債務整理ガイド » 岩手県 » 気仙郡 » 住田町

住田町で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

住田の町章 気仙郡住田町にいる弁護士もしくは司法書士で、借金問題を扱っている法律事務所の一覧です。

借金返済に苦労している方々に債務整理の提案を行っている、住田町の法律事務所を案内しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して住田町で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(住田町にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(住田町にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)

司法書士法人アストレックス

お勧め度
HP 司法書士法人アストレックス
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 着手金無料
  • 過払い金調査無料
日本全国対応 〇(住田町にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:00-21:00日曜10:00-18:00(土曜は完全予約制)
メール・電話
債務整理の料金
  • 過払金請求:基本報酬1社11,000円(税込)+成功報酬(過払金返還額[18%+消費税/訴訟20%+消費税])
  • 任意整理:費用1社33,000円(税込)~+成功報酬(過払金返還額[18%+消費税/訴訟20%+消費税])+事務手数料
  • 個人再生:(住宅賃金特別条項なし)330,000円(税込)+実費/(住宅賃金特別条項あり)385,000円(税込)+実費[再生委員が選出された場合、再生委員への報酬が必要/債権者数が6件超え1件11,000円(税込)加算]
  • 自己破産:(同時廃止)330,000円(税込)+実費/(管財事件)385,000円(税込)+実費+管財費用[債権者数が6件超え1件11,000円(税込)加算]
住田町の地図

住田町にある弁護士事務所

住田町法律相談

債務整理の無料相談 ×
所在地 住田町世田米字川向九十六番地五号 住田町保健福祉センター内
MAP
住田町法律相談
営業時間 毎月1回程度(毎回2組限定)17:00-・18:00-
電話 0192-46-2300
電車アクセス

住田町社会福祉協議会が主催をしている、住田町で実施の弁護士法律相談です。

住田町の当所の法律相談料は、相談者の所得に応じて、お支払いいただいています。

「取り立てを受けていたので、借金返済のために別の金融機関から融資を受けるという、場当たり的な自転車操業を行ったために借金まみれとなったので、債務整理が必要となった」、「家族の借金の立て替えをしたが、そのために、今度は自分が借金苦となってしまった」、「生活費を工面するために銀行や消費者金融などから借り入れをしたが、その結果、借金総額が膨らんでしまい、その支払いに苦慮している」といった方々に、弁護士はまず初めに借金相談をしてから、個々の事情に応じた負債の整理を行っています。

住田町にある司法書士事務所

該当なし

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、気仙郡住田町内の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

住田町で債務整理をする際の関連機関

住田町役場
気仙郡住田町世田米字川向88-1

住田町に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

低賃金にも関わらず、お金を使いすぎた結果、債務整理となった

債務整理方法 職業 年齢・性別
特定調停 食品加工業 29歳(女性)
特定調停での債務整理

私は住田町に住んでおり、そこからほど近い所にある会社で働いています。

私はフルタイムで働いているのですが、住田町というど田舎ということもあって、安月給です。

そのため、私の手取りは月で、14万円ぐらいにしかなっていませんでした。

私は親元を離れて、住田町で賃貸マンションを借りて一人住まいをしています。

本来なら実家で暮らすべきなのでしょうが、私は一人暮らしの生活に憧れがありました。

だから、二十歳になって、自分だけで商取引の契約ができるようになった時に、実家を出てアパート暮らしを始めました。

毎月、家賃に食費、光熱費、電話代などの固定費を支払うと、残りは微々たるものでした。

私はそのような状況の中、友達から遊びに誘われたときに、遊びの誘惑に負けてしまい、お金があまりないにも関わらず、遊びに出掛けていました。

そんな最中、私の友達でアコムのキャッシングカードを使っている人がいて、お金が無い時にさくっと借りられるので、とても便利との話しを聞かされました。

私は金欠の時にキャッシングカードでお金を借りて、給料が出たらその借金返済をすれば、お金で悩まなくて済むのではと思いました。

そこで、私も住田町の近郊にあったアコムの「むじんくん」を利用して、自分専用のキャッシングカードを作りました。

キャッシングカードを作った当初は、お金が足りないときに、住まい近くのコンビニなどに置いてあるATMを使って、簡単に借り入れができるので、とても便利に感じました。

しかし、キャッシングカードを繰り返し使った結果、借入総額が多額となってしまい、月々の返済は利息分ぐらいしかできない状態になってしまいました。

つまり、「働けど働けど、わが暮らし楽にならず」という借金生活から抜け出せない状態になりました。

私は、お付き合いをしている彼がいるのですが、思い切って彼に、自分の借金の対応方法について、相談をしてみました。

すると、彼から、借金問題を解決したいなら、債務整理に関する知識を有している弁護士に相談をする必要があることを教えてもらいました。

そこで、私は住田町で弁護士に相談をすることができる所を探したのですが、不定期で開催されている弁護士相談が住田町で実施をされていることがわかったので、そこの主催者に電話を掛けて、借金相談ができるかを聞いてみました。

すると、担当弁護士は債務整理の実績が多数ある方とのことだったので、私はその法律相談を受けることにしました。

私は予約を入れた後、法律相談の開催日に指定場所に出向いて、弁護士相談を受けました。

私は弁護士に自分の実情を話したのですが、弁護士からは債務整理方法としては特定調停が適切との説明を受けました。

特定調停の利点は、簡易裁判所の調停委員が債権者との仲立ちをしてくれること、そして、債務整理費用をかなり抑えることがありました。

私は、債務整理のためにお金をあまり掛けることができなかったので、弁護士の提案に従って、特定調停で債務整理をすることにしました。

裁判所に提出する特定調停申立書は、弁護士が用意をしていたので、弁護士の指導を受けながら、私自身が記入をしていきました。

申立書は全部で5ページもあって、「申立人である自分の住所と氏名」、「債権者の一覧リスト」、「申立人の生活状況や資産状況」、「家計収支表」などを記入する必要がありました。

私は特定調停申立書を作成した後、それを裁判所に提出しました。

その後、私は弁護士の補助を受けながら、特定調停の手続きを進めていきました。

私は裁判所に2回、出廷をしなければならなかったのですが、裁判所に行かなければならない日は平日だったので、私は会社を休んで裁判所に行きました。

2回目の出廷では、申立人である私と調停委員、債権者が集まって、今後の借金返済に関する調停を協議することになりました。

でも、その時は債権者は誰一人、出廷しておらず、調停委員と電話だけでやり取りをしていました。

債権者とは電話でのやり取りでしたが、2回目の出廷による話し合いは、30分も掛かっておらず、すんなりと話しがまとまりました。

調停が成立した結果、私は今後は無利息融資にしてもらうことができ、返済期間も約2年分延長することができました。

その後、私の住まいに、裁判所から調停の決定事項が書かれた「決定書」が送られてきました。

決定書に記入された日付から、借金返済を再開させなければならないので、私は債務整理後の借金返済を開始しました。

債務整理前は、借金返済をしても、そのお金は全て利息の支払い分に消えてしまったのですが、債務整理後は、利息の支払いが不要となったので、借金返済した分、着実に借り入れ元本が減るようになりました。

私が借金問題を抱えていた時に、悩みを聞いてくれて、的確なアドバイスをくれた彼にはとても感謝をしています。

私は自分の借金を完済できた暁には、彼と結婚をする予定となっています。

そのため、私は現在、がんばって借金返済を続けています。

債務整理に至った理由は、妻の金銭感覚の無さ

債務整理方法 職業 年齢・性別
自己破産 スポーツショップ勤務 40歳(男性)
自己破産での債務整理

僕は既婚者で、妻と住田町で二人暮らしをしています。

僕は子供が欲しかったのですが、残念ながら今のところ子供を授かっていません。

僕が妻と知り合ったのは、知人の紹介でした。

妻は高校を卒業後、実家で家事をしていました。

そのため、外に働きに出たという経験がありません。

妻の実家は、両親とも公務員だったので、生活に余裕があったため、妻は働かなくても生活ができていたようです。

妻は結婚をする際は、専業主婦を希望していました。

僕は、結婚相手はできれば働いてくれる人の方が良いと考えていましたが、本人が専業主婦を希望するのなら、家の家事をきっちりとやってくれれば、専業主婦でも妥協することができました。

そのため、僕は妻と1年間ほどお付き合いをした後、結婚をしました。

僕は付き合っている時に、彼女が高級ブランドのバッグを使っていたことに気付いていました。

また、デートでの食事は高級店に行きたがっていたので、インターネットで調べて高級店へ連れて行っていました。

ですが、結婚後もこの状態が続くとは考えてもいませんでした。

妻の希望によって、週末は必ず、外食に出掛けていました。

また、妻は高級ブランド品しか愛用をしないため、衣服やカバン、靴の購入にかなりのお金が掛かりました。

結婚当初の僕の年収は350万円程度しか無かったので、妻の浪費が原因で生活が苦しくなりました。

この時に、僕は妻に浪費を控えるように言えば良かったのですが、僕は温厚な性格だったので、言い出すことができませんでした。

僕は妻に生活費が足りないということを言えなかったので、仕方なく自分の給与が振り込まれていた銀行で、銀行カードローンを作って、そのカードを使って、生活費が足りないときに度々、借り入れをしていました。

暫くは、銀行カードローンによる借り入れでしのいでいたのですが、徐々に借入総額が膨らんでいき、銀行カードローンの支払いに困るようになりました。

この時、僕は住田町の近郊に自動契約機が設置されていたモビットという消費者金融で、キャッシングカードを作って、そのカードを使って、生活費の補充や借金返済のために借り入れをするようになりました。

そんなことを、10年以上も行っていた結果、僕は多重債務者になってしまい、完全に首が回らなくなりました。

僕は妻に今の我が家の家計の事情を伝えたのですが、あっさりと節約に協力をしてくれました。

僕はもっと早く妻に節約に努めるように頼むべきだったと、後悔をしました。

僕の力だけでは、今抱えている借金問題を解決できないと思ったので、僕は債務整理のことを熟知している弁護士などの専門家に解決策を仰ぐことにしました。

インターネットを使って、調査をした結果、住田町では弁護士法律相談が実施されていることが判明しました。

そこで、僕はそこに電話で借金相談の予約を入れてから、弁護士相談を受けてみました。

僕は、弁護士に自分の置かれている状況を事細かに話したのですが、弁護士からは自己破産で債務整理を行うことを勧められました。

僕の借金総額は、借入金だけでなく元金に対する利息や返済が遅れた時に遅延損害金が加算をされていたこともあって、600万円を超えていました。

僕の年収を考えると、自己破産を実施するのはやむ負えないと、僕自身も思いました。

自己破産をすると、世間的に肩身の狭い思いをするのではと考えていたのですが、弁護士から自己破産のメリットとデメリットの説明を受けた結果、自己破産をしたとしても肩身の狭い思いをするようなことはなく、デメリットがほとんどないことが分かりました。

そこで、僕は弁護士に債務整理として自己破産の実施の協力を要請しました。

その後、僕は弁護士から自己破産の申立てをする書類を作成するために、あらかじめ用意する必要がある書類の一覧表をもらったので、それに基づいて、書類集めをしました。

市役所に住民票を取りに行ったり、給与明細書や銀行預金通帳の写しなどが必要だったのですが、全てを用意するのに、約半月が必要でした。

そして、僕が全ての必要書類を弁護士に渡した後、弁護士は僕が渡した資料を基に破産申し立ての申請書を作成してくれました。

その後すぐに、弁護士は住田町を管轄している地方裁判所に自己破産の申立てを行いました。

僕は、分譲マンションに住んでいたのですが、分譲マンションは破産管財人の管理下に置かれたので、僕と妻は住田町で賃貸マンションを探して、移り住みました。

それから、程なくして、自己破産の措置を依頼していた弁護士から、「裁判所において、僕の全ての債務の免責を認めれてもらうことができた」との連絡をもらうことができました。

僕は借金のことを考えてしまい、安眠することができない日々が続いていたのですが、債務整理を行ったことで、借金問題を解決できたので、夜間にぐっすりと眠ることができるようになりました。

我が家は借金問題を抱えた後、節約生活となりましたが、妻とはケンカをすることなく仲良く暮らすことができています。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

住田町で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

気仙郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

岩手県
気仙郡(   住田町  )

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。