聞いてみたのですが、借金相談も受けているとのことだったので、相談を受けるアポを入れました。

そして、後日、私は弁護士法律相談の当日に相談会場に出向いて、弁護士に自分が負ってしまった借金の対処方法について相談をしました。

すると、私のケースだと私的整理を行うのがベストとの返事をもらうことができました。

私的整理とは、借入先の金融機関と直接、借金返済の負担を減らすための交渉をする債務整理方法で、私の代わりに弁護士が代理人になって、私の債権者と交渉をしてくれるとのことでした。

弁護士の話しでは、私的整理で債務整理を行うことができれば、私は月々、無理なく借金返済を続けることができるようになるとのことでした。

借金の悩みを解消するべく、債務整理を行った

そこで、私は債務整理を行うことを決め、相談をした弁護士に私的整理の実施をお願いしました

その後、弁護士が、私的整理に着手をしてくれたのですが、私は2週間に1回ぐらいのペースで仕事の進み具合についての説明を弁護士から受けることができました。

そして、弁護士が私的整理に取り掛かってから、2ヵ月ぐらいが経過したときに、弁護士から全ての私的整理手続きが完了したとの報告を受けました。

結局、私的整理で債務整理を行ったことによって、債務整理を行って以降は借金を無利息にしてもらうことができ、返済期間の延長も行うことができました。

その結果、債務整理を行った後は、月々の返済額を1万円ちょっとにまで大幅に減らすことができました。

月に1万円程度の返済なら、アルバイトの収入だけでも問題なく支払いを続けることができるので、私は安堵することができました。

夫に債務整理をしたことはバレていないので、円満な家庭を保つことができている

幸いにも、夫に私が私的整理を実施したということがバレることなく債務整理を実現することができました

そのため、債務整理を終えた今現在、我が家は夫婦円満な家庭生活を送ることができています。

私は今後、FXで痛い目を見たので、損をする可能性のある投資は一切せずに、元本保証のある利殖だけに徹しようと思っています。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

石川郡で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

石川郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。