債務整理ガイド » 愛知県 » 丹羽郡 » 扶桑町

扶桑町で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

扶桑の町章 丹羽郡扶桑町で、借金返済に行き詰まっている方に債務整理を行っている弁護士と司法書士の法律事務所です。

貸金業者から融資を受けたが、その返済に窮している方々を支援している扶桑町の法律事務所を提示しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して扶桑町で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(扶桑町にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(扶桑町にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)

サンク総合法律事務所

お勧め度
HP サンク総合法律事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 月間600件以上の相談実績
  • 初期費用0円
日本全国対応 〇(扶桑町にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話 0120-613-025
債務整理の料金
  • 過払金請求:報酬金19,800円+過払金報酬20%
  • 任意整理:着手金39,800円+報酬金19,800円+減額報酬10%
  • 個人再生:500,000円~
  • 自己破産:450,000円~
扶桑町の地図

扶桑町にある弁護士事務所

こじま法律事務所

債務整理の無料相談 ×
所在地 扶桑町柏森辻田332番地
MAP
こじま法律事務所
営業時間 月曜~金曜9:00-17:30(土曜・日曜・祝日は休み)
電話 0587-22-7720
電車アクセス 柏森駅

お客様との意思疎通を重要視している、扶桑町にある弁護士事務所です。 お客様と直接会って話しを聞くことが大切だと考えているので、当所では出張相談にも応じています。

「念願だったマイホームを購入するために、銀行などの金融機関で住宅ローンを組んで家を買ったが、その後の不景気によって所得がダウンしたために、住宅ローンの借金返済が困難となった」、「進学や留学をするために奨学金を借りたが、その後の奨学金の返済のために、生活苦となって困っている」、「地震や火災などの不測の災害に遭ってしまい、災害に因る被害を補填するためにサラ金などの貸金業者からお金を借りた結果、その借金が膨らんで支払いに窮している」などといった借金問題で追い詰められている債務者には、弁護士は借金相談で事件内容をじっくりと精査したうえで、最適と言える各状況にあった債務整理の手立てを行っています。

なお、扶桑町の当事務所で実践可能な債務整理の手立てには、「任意整理(私的整理):融資を受けた金融業者と直接話し合いをすることで返済負担の軽減を試みる」、「個人再生(民事再生):負債を減額した返済計画案を裁判所に提出し、その計画案を裁判所で認めてもらった後、計画に沿って借金返済を行う」、「自己破産(個人破産):経済的に破綻状態となっていて完済が絶望的な場合に、裁判所によって債務を免除してもらう」などがあります。

扶桑町にある司法書士事務所

該当なし

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、丹羽郡扶桑町内の柏森駅の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

扶桑町で債務整理をする際の関連機関

扶桑町役場
扶桑町大字高雄字天道330番地

扶桑町に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

オンラインカジノにハマって、債務整理をすることになった

債務整理方法 職業 年齢・性別
特定調停 飲食店従業員 31歳(女性)
特定調停での債務整理

私は、扶桑町にある大手飲食チェーン店で働いています。

私の仕事はシフト制なのですが、1日の労働時間は、基本8時間となっていました。

残業があるのは、週末の金曜日ぐらいで、それ以外は残業がなく、8時間働いた後、退社をしていました。

私が働いていた会社は本業に影響が出なければ、副業をすることがOKでした。

そのため、私は自分にもできる副業がないかと探していました。

できることなら、「空き時間に簡単にお金を稼ぐ方法があれば良いなぁ」と考えていました。

そんなときに、私が出会ったお金を稼ぐ方法は、スマホを使って行うことができるオンラインカジノでした。

オンラインカジノは、空き時間が10分もあれば楽しむことができました。

私はオンラインカジノを始めたばかりの頃は、誰でもが知っているルーレットをやってみました。

すると、ビギナーラックなのか、私はお小遣い程度のお金を稼ぐことができました。

これに味を占めた私は、所有していたクレジットカードを使って、高額課金をして、徐々に掛け金を増やすようになってしまいました。

私はオンラインカジノをやるようになってから、完全に金銭感覚が狂ってしまいました。

私はオンラインカジノをやる前は、千円程度でも大金と感じていたのですが、オンラインカジノにすっかりとハマった後は、一万円程度でははした金と感じるようになっていました。

その結果、オンラインカジノでの掛け金を増やすことになってしまい、勝てば大金を手にすることができましたが、負けた時は大敗を喫してしまい大損をしてしまいました。

私は、仕事が終わった後、毎日のようにオンラインカジノをやるようになり、やればやるほど徐々にクレジットカードでの課金による借金が増えていきました。

今、冷静になって考えてみると、オンラインカジノを運営しているディラーは運営費が掛かる訳で、その運営費のお金をどこから得ているかを考えてみると、それはオンラインカジノを利用している客からでした。

だから、オンラインカジノでお金を賭けると、運が良くて勝つことができても、長期的にみるとトータルで負けてしまうのは必然でした。

私は、オンラインカジノで課金するのにクレジットカードを使っていたのですが、その借金返済に困るようになりました。

私はカードを発行している信販会社の債権回収担当者から取り立てを受けるようになってしまい、苦境に立たされてしまいました。

このまま自分の借金を放置すると状況が悪くなるのは分かりきったことだったので、私は自分の借金問題と向き合うことにしました。

運が良いことに扶桑町には、債務整理を行っている法律事務所がありました。

私は扶桑町にあるその事務所に電話で借金相談の予約を入れてから、指定の日時にその事務所に赴きました。

その後、私は扶桑町の弁護士に私が負っている借金について、対応方法を相談しました。

私は扶桑町の弁護士に自分の借金状況と返済能力に関して説明をした後、弁護士と債務整理に関する意見交換をしました。

その結果、特定調停で債務整理を行うことに決まりました。

扶桑町の弁護士から受けた説明では、特定調停は借金総額が多くない場合に適している債務整理方法だとのことでした。

私の借金総額は約120万円あったのですが、弁護士によると債務整理を行う借金の金額としては少ない金額なので、特定調停で債務整理を行うのが適していると教えてもらうことができました。

そのため、私は扶桑町の弁護士の手ほどきを受けながら債務整理を実現するために、特定調停の手続きを進めていきました。

私は扶桑町の弁護士から的確な助言を得ることができたので、スムーズに特定調停によって債務整理を行うことができました。

そして、債務整理を行った成果として、次回の支払いから利息を免除してもらうことができました。

私は毎月の利息の支払いが大きな負担となっていたのですが、それが無くなったことで、月々の返済を続けられるようになりました。

今はギャンブルによって債務整理となってしまったことを深く反省し、私はギャンブルからは完全に足を洗いました。

私は、今は借金を完済させることに注力をして、極力、無駄遣いをしないように心掛けています。

住宅ローンの連帯保証人になっていたために、債務整理をすることになった

債務整理方法 職業 年齢・性別
個人破産 清掃会社勤務 40歳(女性)
自己破産での債務整理

私は20代の半ばに結婚をしたのですが、その後、夫と性格があわず、ケンカすることが増えた結果、離婚をしました。

私たち夫婦には子供が居なかったのですが、離婚後は私は養育費などのお金を元夫からもらうことはできませんでした。

元夫は結婚して2年ぐらいした時に、扶桑町にある信用金庫でマイホームローンを組んで家を建てました。

その借金返済は、元夫が支払いを行っていました。

そのため、離婚後は私が今まで夫と共に住んでいた家を出て、扶桑町で新たに借りた賃貸アパートに引越しをしました。

そして、私は独身生活に戻って、昔の友人と旅行などを楽しむようになりました。

そんなある日、私の住んでいるアパートに扶桑町の信用金庫から郵便物が送られてきました。

郵便物の中身を確認してみると、借金の督促状でした。

私は借金をした覚えはなかったので、初めは何の事だろうと理解できませんでした。

ですが、郵便で送られてきた書面をよく確認してみると、私が夫が借りたマイホームローンの連帯保証人になっていたので、その借金の返済請求を受けていることが分かりました。

私は、借金をした本人である元夫が本来ならマイホームローンの返済を続けているはずなのに、なぜ私のところに返済の請求が来たかが理解できませんでした。

そこで、私は郵便物の書面に書かれていた信用金庫の担当者に電話をして、事情を聞いてみました。

すると、元夫はマイホームローンの返済ができなくなったので、個人破産をして、家を処分したそうです。

ですが、家を売った売却益をマイホームローンの借金返済に充てても、まだ残債が残っているとのことでした。

この残債の返済義務は、元夫は個人破産をしたので免除をされていて、そのためにマイホームローンの連帯保証人だった私に保証債務の責任が発生して、私が返済の請求を受けていることが分かりました。

私が信用金庫から受けた借金の返済請求額は約600万円でした。

本来はもっと少ない金額だったのですが、元金の利息や遅延損害金が借金に加算されたために借金総額が増えたとのことでした。

私にとっては、この600万円という金額は返済できるような額ではなかったので、私は自分に降り掛かった借金を債務整理する必要がありました。

私は債務整理をしたかったのですが、債務整理に関する知識は皆無だったので、扶桑町で借金相談を受け付けていた弁護士に相談をすることにしました。

私は扶桑町の弁護士との面談では、私の事情を説明したのですが、その結果、個人破産をした方が良いということになりました。

私自身も個人破産はやむ負えないと思っていたので、私は面談をした扶桑町の弁護士に個人破産で債務整理を行ってくれるように処理を頼みました。

その後、私は債務整理を頼んだ扶桑町の弁護士から適宜、経過報告を受けていたのですが、仕事を頼んでから10ヵ月ぐらいが経った時に個人破産の処理が全て完了したとの知らせを受けることができました。

個人破産で債務整理を行った結果、私の負債は全て消滅し、私は借金の悪夢から解放されることができました。

今回、私は債務整理を実施しましたが、改めて借金の連帯保証人になることの怖さを痛感しました。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

扶桑町で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

丹羽郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

愛知県
丹羽郡(   扶桑町  )

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。