債務整理ガイド » 福島県 » 田村郡

田村郡で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

田村郡における弁護士・司法書士の法律事務所の一覧リストで、借金苦の悩みを解決することが可能な事務所です。

借金返済に苦労している方々に債務整理を実行することができる、田村郡の法律事務所を明示しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して田村郡で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(田村郡にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
↓↓ タップ ↓↓
アヴァンス法務事務所はこちら
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(田村郡にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)
田村郡の地図

田村郡にある弁護士事務所

該当なし

田村郡にある司法書士事務所

司法書士ないとう事務所

債務整理の無料相談
場所 田村郡三春町八島台5丁目3-11
MAP
受付 9:00-18:00(土曜日・日曜日・祝日は休み)
TEL 0247-61-6131
鉄道交通 磐越東線 三春駅

日々の暮らしの中で生じた、借金問題の悩みを解消する債務整理や、遺言、相続、成年後見などの困り事に関する相談を受けている田村郡にある法務事務所です。

悩みを抱えた方々が気軽に相談できるような存在となれるように努めており、当事務所に相談をして良かったと感じていただけるように力を尽くしています。

「子供の育児や教育費にお金が掛かってしまい、借金を重ねた結果、その借金返済ができなくなった」、「クレジットカードを使って、ファッションや美容に力を入れていたが、お金を使いすぎたために、クレジットカードの約定返済日の支払額が高額となって、支払えなくなった」、「借金の返済をするために、別の金融機関から融資を受けるという自転車操業をしたために、多重債務の借金地獄となってしまったので、債務整理を受けたい」といった金銭問題で困り果てている方々には、田村郡の当所では相談者の事情を確認するために借金相談を行ってから個々の事情にあった借入金を整理するための手立てを行っています。

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、田村郡内の小野町・三春町の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

田村郡で債務整理をする際の関連機関

田村郡に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

商工ローンにだまされてしまい、借金が払えなくなって債務整理を実施

債務整理方法 職業 年齢・性別
特定調停 自営業 38歳(男性)
特定調停での債務整理

僕は結婚をしているので、親の実家とは別の所に住んでいるのですが、僕も親も共に田村郡に住んでいます。

親は僕が生まれた時から自営業を行っています。

僕は若い頃は首都圏の大手企業で働いていたのですが、20代の後半にその会社を辞めて、それ以降は親の会社で働いています。

会社の事業資金の借り入れ

ある時、父の会社に商工ローンの融資担当者が訪ねてきました。

事業経営資金の融資を受けないかという話しで、貸付金利は5%ということでした。

貸付金利が5%なら割と低金利なので、それならということで、僕が借入人となり、そして父には連帯保証人になってもらい、500万円の借り入れをしました

毎月の支払額は約11万円という契約だったので、僕はきちんと毎月の返済を実施していました。

ところがある日、商工ローンから送られてきた利用明細を見てみると、毎月支払っているお金は利息分だけの支払いとなっており、借入元本である500万円は全く減っていませんでした。

商工ローンの契約書をよくよく見ると契約内容が違っていた

僕は商工ローンの融資担当者と交わした金銭消費貸借契約書を引っ張り出して、契約内容を見てみました。

すると、契約書には、貸付金利は年率で28%で、月々11万円の支払いを60回実施した後、借入元本の500万円を一括返済するということが記載をされていました。

つまり、僕が今まで支払っていた月々11万円というお金は利息分支払いだったということです。

僕は話しが違うと思い、すぐに商工ローンに電話を掛けました。

すると、商工ローンの電話受付の担当者には、「その融資担当者は既に退職をしているので、詳細はわかりません。契約書に書かれている内容が全てです。」と言われてしまいました。

僕は、田村郡にある借金相談ができる法務事務所に僕が抱え込んでしまった問題について相談をするために行ってみたのですが、その相談担当者からは「契約書があって印鑑を押しているのなら、その契約書に従わなければならない。」と言われてました。

契約書類を十分に確認しないで、印鑑を押したなら印鑑を押した人に責任があるとのことでした。

契約書に印鑑を押したのは僕自身ですが、沢山の書類があったので、僕は商工ローンの担当者の言うがままに次々と契約書類にハンコを押してしまいました。

契約書の内容は、わざわざ公証役場まで出向いて公正証書にしたのですが、僕は契約内容が商工ローンの担当者から受けていた内容と異なっていることに気付きませんでした。

商工ローンの担当者と話をしたときに、人柄が良い人だったので、信じ切ってしまった僕がバカでした。

法務事務所で借金問題の対応方法を確認

このままだと、借金返済を継続できないので、僕は田村郡の法務事務所に再度出向き、僕が抱えている借金問題の対応策について、聞いてみました。

法務事務所の相談員は僕に、債務整理には自己破産など様々なやり方があることを教えてくれたのですが、僕の要望もあって、結局、特定調停を実施することにしました。

自己破産もしくは個人再生だと、借金を帳消しにしたり、大幅に減額をすることができるのですが、そのやり方では、もし周囲の人に知られたら僕は社会的な信用を失ってしまうと思いました。

僕の考えの根幹に、「借りた物を返すのは当然」という考えがあるからです。

だから、元金はほとんど減らせないが、月々の利息分を減らすことができる特定調停という債務整理を行うことにしました。

債務整理を特定調停によって実施

僕は、その後、借金相談をした田村郡の法務事務所の協力を受けて、特定調停の手続きを進めていきました。

特定調停の申立ては、田村郡を管轄している簡易裁判所で行いました。

その後の債務整理の流れは、「裁判所から債権者へ通知」→「第1回調停期日」→「第2回調停期日」→「17条決定・調停調書作成」→「調停調書の手続き完了」のようになりました。

僕は特定調停を実施した結果、利息の支払いの免除を実現することができました。

今まで支払っていた利息分のお金は返ってきませんでしたが、僕の借金の残債は借入元本の500万円だけになりました。

この500万円を60回払いで支払うということになったので、月々の支払額は約8万円で済むようになりました。

債務整理による利息の免除で、返済負担が大幅に減った

特定調停で債務整理を行った結果、無利息融資にすることができたので、結果的には商工ローンから事業資金の融資を受けて良かったことになりました。

今後は、仕事に頑張りつつ、今借り入れしているお金を完済するべく、コツコツと借金返済を続けていきたいと考えています。

債務整理に至った理由は、子供の教育費にお金が掛かりすぎてしまったため

債務整理方法 職業 年齢・性別
個人民事再生 介護福祉士 47歳(女性)
個人再生での債務整理

私は田村郡で、今は一人暮らしをしています。

子供のを引き取り、離婚をした

私は若い頃に結婚をしたのですが、その後、夫との考えの違いが顕著になり、性格が合わないので、離婚をしました。

私は夫との間に長男がいるのですが、離婚の際、長男は私が引き取ることになりました。

夫と離婚をした際は、養育費をもらうということになっていたのですが、夫から養育費が実際にもらえたのは僅か1年ちょっとの期間でした。

私は夫とは連絡が取れなくなっていたので、夫に催促をすることができませんした。

そのため、私は女手一つで子供のために稼がなくてはならなくなりました

子供が中学校を卒業するまでは、行政から育児手当をもらえていたのですが、高校からは手当が出なくなりました。

私は子供には苦労をさせたくないと思っていたので、子供を大学へ行かせて、その後は公務員か安定している大企業で働いて欲しいと思いました。

教育ローンや学資ローンで借り入れをした

そのため、子供には教育費を惜しみなく掛けました

私は、子供を大学へやる際に田村郡にある信用金庫で教育ローンの借り入れをしました。

また、そのお金だけでは子供への仕送り資金が足りなかったので、私は田村郡にある銀行から学資ローンも受けました

子供には留年をしたら学費を渡すことができなくなると、念を押していたこともあって、子供は頑張って勉強をしてくれたようで、子供は留年をすることなく大学を卒業することができました。

子供は大学生時代に高校の教員免許を取ったので、大学を卒業後は、他県の高校で働くことになりました。

私は、その時には既に借金をトータルで300万円ぐらい抱え込んでいました

月々の支払いで、生活が困窮をする状態となっていたので、私は自分の借金を整理しようと思いました。

私は債務整理を実施することを決めたのですが、私が借金で困っていることは子供には内緒にしました。

子供に自分のせいで、母親が借金で困っているという罪悪感を感じさせたくなかったからです。

抱えた借金問題を解決するために借金相談をした

探してみると、田村郡内には法律の専門家に借金相談ができる所があったので、私はそこに出向いて、率直に債務整理をしたいということを言いました。

借金相談では、自分の負債総額や所得、保有資産などについて説明をしたのですが、相談を受けてくれた法律の専門家からは個人民事再生を行うのが適切との言葉を受けました。

私は個人民事再生に関する詳細な説明を受けたのですが、そのやり方に納得ができたので、個人民事再生を実施することにしました。

債務整理をするための資料集めに着手

裁判所への個人民事再生の申立ては、私が相談をした法律の専門家がやってくれることになったのですが、そのためには、まず、私が資料集めをして、法律の専門家に集めた資料を渡す必要がありました

私は法律の専門家から、「委任状」、「住民票」、「給与明細・源泉徴収票」、「水道光熱費や通信費などの領収書」、「預金通帳の控え」、「自動車の車検証」、「各種保険証券」などの収集を依頼されました。

その後、私が手渡した資料に基づいて、法律の専門家は、裁判所に申立てをするための書類として、「申立書[陳述書]」、「債権者一覧表」、「個人再生手続きのチェックリスト」、「財産目録家計収支表」、「個人再生添付書類の一覧表」を作成して、裁判所に個人民事再生の申立てを行ってくれました。

個人民事再生の処理の流れは、「裁判所に個人民事再生の申立て」→「個人民事再生の手続きが開始」→「裁判所から各債権者へ債権届出を送付」→「申請者から債権認否一覧表を裁判所に提出」→「申請者は再生計画案を裁判所に提出」→「書面による決議を実施」→「裁判所で再生計画の認可が決定」→「個人民事再生の処理が完了」のように行われていきました。

私は適宜、個人民事再生の申立てを裁判所にしてくれた法律の専門家から仕事の進み具合の報告を受けていてので、安心して相談をすることができました。

個人民事再生で債務整理を行った結果、借金を大きく減らすことができた

個人民事再生を行ったことによって、私の抱えていた借金の総額は約100万円にまで大きく減らすことができました。

この100万円を5年掛けて返済すればよいということになったので、月々の返済額は1万7千円ぐらいとなりました。

毎月1万7千円ぐらいの支払いなら問題なく、続けることができるので、私は悩んでいた借金問題から解放されました

子供は既に独り立ちをしたので、今後は私は自分の老後の事を考えて、借金を全額返し終えた後は、老後資金を蓄えたいと思っています。

できれば、今抱えている借金は繰り上げ返済をして、早期に完済ができればと考えています。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

田村郡で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

田村郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。