債務整理ガイド » 岩手県 » 紫波郡 » 紫波町

紫波町で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

紫波の町章 紫波郡紫波町債務整理を手掛けている弁護士または司法書士で、借金問題を解決可能な法律事務所の一覧リストです。

高利貸しからの借り入れによって、借金まみれとなった方の救済を図っている、紫波町の法律事務所を紹介しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して紫波町で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(紫波町にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
↓↓ タップ ↓↓
アヴァンス法務事務所はこちら
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(紫波町にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)
紫波町の地図

紫波町にある弁護士事務所

弁護士相談(紫波町社会福祉協議会)

債務整理の無料相談
所在地 紫波町二日町字古舘三百五十六番地一号 町総合福祉センター内
MAP
弁護士相談(紫波町社会福祉協議会)
営業時間 毎月第三水曜10:00-15:00
電話 019-672-3258
電車アクセス 紫波中央駅

紫波町に住まわれている方々の日常生活の中で起きた、法律問題の悩み相談を受けています

相談員は弁護士で、問題解決のための法的なアドバイスを行っています。

毎回、先着8名までなので、法律相談を受けるためには事前に電話でアポイントをとっていただく必要があります。

「自動車や自宅を購入する際に、金融機関で住宅ローンなどの長期ローンを組んだが、その返済を続けられなくなったので、債務整理を実行したい」、「学生の時分に、返済義務のある奨学金を受けていたが、就職に失敗して、低賃金労働となっているので、借金の支払いが厳しく、借金苦となっている」、「家族の医療費や親の介護費にお金が掛かり、銀行カードローンでこれらのお金を調達していた結果、借金生活から抜け出すことが困難となった」といった方々に対して、紫波町の当所では、弁護士が事情を聴くために借金相談を実施してから、ベストな負債を整理するための提案を行っています。

紫波町にある司法書士事務所

該当なし

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、紫波郡紫波町内の紫波中央駅の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

紫波町で債務整理をする際の関連機関

紫波町役場
紫波町紫波中央駅前二丁目三番地一

紫波町に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

人生で2度も債務整理を体験

債務整理方法 職業 年齢・性別
自己破産 アルバイト(元会社経営) 47歳(男性)
自己破産での債務整理

僕は大学を卒業後、地元である紫波町に戻ってきて、親が営んでいた会社で働き始めました。

僕が親の会社で働き始めた当時は、ちょうど日本経済がバブルの真っ最中だったので、会社の経営状況は良好で、そのため、僕は親から良い給料をもらうことができていました。

僕は、社会人になりたてだったので、今の羽振りの良い状況が当たり前で、この状況が今後もずっと続くものだと考えていました

羽振りの良い生活をした結果、散財をしてしまった

そのため、僕は散財をしてしまい、自動車ローンを組んで高級車を購入し、さらに衣服や靴、時計などは高級ブランド品の物を愛用していました。

僕は物を購入するときの支払いには、クレジットカードを使っていました。

僕は頻繁に高額商品をクレジットカードを使って購入をしていたので、僕が保有しているクレジットカードは借り入れ限度額が高額に設定をされているゴールドカードにランクアップしていました。

当時の僕は、アメリカンエキスプレスと楽天、そしてエポスの計3枚のゴールドカードを所有していました。

これらのクレジットカードを使い回して、高額商品を購入し続けた結果、僕の借金総額は元金に利息が付加されたこともあって、300万円を超えていました

当時の僕は自動車ローンの残債も300万円ほどありました

僕は羽振りが良かったので、これらの月々の支払いを問題なく続けることができていました。

バブル経済の崩壊によって、所得がダウン

ところが、その後、日本経済のバブルが弾けてしまい、親が営んでいる会社の業績は急激に悪化をしてしまいました。

その結果、親からもらっていた僕の給料は減ってしまい、僕は月々の借金返済に困るようになりました。

僕は再三にわたって、債権者であるクレジットカードの発行元から返済請求を受けるようになりました

借金返済のことを考えると、仕事もろくに手に付かない状態となってしまいました。

一時は、親に相談をしようかとも思いましたが、親は会社の再建に注力をしている状態だったので、これ以上を親を煩わすことはできないと思い、自分だけで自分の借金問題を何とかすることにしました。

僕はパソコンを使って、インターネットのブラウザを用いて、借金問題の解決方法に関して、色々と調べてみました。

調べた結果、借入金の整理をすることを、専門用語で「債務整理」と言い、債務整理をするためには、法律に精通した弁護士もしくは司法書士に相談をすれば、自分の借り入れ状況に適した債務整理のやり方を教えてもらえることが分かりました。

そこで、僕は紫波町とその周辺地域で、弁護士もしくは司法書士を探してみたのですが、 あいにく、弁護士、司法書士ともに、いないことが分かりました。

紫波町の行政に借金問題の解決を相談

僕は困り果てて、紫波町の行政に相談をしてみたのですが、すると、月1回のペースで外部から弁護士が紫波町にやって来て、紫波町で法律相談会が開催されていることを教えてもらうことができました。

そこで、僕はその紫波町で行われている法律相談会に事前に予約を入れてから参加をしました。

その時に、僕は弁護士と約30分間、話し合いをしたのですが、任意整理で債務整理を行うということで話しがまとまりました

任意整理は、弁護士が僕の債権者と直接、今後の借金の返し方について合意を図るという債務整理方法でした。

任意整理によって債務整理を行うことができた

弁護士が奮闘をしてくれた結果、任意整理の措置によって、全ての借入先において貸付金利の免除、もしくは低金利を実現することができました。

また、車に関しては、高級車を処分して、その売却代金で、自動車ローンの返済を行いました。

このような措置を実施した結果、僕は自分の借金問題を債務整理を実施したことによって、解決をすることができました

その後、僕はクレジットカードの使用を控えて借金返済に注力をした結果、約5年の期間を掛けて、全ての借金を完済することができました。

親から会社を引き継いだが、赤字経営となった

それから、約10年後、僕が30代の半ばになったときに、親は高齢を理由に現役を引退したので、僕は親から会社を引き継ぎました

バブルの頃は従業員を雇っていたのですが、バブル崩壊と共に経営が厳しくなったので、親が会社を経営していた時代に、退職金を上積みして、全ての従業員には退職をしてもらっていました。

親から会社を引き継いだ時は、何とか家族がご飯を食べていけるだけの利益を上げている状況でした。

親から会社を引き継いでから7年が経過したときに、突然、リーマンショックが起りました。

これを契機に、僕の会社は一気に経営環境が悪化してしまい、毎月、赤字続きとなってしまいました

僕の会社は、紫波町の近郊にある銀行から事業資金の借り入れをしていたので、毎月、その借金返済をしなければなりませんでした。

ですが、会社は赤字経営だったので、銀行に支払いができませんでした。

銀行の担当者から、毎月、利息分だけでもいいから払うように言われていたのですが、僕はそれにも応じることができませんでした。

このままでは、僕は周囲の人に迷惑を掛けてしまうと思い、会社を畳むことに決めました

銀行からの借り入れは、会社名義で行っていたのですが、僕はその連帯保証人になっていたので、会社だけでなく、僕個人の破産手続きも必要でした。

きちんと破産手続きをとれば、借入先である銀行では不良債権として、会計上、貸倒れということで処理をすることができます。

会社の債務整理を弁護士に依頼した

僕は、若い頃に債務整理でお世話になった弁護士に連絡を取った後に、その弁護士に借金相談をしました。

そして、僕は会社を畳むために僕自身と会社の破産手続きを弁護士に依頼しました。

その後、弁護士は破産手続きに取り掛かってくれたのですが、裁判所においては、破産管財人が選出されて、管財事件として扱われました。

会社や僕個人が所有していた、土地などの財産はすべて失うことになりましたが、裁判所で免責決定が出たので、僕の全ての負債は消滅しました。

僕は今現在は、紫波町でアルバイトを複数、掛け持ちすることで生計を立てています。

自分の年齢を考えると正社員として雇ってもらうことは絶望的なので、僕は元手があまり掛からずに独立ができる国家資格を取得して、その後、自分で紫波町で開業をしようかと考えています。

人生、山あり谷ありですが、めげずに残りの人生を頑張りたいと思っています。

借金のために火の車となったが、債務整理でなんとかなった

債務整理方法 職業 年齢・性別
特定調停 介護士 40歳(女性)
特定調停での債務整理

私は、今から10年ほど前に、借金地獄となってしまいました。

そして、それを解消するために特定調停という債務整理を実施しました。

ここでは今、借金問題を抱えて困っている方々の解決のヒントになればと思い、私が借金をするに至った経緯と、実施した債務整理の手順について、叙述したいと思います。

借金の理由は自分の浪費癖

私が借金を重ねてしまった理由は、浪費癖があったからです。

私は紫波町で生まれ育ったので、私の周囲には友達が沢山いました。

私は誘われると断れないタイプなので、仕事が休みになるたびに、友達と一緒に買い物へ出かけたり、カラオケに行ったりしていました。

また、3連休があったときには、有名観光地や冬には温泉などへの国内旅行を楽しみ、年末年始やGW、お盆の時期の長期休暇の時には海外旅行に行くこともありました。

私はこれらの支払いには、持っていたイオンやセゾンのクレジットカードを使っていました。

私は、浪費を続けた結果、クレジットカードを使いすぎてしまい、その結果、その支払いに困るようになりました

この時に私は、紫波町の近郊に自動契約機が設置されていたプロミスでキャッシングカードを作りました。

そして、手に入れたキャッシングカードを利用して、現金を借りて、そのお金でクレジットカードの支払いをしました。

その結果、私の借金総額はより一層増えてしまい、まさに私の家計は火の車状態となりました。

一時は、さらに別の貸金業者からお金を借りて、しのごうかとも考えていたのですが、それでは自転車操業となって、さらに状況は悪くなると考え、思いとどまりました。

借入先から取り立てを受けるようになって追い詰められた

私は、借金返済を滞らせる状態となっていたので、複数の借入先から、督促の電話が掛かってくるようになりました。

その電話に応対しなければならない自分自身のことを考えると、本当に情けなく感じました。

私は既に、自力で自分自身の借金問題を解決できないと思ったので、債務整理に関する知見を有した弁護士に借金相談をすることにしました。

私は雑誌を見ていたときに、その雑誌に法律事務所の広告が掲載されていて、法律事務所に借金相談をすれば、自分に合った債務整理方法を教授してもらえるということを分かっていました。

その後、私は色々と調べたのですが、紫波町で弁護士に借金相談をすることができる所があることが分かったので、予約を入れてから弁護士に相談をしに行きました。

私は弁護士に、自分の借入状況と返済能力などについて話しをしました。

そして、私は現在、金欠でお金がないので、できるだけお金の掛からない債務整理方法を実施したいというリクエストも出しました。

すると、弁護士からは特定調停という債務整理が適切との助言を受けることができました。

弁護士から特定調停は、私自身の手間が増えるが、その分、債務整理費用を抑えることができるということを教えてもらいました。

弁護士のアシストを受けながら特定調停による債務整理を実行した

その後、私は弁護士の協力を得ながら特定調停の手続きを進めていきました。

特定調停に着手して以降は、私は債権者から督促を受けなくなったので、取り立ての電話に恐怖することが無くなったため、気持ち的にはかなり楽になることができました。

その後、私は弁護士の支援を受けながら、裁判所において特定調停の手続きを行いました。

その結果、私は各債権者と今後の借金の支払い方に関して調停を図ることができました

特定調停で債務整理を施した結果、今後の利息カットと分割払いだった返済方法をリボ払いに改めることができました。

債務整理となったが、人生のうえでの良い経験となった

自分の愚かさから多重債務となってしまい、債務整理をすることになりましたが、ある意味、私は良い勉強ができたと思っています。

経済的な失敗をしても、再起を図れるように法整備されている日本の法律にとても感謝をしています。

今現在、私は1日単位で家計の収支管理をしっかりと行うように家計管理を改善したので、無駄遣いをせずに済むようになりました。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

紫波町で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

紫波郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

岩手県
紫波郡(   紫波町   矢巾町  )

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。