債務整理ガイド » 山形県 » 東田川郡

東田川郡で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

東田川郡で利用できる弁護士あるいは司法書士で、借金問題の解決が可能な法律事務所の一覧表です。

債務整理によって、金銭的な悩みを解消することができる東田川郡の法律事務所を掲載しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して東田川郡で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(東田川郡にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(東田川郡にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)

司法書士法人アストレックス

お勧め度
HP 司法書士法人アストレックス
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 着手金無料
  • 過払い金調査無料
日本全国対応 〇(東田川郡にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:00-21:00日曜10:00-18:00(土曜は完全予約制)
メール・電話
債務整理の料金
  • 過払金請求:基本報酬1社11,000円(税込)+成功報酬(過払金返還額[18%+消費税/訴訟20%+消費税])
  • 任意整理:費用1社33,000円(税込)~+成功報酬(過払金返還額[18%+消費税/訴訟20%+消費税])+事務手数料
  • 個人再生:(住宅賃金特別条項なし)330,000円(税込)+実費/(住宅賃金特別条項あり)385,000円(税込)+実費[再生委員が選出された場合、再生委員への報酬が必要/債権者数が6件超え1件11,000円(税込)加算]
  • 自己破産:(同時廃止)330,000円(税込)+実費/(管財事件)385,000円(税込)+実費+管財費用[債権者数が6件超え1件11,000円(税込)加算]
東田川郡の地図

東田川郡にある弁護士事務所

弁護士による法律相談(庄内町社会福祉協議会)

債務整理の無料相談
所在地 東田川郡庄内町余目字大塚1-2 余目老人福祉センター
MAP

東田川郡庄内町狩川字大釜23-1 立川老人福祉センター
MAP
営業時間 偶数月第4水曜日13:30-15:30(余目老人福祉センターあるいは立川老人福祉センターのいずれかで実施)
電話 0234-43-3066
電車アクセス いなほ・羽越本線・陸羽西線 余目駅(余目老人福祉センター)
陸羽西線 狩川駅(立川老人福祉センター)

東田川郡において、法的な専門知識を得ることができる弁護士による法律相談です。

法律問題に関して、弁護士から問題を解決するための適切な指南やアドバイスを得ることができます。

「貸付金利の高い高利貸しを利用した結果、借金が膨らみ、その返済が困難になったために、債権者から取り立てを受けて困っている」、「借金返済のための資金を別の金融機関からの借り入れで賄った結果、多重債務者となってしまったので、債務整理を実現したい」、「家族や配偶者などの身内には内緒でサラ金から借り入れをした結果、その支払いに行き詰まったので、身内には秘密にしたまま借金の整理を行いたい」といった方々には、東田川郡の当所では、弁護士が各事案の内容を確認するために借金相談で事情を聞いてから、ベストな負債を整理するための手立てを案内しています。

東田川郡にある司法書士事務所

該当なし

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、東田川郡内の三川町・庄内町の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

東田川郡で債務整理をする際の関連機関

東田川郡に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

浪費を重ねてしまい、債務整理が必要となったため実施

債務整理方法 職業 年齢・性別
私的整理 地方公務員 25歳(女性)
任意整理での債務整理

私は既に結婚をしていて、夫と二人で東田川郡に住んでいます。

結婚当初はダブルインカムだったのですが、その後、夫は失業をしてしまい無収入となってしまいました。

私は地方公務員という安定した仕事ながら、最終学歴が高卒かつ年齢が若かったために、月々の手取り収入は15万円ぐらいしかありませんでした。

そのような状況の中、自動車ローンの支払いがありました。

自動車ローンの支払いをすると、生活費が足りなくなってしまいました。

私と夫はそれぞれ、クレジットカードを持っていたので、私たち夫婦はお金を工面するためにクレジットカードに備わっていたキャッシング機能を利用して、近所にあったATMを使って、現金の融資を受けました。

キャッシングは借金だという自覚はあったので、できるだけ少額を借りるようには努めていたのですが、繰り返しキャッシングをした結果、借入総額は高額になってしまいました。

その結果、クレジットカードの約定返済日に支払わなければならない金額が高額となってしまい、その支払いの費用を用立てるために、さらにキャッシングをするということを行ってしまいました。

そんな安易な返済方法を行った結果、私たち夫婦は合計4社のクレジットカード会社に合計130万円もの借金を作ってしまいました。

このままだと破産してしまうことは明らかだったので、何らかの対策を打たなければと思いました。

保有していたスマートフォンに備わっているインターネット機能を使って、私と夫は借金問題の解決方法について調査をしてみました。

すると、確実に借金問題を解決したいならば、業務として債務整理を手掛けている法律の専門家(弁護士または司法書士)に借金相談をすれば良いことが判明しました。

そこで、私は東田川郡で法律の専門家に借金相談ができる所を探してみたところ、借金相談を行っている所を見つけることができたので、そこに自分が抱えている借金問題を相談するために夫婦で出向きました。

相談を担当されている方は、弁護士の方だったのですが、夫と二人で行ったということもあって、あまり緊張をすることなく、適切に自分達の置かれている状況を弁護士に説明をすることができました。

すると、東田川郡の弁護士からは「私的整理で、債務整理を行いましょう」との提案を受けました。

東田川郡の弁護士からの説明によれば私的整理のメリットとして、「利息のカットや長期分割払いにすることで、毎月の返済負担を軽くすることができる」、「裁判所を利用しないので、債務整理の実施にあたって、準備しなければならない資料の数を少なくできるため、手続きの負担が少ない」、「裁判所などの外部機関を利用せずに、直接、債権者と話し合いをするので、迅速に債務整理を実現できる」があるとのことでした。

一方、デメリットとしては、「信用情報機関に自分の金融事故情報が登録される(いわゆるブラックリストに載る)」、「連帯保証人に借金返済の請求が行くことがある」があるとのことでした。

東田川郡の弁護士の話しによれば、債務整理を実施すれば必ずブラックリストに載るので、私的整理以外の債務整理を実施したとしてもブラックリストに載るのは避けられないとのことでした。

但し、ブラックリストに一旦載っても、私的整理の場合だと借金を完済してから5年間程で、ブラックリストに登録された金融事故情報は抹消されるとのことでした。

ブラックリストに載っている間は、クレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることはできなくなるとの説明を受けたのですが、私的整理に限らず、どの債務整理方法を実施したとしても回避できないとのことなくので、私たち夫婦は債務整理を実施したことでブラックリストに載ってしまうのはやむ負えないと判断をしました。

また、私的整理を実施すると連帯保証人に迷惑が掛かる場合がある件ですが、クレジットカードを作った際に、クレジットカード会社から連帯保証人が必要とは言われなかったので、連帯保証人なしでクレジットカードを作りました。

そのため、私的整理を実施したからといって、連帯保証人に迷惑を掛けてしまうことはありませんでした。

私たち夫婦は私的整理を実施した場合のメリットとデメリットを熟考した結果、東田川郡の弁護士の勧めに従って私的整理で債務整理を行うことにしました。

債権者であるクレジットカード会社との今後の返済方法の交渉は、東田川郡の弁護士が行ってくれることになりました。

東田川郡の弁護士から私的整理に必要な資料として、「本人確認書類(自動車運転免許証や健康保険証など)」、「債権者が発行したクレジットカード」、「銀行預金通帳(過去2年分)」、「給与明細書・源泉徴収票」、「各種保険証券」の提示を受けたので、私たち夫婦はすぐに用意をして、弁護士に集めた資料を渡しました。

その後、東田川郡の弁護士は私的整理の手続きに取り掛かってくれました。

その間、夫は求職活動を行っていたのですが、何とかアルバイトの仕事に就くことができました。

東田川郡の弁護士からは一か月に一回程度の頻度で進捗についての報告を受けていたのですが、三回目の進捗報告を受けた時に、私的整理の手続きか完了したとの知らせを受けることができました。

東田川郡の弁護士から受けた債務整理の成果報告によって、今後は金利負担がなくなること、つまり利息分の支払いが不要になること、そしてクレジットカードの返済方法をリボ払いに変更することができたことを教えてもらいました。

夫がアルバイトながら働き始めたことによって、世帯所得が増えたこと、借金返済の際に利息分の支払いが不要となったことによって、私的整理で債務整理を実現した後は、余裕をもって借金の返済を継続できるようになりました。

今、夫はアルバイトをしていますが、正社員雇用の制度がある会社なので、夫がアルバイトから正社員になることができれば、私たち夫婦の生活はより安定をすると考えています。

住宅ローンを抱えつつ、債務整理を実施

債務整理方法 職業 年齢・性別
個人再生 飲食チェーン店店長 49歳(男性)
個人再生での債務整理

僕は、全国展開している大手飲食チェーン店の東田川郡にある支店で店長をしています。

新型コロナが流行したときに、勤めている会社の業績が悪化をしたために、僕の給与と賞与はカットをされてしまいました。

当時の僕は、住宅ローンを抱えていました。

そして、東田川郡にある某銀行で住宅ローンを組んだ際には、昇給によって給与は徐々に上がることを前提としていました。

新型コロナの影響を受けて所得が減ってしまった結果、僕は月々の住宅ローンの支払いに苦労をするようになりました。

この時に、僕は東田川郡からほど近い場所にあった大手消費者金融の無人契約機を使って、金銭貸借契約を締結して、借り入れや返済用のキャッシングカードを作りました。

そして、このキャッシングカードを用いて、足りないお金を銀行やコンビニに設置されている現金自動支払機を使うことで調達をしました。

国の政策として、新型コロナのワクチン接種が推し進められていた時期なので、僕はワクチン接種が進むことで、新型コロナの流行は下火になるだろうと思っていました。

だから、今を耐え忍べば、お店のお客も戻ってきて、勤務先の会社の業績が回復し、給与や賞与のカットも撤回になると考えていました。

ところが、ワクチン接種が進んでも、新型コロナに感染をする人は減少しませんでした。

その結果、僕は長期間にわたって、金欠状態が続き、住宅ローンの支払いのためにキャッシングカードを使って、繰り返し借り入れをしてしまいました。

そして、しまいには、月々のキャッシングカードの支払いにも苦労をするようになり、キャッシングカードの支払いを遅滞してしまった結果、僕は消費者金融業者から督促を受けるようになりました。

このままでは、家を失うことになってしまい、同居している家族に迷惑を掛けてしまうと思いました。

そこで、僕は自分の借金問題に対するベストな債務整理方法を知るべく、東田川郡で行われていた弁護士による法律相談を受けてみました。

僕は東田川郡の弁護士に自分の借入金と収入の状況を伝えるとともに、要望として家を残したいということを言いました。

すると、東田川郡の弁護士は僕の状況を把握した後、僕にあった債務整理方法として、個人再生を提示してくれました。

個人再生の法律の中には、住宅ローン特則という法律があって、この法律を用いることで、現在、住宅ローンの支払いをしているマイホームを保存しつつ、住宅ローン以外の借入金を大幅に圧縮することができるとのことでした。

住宅ローン特則を利用するための条件には、「代位弁済が開始されている場合は、開始から半年以内であること」、「住宅ローンの対象物件が本人の居住物件であること」、「購入費や建築費のために借り入れをした住宅ローンであること」、「借り入れした金融機関から建物に抵当権が設定されていること」、「家に住宅ローン以外の抵当権が設定されていないこと」があるのですが、僕は全ての条件をクリアしていました。

住宅ローン特則を用いた個人再生を実施するメリットには、「自宅を残しつつ、住宅ローン以外の借金を大幅に減額できる」ことがありました。

また、住宅ローン特則を用いた個人再生を実施した場合のデメリットには、「住宅ローンの減額はできないので、債務整理後も従来通り住宅ローンを払い続けなければならない」、「債務整理の手続きが煩雑なので、弁護士に手続きを依頼する必要があり、弁護士費用が発生する」がありました。

東田川郡の弁護士に確認をすると、個人再生の手続きを依頼すると約40万円の弁護士費用が掛かるとのことでした。

ですが、個人再生を実施することで、約250万円ある住宅ローン以外の借金を100万円程度にまで大幅に減額できるとのことでした。

そこで、僕は弁護士費用を掛けてでも住宅ローン特則を用いた個人再生を実施した方が借金総額を減額することができるので、個人再生を実施することを決めました。

ちなみに、個人再生以外の代表的な債務整理方法としては任意整理と自己破産があるのですが、任意整理だと自宅を残すことが可能だが借金の元本はほとんど減額できない、そして自己破産だと自宅を手放す必要があるとのことでした。

その後、東田川郡の弁護士が住宅ローン特則を使った個人再生の手続きを進めてくれた結果、僕は家を保有したまま、住宅ローン以外の借金を約120万円にまで減らすことができました。

そして、運の良いことに東田川郡の弁護士が債務整理に取り掛かっていた時期に、徐々に新型コロナの騒動が納まってきました。

その結果、僕が勤めている会社の売り上げが回復したので、会社で行われていた給与と賞与のカットが撤回となりました。

僕は新型コロナ騒動前の給与水準に戻ることができたので、余裕を持って個人再生後の借金返済を行うことができました。

現在は、個人再生を完了してから約5年が経過をしているのですが、既に住宅ローン以外の借金は全額を払い終えています。

住宅ローン以外の借金を完済したことで、現在では貯金ができるようになったので、僕はある程度貯金がたまった時に、住宅ローンの繰り上げ返済をして、住宅ローンも早期に完済をしたいともくろんでいます。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

東田川郡で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

東田川郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。