債務整理ガイド » 愛知県 » 丹羽郡

丹羽郡で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

丹羽郡で、借金返済に行き詰まっている方々に債務整理を施している弁護士と司法書士の法律事務所の一覧リストです。

負債のために生活が困窮している方々を救済している、丹羽郡の法律事務所を案内しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して丹羽郡で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(丹羽郡にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(丹羽郡にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)

サンク総合法律事務所

お勧め度
HP サンク総合法律事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 月間600件以上の相談実績
  • 初期費用0円
日本全国対応 〇(丹羽郡にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話 0120-613-025
債務整理の料金
  • 過払金請求:報酬金19,800円+過払金報酬20%
  • 任意整理:着手金39,800円+報酬金19,800円+減額報酬10%
  • 個人再生:500,000円~
  • 自己破産:450,000円~
丹羽郡の地図

丹羽郡にある弁護士事務所

こじま法律事務所

債務整理の無料相談 ×
所在地 丹羽郡扶桑町柏森辻田332
MAP
営業時間 平日9:00-17:30(土日祝は定休日)
電話 0587-22-7720
電車アクセス 名鉄特急・犬山線 柏森駅

丹羽郡の当法律事務所では、法律に関する身近な相談役となるべく、力を尽くしています。

「派遣労働者などの非正規雇用のために賃金が安く、生活苦となっているので、サラ金やクレジット会社などの貸金業者から生活費のためのお金を高頻度で借りた結果、借金地獄となってしまった」、「治りづらい病気になったために、医療費がかさんでしまい、医療費を捻出するために銀行カードローンを使っていたので、借金が膨らんで、その支払いに困っている」、「不況によるリストラで、失業や転職を余儀なくされたために、収入が落ち込んでしまい、消費者金融や街金などの金融業者から融資を受けて、生活費の不足分を補っていた結果、借入総額が高額となってしまい借金返済ができなくなってしまった」といった方々に、弁護士は借金相談で事情を聞いてから、最良な債務整理の手立てを実施しています。

なお、丹羽郡の当所で借金相談をした際の手続きの流れは、「当所に相談の概要を説明して、予約をする」→「予約した日時に当所に来所する」→「弁護士が的確な債務整理の方法を提案」→「相談後に当所に仕事を依頼する場合には、費用を説明」→「債務整理の方向性や費用に納得して頂いた場合には、契約書を作成」→「弁護士は借金問題を解決するための手続きに着手」となります。

丹羽郡にある司法書士事務所

該当なし

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、丹羽郡内の大口町・扶桑町の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

丹羽郡で債務整理をする際の関連機関

丹羽郡に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

浪費を続けてしまい、債務整理に至ってしまった

債務整理方法 職業 年齢・性別
私的整理 事務スタッフ 31歳(女性)
任意整理での債務整理

私は、丹羽郡に住んでいます。

丹羽郡は、私の生まれ育った場所のため、近所に友達が大勢います。

そのため、私は仕事が休みの日は、友達と遊びに出掛けて、そのついでにランチやディナーを楽しんでいました。

私は、これらの遊興費や交際費の支払いでは、所有していたクレジットカードを使っていたのですが、支払方法としてリボルビング払いを選んでいました。

私が好んでリボルビング払いを選んでいた理由は、クレジットカードの借入残高が高額となっていても、月々の支払額を少ない金額にできるからです。

私は最初は、クレジットカードを1枚しか持っていなかったのですが、良く利用するお店でポイントをためることができたり、特典を受けるために、別の系列のクレジットカードを新規に作成をしてしまい、徐々にカードの枚数が増えてしまいました。

そんなことを長年続けてきたために、私のクレジットカードの借入残高は少しづつ金額が増えていきました。

そして、私が行き着いたところは、月々の借金返済のために生活が苦しくなるという状態でした。

リボルビング払いにすれば、確かにカード1枚当たりの月々の返済額は少額にできるのですが、カードの枚数が増えたことによって、「ちりも積もれば山となる」ということわざのように、私の月々の借金返済額の総額は増えてしまったからでした。

その結果、私は度々、借金返済を遅滞するようになってしまい、支払いが遅れるたびにクレジットカード会社の債権回収担当者から電話で連絡が来て、返済を催促されるようになりました。

私は、債権者から督促を受ける都度、精神的なプレッシャーを受け、胃がキリキリと痛みました。

私はこのままだと健康を害してしまうと感じたので、自分の借金問題と真剣に取り組むことにしました。

私は友達に自分の借金について相談をしてみたのですが、友達からは借金の整理をするには債務整理を扱っている弁護士もしくは司法書士に相談をすると良いということを教えてもらいました。

その後、私は丹羽郡で業務内容として債務整理を扱っている法律事務所を見つけることができたので、事前に電話で連絡をしてから、その事務所に借金相談をするために出向きました。

私は弁護士と話しをするのは初めての経験だったので、緊張をしましたが、要点を紙に書いて持って行っていたので、何とか私の事情を弁護士に伝えることができました。

弁護士は、私の説明を一通り聞いた後、債務整理の手段として私的整理を私に案内してくれました。

丹羽郡の弁護士から受けた説明では、私的整理とは借入先の金融機関と直に今後の支払方法について交渉を行って、和解を図る債務整理方法とのことでした。

そして、私的整理による債務整理の手続きは、相談をした丹羽郡の弁護士が私の代理人となって手続きを進めてくれるとのことでした。

私は丹羽郡の弁護士と話し合いをした結果、その弁護士が信頼できそうだと感じたので、私の借金問題を私的整理で処理をしてくれるように仕事を頼みました。

その後、私は丹羽郡の弁護士から債務整理手続きの要所毎に進捗の報告を受けていたのですが、仕事を頼んでから2か月ちょっとが過ぎた時に、弁護士から債務整理が終わったとの連絡を受けることができました。

弁護士に私的整理による債務整理を依頼した結果、私は全ての債権者に対して、今後は借金の利息を免除してもらえるようになりました。

その結果、私は借金を完済させる目途をつけられるようになりました。

私は、友達付き合いを最優先させた結果、借金苦となってしまい、債務整理をする結果となってしまいました。

私は、債務整理に至ったことを反省して、今後は、友達付き合いをするにしても、お金のあまり掛からない方法を選んで、友達と付き合おうと考えています。

債務整理になった理由は、投資にしくじったため

債務整理方法 職業 年齢・性別
個人再生 会社員 44歳(男性)
個人再生での債務整理

僕は会社員をしているのですが、老後2千万円問題があったので、自分が持っているお金を増やしたいと考えていました。

僕には家族が居るし、僕は住宅ローンを抱えていて、その借金の返済をしていたので、普通に貯金をしていただけでは、お金を増やすことができないことは明らかでした。

そこで、僕は投資をしてお金を殖やすことにしました。

僕は、最初は分かりやすいところで日本株に手を出しました。

有名どころの大手企業の株を買って、2年間ほど保有をしたのですが、ほとんど利益は出ませんでした。

その後、商品先物取引に投資をすれば、成功をすれば大きく稼ぐことができることが分かりました。

そこで僕は、株式投資の投資額を減らして、その代わりに商品先物取引に挑戦をしてみました。

すると、僕は短期間の内に、商品先物取引に投じたお金を約1.5倍にすることができました。

僕は、商品先物取引にお金をもっと投入をすれば、さらにお金を殖やすことができると考えました。

そこで、僕は丹羽郡にあった大手のキャッシング会社で借り入れをして、借りたお金を使って、商品先物取引に投資をしました。

商品先物取引を始めてから、一回の取り引きによる利益額と損失額が増えてしまいました。

商品先物取引は、取り引き商品の価格変動が大きいためです。

そして、時間経過と共に、僕は商品先物取引で損失を多く出すようになってしまいました。

その結果、僕は丹羽郡のキャッシング会社で借りたお金の返済に困るようになりました。

僕はキャッシング会社から取り立てを受けるようになってしまい、途方に暮れました。

僕は家を失いたくなかったので、住宅ローンの支払いだけは死守していたのですが、今の状態が続けば、住宅ローンの支払いも困難となって、家を失ってしまうと思いました。

そのため、僕は自分の借金問題に真剣に取り組むことを決め、家を失わずに債務整理をする方法を模索しました。

インターネットを駆使して、借金問題の解決方法を色々と調べてみたのですが、個人再生という債務整理方法を使えば、住宅資金特別条項という法律の適用を受けることで、持ち家を保有したまま、住宅ローンを除外したその他の借金を大幅に減らすことができることが分かりました。

最初は僕一人だけで個人再生の手続きを試みたのですが、やり方が複雑すぎて挫折をしてしまいました。

僕は、個人再生の手続きは債務整理を扱っている弁護士に頼めば、自分の代わりにやってくれることはインターネットで得た情報で知っていたので、自分一人でやるのではなく、弁護士の協力を得ることにしました。

幸いにも丹羽郡には、債務整理に取り組んでいる弁護士が居たので、僕はその弁護士に協力を頼みました。

その後、僕の代わりに丹羽郡の弁護士が、僕の借金問題を解決するために、個人再生で債務整理の手続きを実施してくれました。

丹羽郡の弁護士が個人再生で債務整理を行った結果、家を維持したまま、住宅ローン以外の借金を110万円程度にまで大きく減らすことができました。

妻はパート仕事をしていたのですが、債務整理を行っている最中にシフト時間を増やして、家計に多くお金を入れてくれることになりました。

その結果、債務整理後は、住宅ローンと債務整理後のキャッシング会社への借金返済を並行して行うことができるようになりました。

僕は投資というより、投機といえる商品先物取引に手を出したために、債務整理に至ってしまいました。

僕は債務整理になったことを反省して、今では、実質的に元本保証のある国債でのみお金を運用するようにして、投資による損失がでないようにしています。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

丹羽郡で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

丹羽郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。