債務整理ガイド » 栃木県 » 下都賀郡

下都賀郡で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

下都賀郡で、借金返済に困っている方々を支援している弁護士・司法書士の法律事務所の一覧です。

多額の借入金や多重債務となっている方々に、債務整理を施している下都賀郡の法律事務所を掲載しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して下都賀郡で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(下都賀郡にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(下都賀郡にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)

サンク総合法律事務所

お勧め度
HP サンク総合法律事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 月間600件以上の相談実績
  • 初期費用0円
日本全国対応 〇(下都賀郡にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話 0120-613-025
債務整理の料金
  • 過払金請求:報酬金19,800円+過払金報酬20%
  • 任意整理:着手金39,800円+報酬金19,800円+減額報酬10%
  • 個人再生:500,000円~
  • 自己破産:450,000円~
下都賀郡の地図

下都賀郡にある弁護士事務所

該当なし

下都賀郡にある司法書士事務所

司法書士小板橋香子事務所

債務整理の無料相談
場所 下都賀郡壬生町本丸2丁目2番10号
MAP
受付 月曜日~金曜日10:00-18:00(あらかじめ予約をすれば土曜日・日曜日・祝日も相談可)
TEL 0282-82-1204
鉄道交通 東武宇都宮線 壬生駅

下都賀郡にある当法務事務所では、スピーディかつ的確に、相談者の状況を把握したうえで、問題解決のために丁寧な手続きを行っています。

「デフレの日本経済によって、賃金が全く上がらないため、子供の教育費の支払いのために住宅ローンなどの長期ローンの支払いが厳しくなってしまった」、「複数の金融機関から融資を受けた結果、多重債務者となってしまっているが、借入先の金融機関を金利の低い1社に整理をする借金の一本化を果たしたい」、「新型コロナが流行して以降、現金のやり取りで感染することが無いように、買い物の支払いにはクレジットカードを使っていたが、返済方法をリボ払いにしていたために、借入残高が増えてしまい、その支払いに困り果てている」といったお金の悩みで困っている債務者には、借金相談で借り入れ状況をチェックしてからベストな債務整理の手続きを実行しています。

借金問題を解決するには債務整理を実施することになりますが、その際には信頼できる弁護士、又は認定司法書士に相談をすることが肝要となります。 借金返済に行き詰まってしまったら、一人で悩まずに、下都賀郡の当事務所に相談をしていただきたいです。 借金問題をスムーズに解決することができるようになります。

司法書士優リーガルオフィス

債務整理の無料相談
場所 下都賀郡壬生町大字安塚1923番地1
MAP
受付
TEL 0282-21-7220
鉄道交通 安塚駅

下都賀郡において、不動産や商業登記、債務整理、裁判事務、成年後見、供託業務、帰化申請などの法務に関する手続きを扱っている司法書士事務所です。

「サラ金(消費者金融)からお金を借りたが、所得が減ったために返済ができなくなり、取り立てを受けてつらい思いをしている」、「親戚が貸金業者から借り入れをする時に連帯保証人を引き受けたが、その親戚が自己破産をしたので、保証人となっていた自分が貸金業者から督促を受けていて、その支払いに困っている」、「借金漬けの生活を送っており、毎月、借金返済をしているが、貸付金利が高いために利息分しか払うことができず、このままでは一生、借金を完済することができなさそう」といった経済的にピンチとなっている方々には、借り入れ状況の聞き取りをするべく借金相談をしてから、各ケースにピッタリとあった債務整理を実施しています。

なお、下都賀郡の当所は、法テラスの会員なので、債務整理をしたいがそのための費用の捻出がすぐにはできそうもないという方に対して、民事法律扶助制度を利用できるようにしています。この制度を使うには、法テラスで定めた一定の資力基準を下回っている必要がありますが、条件をクリアしていれば、債務整理の費用の支払方法を月々5千円から1万円程度の月賦払いにすることができます。

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、下都賀郡内の野木町・壬生町の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

下都賀郡で債務整理をする際の関連機関

下都賀郡に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

脱サラして自営業を始めたが、借金まみれになってしまい債務整理を実施

債務整理方法 職業 年齢・性別
任意整理 派遣社員 30歳(男性)
任意整理での債務整理

僕は地元の高校を卒業後に、大手ファミレスの下都賀郡にある店舗で働き始めました。

そこで、僕は10年間働いた後、独立をすることにしました。

仕事量と比較すると僕の賃金はとても安かったので、自分で独立して稼いだ方がお金を稼ぐことができるだろうと思ったからです。

その後、勤めていた大手ファミレスを退職して、僕は自分の店をオープンさせるべく開店準備に入りました。

僕一人だけでお店を回すことを考えていたので、僕はワンオペが可能なラーメン屋を開くことにしました。

僕は下都賀郡の不動産会社を数件周って、ラーメン屋の店舗に向いたテナントを探しました。

そして、ラーメン屋に適したテナントを見つけることができたので、僕は賃貸契約を結んで、そのテナントを借りました。

その後は、借りたテナントの内外装の工事を下都賀郡にあった工務店に依頼をしてやってもらいました。

また、冷蔵庫などの厨房機材を購入して、お店に運び込みました。

これらの開店に必要な費用は、自分が今までにためていた貯金を使って支払いを行いました。

その後、僕はお店を開いたのですが、食材などを買うと、僕の貯金はほとんどなくなってしまいました。

それでも、僕はこれから頑張って稼げば良いと思っていたので、不安に感じることはありませんでした。

いざ、ラーメン店を始めるてみると思っていた程、売り上げをあげることができませんでした。

その結果、僕は生活費が枯渇するようになってしまい、お金に困るようになりました。

家賃や光熱費などの支払いに困るようになり、僕は仕方なく、下都賀郡にあった大手のキャッシング会社で融資を受けて、お金を調達しました。

最初は数万円しか借りなかったのですが、徐々に1度に借りる金額が増えてしまい、あっという間に借金総額は150万円を越えてしまいました。

借金に付く利息金によって、少しづつ借金総額が増えるような状況になってしまい、僕は困ってしまいました。

僕は、このままお店を続けても借金が膨らんでしまうと思い、腹をくくって、店仕舞いをすることにしました。

店仕舞いをするといっても、僕には借金があるので、その借金をどうするかを考える必要がありました。

当然のことながら、店仕舞いをすれば僕は無職になるので、収入は一切なくなってしまいます。

自分だけで自分の借金問題を考えても、自分は債務整理に関する知識を持っていないので限界があると感じたため、僕は下都賀郡で債務整理を行っていた司法書士事務所へ行って、借金相談を受けました。

僕はその事務所で、相談相手である下都賀郡の司法書士と話し合ったのですが、僕は無収入になってしまうの自己破産で債務整理を実施するしか他に方法はないとの結論に至りました。

その後、僕は下都賀郡の司法書士のサポートを受けながら、自己破産による債務整理手続きを進めていきました。

債務整理を行った結果、裁判所で僕の借金の全額免除を認めてもらうことができ、僕は抱えていた借金をゼロにすることができました。

債務整理手続きを開始した後、僕は下都賀郡を管轄しているハローワークに通って、仕事探しをしたのですが、何とか派遣の仕事に就くことができ、生活費を稼ぐことができるようになりました。

債務整理を終えた今、僕は派遣社員になりましたが、いずれはもっと安定した仕事に就きたいと考えています。

僕の債務整理の理由は、転職後に所得が不安定になってしまい、借り入れをしたため

債務整理方法 職業 年齢・性別
個人民事再生 会社員 35歳(男性)
個人再生での債務整理

僕は元々は下都賀郡で運送関係の仕事に就いていたのですが、腰を痛めてしまいました。

そのため、僕は重い物を扱わない仕事に転職をすることにしました。

僕が転職先に選んだのは、保険会社です。

仕事内容は保険の営業なので、重い物は扱わないため、これ以上、腰を傷めることはないだろうと思って、この仕事を選びました。

当時、僕は既に結婚をしていて、一戸建てに住んでいました。

家を購入する際には銀行で住宅ローンを組んだので、毎月、住宅ローンの支払いをしていました。

保険会社の仕事は主に外回り営業でした。

個人のお宅への飛び込みの仕事が多く、何度も門前払いを受けて、心が折れそうになることが何度もありました。

保険会社からもらえる月給は、固定費として10万円、それ以上は営業実績に応じて支払われる歩合制でした。

僕は営業成績が順調な月には20万円程を稼ぐことができましたが、ダメな月には13万円ぐらいしか稼ぐことができませんでした。

その結果、月々の生活費が不足するようになってしまい、僕は生活費を補填するべく、持っていたクレジットカードを使ってキャッシングをして、生活費の不足分を補っていました。

その後、僕はクレジットカードで頻繁にキャッシングを行った結果、カードを発行している信販会社によって設定されたキャッシング枠の上限一杯までお金を借り切ってしまいました。

そのため、僕は新たな借入先として、下都賀郡にあったサラリーマン金融でもお金を借りるようになってしまいました。

その結果、僕は多重債務者になってしまいました。

僕は、借金の支払いをするために借金をするということまで行った結果、総量規制という貸金業者から借り入れをすることができるのは、年収の1/3までという規制の制限に引っかかってしまい、これ以上、貸金業者からお金を借りることができなくなりました。

複数の借入先から借金返済の督促状が自分の住まいに送られてくるようになり、僕は追い詰められてしまいました。

このままだと、所有している自宅を失ってしまうと思ったので、僕は自分の借金について債務整理の専門家に相談をすることにしました。

調べてみると、下都賀郡で債務整理を行っている法務事務所があったので、僕はその方の事務所へ赴いて、自分の借金の対処方法について相談をしました。

借金相談をした結果、自分のケースでは個人民事再生で債務整理を行うことが適切ということが分かりました。

個人民事再生には、住宅ローン特則という決まりがあって、この適用を受けると自宅を失わずに、住宅ローン以外の負債を大幅に減らすことができるとのことでした。

その後、僕は相談をした下都賀郡の法務事務所の協力を得つつ、個人民事再生で債務整理の手続きを行っていきました。

裁判所に返済計画書などを提出する必要がありましたが、下都賀郡の法務事務所が裁判所に提出する書類の作成に協力をしてくれたので、スムーズに行うことができました。

個人民事再生で債務整理を実施したことで、住宅ローンの借金は以前のままですが、それ以外の借金を約120万円にまで圧縮することができました。

借金問題を抱えてからは、妻がパート仕事に出てくれていたので、債務整理後は何とか借金の返済をしつつ、生活を維持できそうです。

今考えてみると、もっと早い段階で、債務整理の専門家に借金相談をするべきでした。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

下都賀郡で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

下都賀郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。