債務整理ガイド » 新潟県 » 東蒲原郡

東蒲原郡で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

東蒲原郡で、借金の支払いに苦労している方を助けている弁護士と司法書士の法律事務所のリストです。

多額の負債を負って困っている方に、債務整理を行うことで借金問題をクリアにしている東蒲原郡の法律事務所を案内しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して東蒲原郡で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(東蒲原郡にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(東蒲原郡にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)

サンク総合法律事務所

お勧め度
HP サンク総合法律事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 月間600件以上の相談実績
  • 初期費用0円
日本全国対応 〇(東蒲原郡にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話 0120-613-025
債務整理の料金
  • 過払金請求:報酬金19,800円+過払金報酬20%
  • 任意整理:着手金39,800円+報酬金19,800円+減額報酬10%
  • 個人再生:500,000円~
  • 自己破産:450,000円~
東蒲原郡の地図

東蒲原郡にある弁護士事務所

阿賀相談所

債務整理の無料相談 ×
所在地 東蒲原郡阿賀町鹿瀬8931番地1号 阿賀町役場 鹿瀬支所 3F
MAP
営業時間 水曜日13:30-16:00(電話受付:月曜日~金曜日9:00-12:00 13:00-17:00)
電話 025-222-5533
電車アクセス 磐越西線 鹿瀬駅

東蒲原郡で定期的に実施されている、弁護士による法律相談です。 法律相談を希望される方は、前もって電話で予約を入れる必要があります。

「娯楽のために趣味や旅行などにお金を掛けていたが、支払いにリボ払いのクレジットカードを使っていた結果、借入総額が膨らんで、完済をするのが厳しくなった」、「円安による物価高のために生活費が足りなくなってしまい、やむ負えず、銀行カードローンを使ってお金を借りたが、その借金の返済に行き詰まってしまった」、「自動車をマイカーローンを組んで購入をしたが、ガソリン代、駐車場代、自動車保険、車検代などの諸経費が想定していた以上に高くで、マイカーローンの支払いの継続が困難となってしまった」といったお金の悩みで困っている債務者には、弁護士は事情を知るために借金相談をしてから的確といえる債務整理を行っています。

なお、東蒲原郡の当所に債務整理の相談や打ち合わせをするためにお越しいただく際は、お客様自身のクルマを利用することができます。 当所には無料駐車場があるので、駐車代を気にすることなく弁護士と話しをすることができます。

東蒲原郡にある司法書士事務所

該当なし

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、東蒲原郡内の阿賀町の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

東蒲原郡で債務整理をする際の関連機関

東蒲原郡に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

多重債務者になってしまい、債務整理を実行

債務整理方法 職業 年齢・性別
個人破産 事務員 30歳(女性)
自己破産での債務整理

私は、生まれも育ちも東蒲原郡で、短大を出てから地元で会社勤めをしています。

私は趣味らしい趣味は無かったのですが、買い物が好きだったので、会社が休みの週末の土日には繁華街に赴いて、ウィンドウショッピングを楽しんでいました。

私は社会人になってからほどなくして、大手の信販会社に申し込みをして、クレジットカードを作成しました。

クレジットカードを作るまでは、買い物の際は現金で支払いをしていたのですが、クレジットカードを手にしてからはカードばかり使うようになりました。

その結果、現金で支払いをしていた時は、財布の中のお金が足りなくて買わずに我慢することがあったのですが、カードで支払うようになってからは購入商品の値段をあまり気にすることなく購入をするようになりました。

そのため、私は自分の身の丈に合わない、高級ブランドの衣服や化粧品などを購入するようになりました。

私はクレジットカードで買い物をする際は、常に支払方法としてリボルビング払いを選択していました。

リボルビング払いにすると、毎月やってくる必ず返済をしなければならない約定返済日の支払額が低額で済むからです。

カードの利用額が多いのに、毎月の返済額は少額だったために、徐々にカードの借入残高が膨らんでしまいました。

その後、暫くすると、私は信販会社によってカードに設定されていたショッピング枠の上限額まで借り入れをしてしまいました。

ショッピング枠の上限額まで使い切ってしまうと、そのカードは次の月の約定返済日が来て、借金返済を行った後でないと、カードを利用できなくなります。

私は、カードで支払うことが当たり前となっていたため、今更、現金払いに戻りたくなかったので、即日発行できるクレジットカードに新規で申し込みをしました。

そして、手にした新しいクレジットカードを使って、買い物を続けました。

このようなことを繰り返した結果、私が保有するクレジットカードの枚数は合計5枚にまで増えてしまいました。

私は常にカードを使った際の支払方法には、月々の返済額を少額にできるリボルビング払いを選んでいたのですが、6枚もカードがあるため、個々のカードでは月々の支払額は少額でもトータルでは月々の支払額は高額となってしまいました。

その結果、私は支払いが厳しくなってしまい、返済を滞らせるようになってしまいました。

私は約定返済日に支払いができなくなったために、当然のことですが、カードの発行会社から督促の電話連絡を受けるようになりました。

既に、自力で借金問題を解決することができる状態でないことは分かっていたので、私は自身の債務整理を行うべく、債務整理の専門家に借金相談をすることにしました。

私は東蒲原郡で債務整理の専門家を探したのですが、見つけることができませんでした。

ですが、東蒲原郡で弁護士の出張相談を実施していることが分かったので、私はそこに電話で借金相談ができるかを聞いてみました。

すると、借金相談を受けていることが分かったので、私は相談日時の予約を入れてから、約束の日に弁護士と面談をしました。

私が抱えている借金について、弁護士と色々と話しをした結果、弁護士からは個人破産をすることをおすすめされました。

私の月収と比べると借金総額が高額なので、個人破産をして借金をスッキリとさせた方が良いとの判断でした。

私はその後、相談をした東蒲原郡の弁護士に、個人破産手続きで私の借金の債務整理を行ってくれるように、仕事を頼みました。

それから約8ヵ月ぐらい経った時に、東蒲原郡の弁護士から連絡が来て、個人破産による債務整理が完了して、私の借金は消滅したとの朗報を聞くことができました。

債務整理を行った後は、私は今まで使っていたクレジットカードは全て使えなくなったので、現金生活を送っています。

現金生活は不便な面がありますが、借金をせずに済むので、再度、借金苦になってしまうことを避けることができるという一面もあるので、今の自分には合っていると思っています。

ギャンブルにハマって借金をした結果、債務整理が必要となった

債務整理方法 職業 年齢・性別
特定調停 会社員 31歳(女性)
特定調停での債務整理

私は元々は真面目な性格で、賭け事とは程遠い生活を送っていました。

真面目に働いていたのですが、私が住む東蒲原郡は田舎ということもあって、安月給でした。

私の生活は、「働けど働けど、我が暮らし楽にならず」の状態でした。

私は、この状態を打開したいと思い、今やっている仕事以外でお金を稼ぐ方法はないものかと探していました。

そんなときに私が出会ったのは、スマートフォンを使って気軽に取り引きができるオンラインカジノでした。

オンラインカジノは、ちょっとした空き時間があればできたので、副業としてピッタリでした。

私は、仕事合間のお昼休憩中や会社から帰宅した後に、オンラインカジノでギャンブルをするようになりました。

オンラインカジノをやり始めた頃は、まずは少額でやってみようと思ったので、毎日、千円程度しかお金を掛けませんでした。

ですが、それだと、せっかく勝っても少額しか勝ち金をもらえないので、勝ったという実感があまり湧きませんでした。

私はオンラインカジノに徐々に慣れてくると、少額で掛けるのは時間がもったいないと思うようになりました。

その結果、私はギャンブルの掛け金を増やすようになり、1日で1万円以上使うようになりました。

その頃には、私の金銭感覚はおかしくなっていたのだと思います。

その後、私はオンラインカジノで大負けをしてしまい、貯金のほぼ全てを使い果たしてしまいました。

私は生活費が足りなくなったので、私の給与が振り込まれていた東蒲原郡の銀行でローンカードを作って、そのカードを使ってお金を借りて生活費に充てました。

そんな生活を送った結果、少しづつ銀行のローンカードによる借金が増えてしまい、私はその借金の支払いに困るようになりました。

私は借金返済を滞らせるようになってしまった結果、債権者である銀行から取り立てを受けるようになり、追い詰められてしまいました。

銀行から借りたお金には同然のことながら利息が付くので、このままでは利息によって状況は悪化の一途をたどるということは安易に予想が付きました。

そのため、私は真剣に自分の借金問題の解決に取り組むことにしました。

私は自分の銀行からの借入金を債務整理したいと思ったので、東蒲原郡で出張法律相談を実施していた弁護士の所へ行って、自分が抱えている借金について解決方法の相談をしました。

借金相談では、私は持参した借金と収入に関する資料を元に、弁護士に現在の自分の状況を伝えました。

すると相談をした弁護士からは、特定調停で債務整理を行うのが適切とのアドバイスを受けました。

私は正社員として安定収入を得ているので、特定調停によって毎月支払う借金の返済負担を軽くすることができれば、今の借金を完済することができるとのことでした。

私は、債務整理についての詳しい知見を持つ弁護士のアドバイスを聞き入れて、その後、弁護士のサポートを受けながら特定調停の手続きを行いました。

特定調停による債務整理の手続きは、東蒲原郡を管轄している簡易裁判所で、調停委員の仲裁のもと、債権者と協議をするという形で実施がされました。

債権者と話し合いをした結果、次回の借金の支払い分から貸付利率を0%にするということで合意に至りました。

私は債務整理を行ったことで、私が抱えている借金にこれ以上、利息が付加されることが無くなりました。

そのため、月々の借金返済の額を減らすことができ、なんとか生活を維持しながら借金返済を継続できるようになりました。

私は、ギャンブルが原因で債務整理に至るという痛い目をみたので、多額の借金を抱えて以降は、私はきっぱりとギャンブルからは足を洗っています。

今考えると、ギャンブルで深みにハマらず、早期に債務整理を実施したことは正解でした。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

東蒲原郡で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

東蒲原郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。