債務整理ガイド » 滋賀県 » 蒲生郡

蒲生郡で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

蒲生郡で、借金苦となっている方を救済している弁護士と司法書士の法律事務所の一覧表です。

借金返済に苦しんでいる方を債務整理によって助けている、蒲生郡の法律事務所を提案しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して蒲生郡で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(蒲生郡にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(蒲生郡にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)

サンク総合法律事務所

お勧め度
HP サンク総合法律事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 月間600件以上の相談実績
  • 初期費用0円
日本全国対応 〇(蒲生郡にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話 0120-613-025
債務整理の料金
  • 過払金請求:報酬金19,800円+過払金報酬20%
  • 任意整理:着手金39,800円+報酬金19,800円+減額報酬10%
  • 個人再生:500,000円~
  • 自己破産:450,000円~
蒲生郡の地図

蒲生郡にある弁護士事務所

日野町勤労福祉会館相談室

債務整理の無料相談
所在地 蒲生郡日野町河原一丁目一番地
MAP
営業時間 奇数月第1月曜日13:30-16:00(祝日・年末年始は休み)
電話 0748-52-1219
電車アクセス 近江鉄道本線 日野駅

蒲生郡で実施されている行政による弁護士法律相談会です。 借金相談をするには、事前予約をしたうえで、日野町勤労福祉会館にまで来所していただく必要があります。

「新型コロナウイルスに感染してしまい、その間、働くことができなかったために収入が減ってしまい、さらに医療費にお金が掛かったので、借金返済が困難となった」、「転職を何度も繰り返した結果、給料が下がってしまい、生活苦からサラ金などの金融機関から借り入れを続けたために借金まみれとなってしまった」、「連帯保証人になっていた結果、保証債務によって借金の肩代わりをしなければならなくなったが、その借金が多額なので困っている」などといった金銭面で追い詰められている方々には、弁護士は借金相談後に個々の事情にマッチした債務整理の手続きを行うことで、借金問題をスムーズに解決へと導いています。

蒲生郡の当所で実施している、法律相談会は一人当たりの相談時間を30分までとしています。ですから、債務整理をしたいなどの法的な悩みごとを抱えている方は、当所で相談を受ける前に、事前に要点を整理した資料を作成して、相談を受ける際にその資料を持参していただくことをお勧めします。弁護士に資料を見せながら説明をすることで、時間のロスなく説明ができるので相談時間を有効に使うことができます。

蒲生郡にある司法書士事務所

該当なし

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、蒲生郡内の竜王町・日野町の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

蒲生郡で債務整理をする際の関連機関

蒲生郡に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

株式取引で大損をしたので、債務整理を実施しなければならなくなった

債務整理方法 職業 年齢・性別
任意整理 製造業 43歳(男性)
任意整理での債務整理

僕は、蒲生郡に住んでおり、会社勤めをしています。

僕はコツコツと真面目に貯金をするタイプだったのですが、低金利時代だったため銀行に定期預金をしても、雀の涙程度の利息しか付きませんでした。

銀行ATMで土日にお金を下ろすと手数料が取られるので、その手数料を考えると銀行にお金を預けておくことが馬鹿らしくなりました。

銀行にお金を預けても低金利でしか運用できないため、老後のことを考えるともっと高金利で運用をする必要がありました。

そこで、僕はお金の投資方法について色々と調べたのですが、銀行預金以外の投資先は不動産か株式が一般的だということが分かりました。

不動産投資をやるにはまとまった多額のお金が必要なので、僕には無理でした。

そこで、僕は株式投資をすることにしました。

僕は蒲生郡にある書店で、株式取引入門の本を購入して、株式取引の勉強をしました。

その本を読み終えた後、僕はネット証券会社に申し込みをして、自分専用の株取引口座を作りました。

そして、少額から株取引を始めてみました。

僕が株取引を始めた頃は、アベノミクスによって日本の株式市場の株価は上昇をしていました。

僕はその流れに乗ることでき、保有している株の含み益が増えていきました。

僕は、もっと投資額を増やしたいと思ったので、蒲生郡にあったキャッシング会社から融資を受けて、投資用のお金を用意して、株の買い増しをしました。

株の買い増しをしてから半年ぐらいの間は順調に保有している株の株価は上昇をしていきました。

そんな時に、新型コロナ感染症が中国ではやり始めました。

最初の頃は対岸の火事だと思っていたのですが、新型コロナは日本にも飛び火をして、その後、アジアだけでなくアメリカやヨーロッパにまで、感染が広まってしまいました。

その結果、物流がとまってしまい、企業業績の悪化の懸念によって、全世界の株式が暴落をし始めました。

僕は、保有している株を急ぎで売りに出したのですが、暴落中は買い手がつかず、株価が下がるのを呆然と眺めることしかできませんでいた。

僕がやっと株を売却できた時には、購入した価格より大幅に安い価格となっており、そのために僕は100万円ぐらいの損失を出してしまいました。

キャッシング会社から借りていたお金の残債は約150万円があったので、僕の借金の合計額は合算をすると約250万円にもなりました。

僕は大きな借金を抱えることになってしまい、困ってしまいました。

僕はインターネットを駆使して、借金問題の解決方法を色々と調べてみたのですが、債務整理を行えば問題を解決できることが分かりました。

そこで、僕は蒲生郡で債務整理をサポートしてくれる所を探したところ、蒲生郡の行政で弁護士による借金相談が行われていることが分かりました。

僕はそこで相談をすれば、債務整理のサポートをしてもらえるだろうと思ったので、蒲生郡の行政に出向いて借金相談を受けてみました。

僕は借金相談では相談員の弁護士の方と話をしたのですが、物腰が柔らかい方だったので、あまり緊張をすることなく話をすることができました。

そして、相談員の弁護士と話をした結果、僕の借金は任意整理によって債務整理をすることになりました。

任意整理の手続き自体は、弁護士が行ってくれることになり、僕は進捗の連絡を受けるだけだったので、債務整理を実施する際に手間がほとんど掛かりませんでした。

弁護士が僕の債務整理に取り組んでくれてから3か月ちょっとが経った時に、弁護士から任意整理の手続きが完了したとの連絡を受けることができました。

債務整理によって借金そのものの減額はできなかったのですが、今後は利息の支払いを無しにしてもらうことができました。

また、返済期間の猶予ももらうことができました。

僕は債務整理を実施したことで、完済の目途を付けることができるようになったので、安心をすることができました。

僕は元本保証の無い株式に投資をした結果、大損をしてしまい、お金が減る怖さというのを肌身で体験をしたので、今後の人生では金利は低くとも損のしない国債に限定をして投資を行い、お金の運用をして行こうと考えています。

自分の趣味にお金を費やした結果、債務整理に至ってしまった

債務整理方法 職業 年齢・性別
自己破産 飲食店勤務 29歳(男性)
自己破産での債務整理

僕の趣味はカメラで、学生の頃からカメラで写真を撮るのが好きでした。

僕の被写体は大自然で、広大な森や森に生息している植物などを撮っていました。

学生の頃は移動手段はバイクしかなかったので、近場で我慢をしていました。

ですが、社会人となって働くようになると、車を購入して少し離れた場所にまで、撮影をしに出掛けました。

また、連休がある時には、北海道や九州、沖縄へ、そして、お正月やゴールデンウィーク、お盆などに長期連休を取ることができるときには、海外にまで出掛けていました。

僕が写真を撮るために出掛けた国は、オーストラリア、アメリカ、カナダ、中国、インドなど、かなり多くの国があります。

僕はこれらの国々へ行くための旅費の支払いには、社会人となって暫くしてから作ったVISAのクレジットカードを使っていました。

僕はVISAのクレジットカードを使って支払いを続けているうちに、ショッピング枠の限度額まで使い切ってしまいました。

ショッピング枠の限度額まで使うと、借金返済が進んで、ショッピング枠に空きができなければ、そのカードは使うことができません。

クレジットカードを使えないとなると不便なので、僕はその時に別系統の信販会社であるマスターカードで新しいクレジットカードを作って、新しく作ったカードを利用していました。

僕は、そのようなことを繰り返し行ったために、社会人となって5年目が過ぎようとしていた時には、保有しているクレジットカードの枚数は4枚にまで増えていました。

僕はクレジットカードを使うときは、支払い方法として必ずリボ払いを選んでいました。

リボ払いにすれば、毎月の支払額を低額にすることができるからです。

クレジットカードの枚数が1枚だったときは、リボ払いにすれば返済負担はほとんど感じなかったのですが、クレジットカードの枚数が増えるに従って、リボ払いでも毎月の返済が負担となってしまいました。

そして、僕は毎月1回、必ず払う必要があるクレジットカードの約定返済日に支払いを滞らせてしまいました。

僕が支払いを延滞すると、すぐにそのカードの発行元の信販会社から僕のところに電話連絡が来て、支払いを催促されてしまいました。

僕はこの時に、蒲生郡にあったサラリーマン金融で融資を受けて、そのお金でクレジットカードの返済をしてしまいました。

この行為が、火に油を注ぐ行為だったと気づいたのは、かなり後になってからでした。

借金返済のためのお金を、別の貸金業者から調達をするという自転車操業をやったために、僕の借金総額は一層増えてしまいました。

借金総額が増えた結果、元本に付く利息の金額も高額となってしまい、僕は利息の支払いさえ厳しくなってしまいました。

僕はクレジットカードとサラリーマン金融への借金返済ができなくなって、複数の借入先から取り立てを受けるようになりました。

僕が抱えている借金問題は、既に自分の力だけでは解決は無理だと感じたので、僕は専門家に借金相談をすることにしました。

蒲生郡で借金相談ができるところを探したところ、蒲生郡の役場で弁護士による法律相談が定期的に行われていたので、僕はアポを取ったうえで、その法律相談を受けてみました。

僕は借入先金融機関名と負債額などを書き出したメモ、そして自分の給与明細書などの資料を持参したうえで、相談に臨みました。

僕は蒲生郡の弁護士と30分間弱、話し合いをした結果、弁護士からは借金総額が高額なので、債務整理方法は自己破産を選択したほうが良いとの提案を受けました。

僕は自己破産をすることには心理的な抵抗があったのですが、蒲生郡の弁護士からは僕の場合だと、自己破産をしてもデメリットらしきものは何もないとのことだったので、僕は意を決して自己破産をすることにしました。

その後、自己破産の手続きは蒲生郡の弁護士が僕の代わりに進めてくれたので、スムーズに裁判所の手続きを行うことができました。

蒲生郡の弁護士が破産申し立てをしてから約1年が経った時に、裁判所で僕の債務の免責を認めてもらうことができました。

僕は借金から解放されたので、債務整理を終えた後は、精神的に楽になりました。

僕は、趣味が行き過ぎてしまい自己破産で債務整理をすることになってしまいました。

債務整理となりましたが、僕は写真撮影が好きなのでやめるつもりはありません。

今後は、写真撮影で旅行をするにしても貧乏旅行に徹して、趣味に掛かる出費を大幅に減らすようにしたいと考えています。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

蒲生郡で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

蒲生郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。