債務整理ガイド » 山形県 » 東田川郡 » 庄内町

庄内町で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

庄内の町章 東田川郡庄内町で、弁護士もしくは司法書士に債務整理の相談をすることができる法律事務所の一覧リストです。

金融機関への支払いに行き詰まって、借金苦となっている方々の借金問題の解決をサポートしている庄内町の法律事務所を案内しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して庄内町で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(庄内町にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(庄内町にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)

司法書士法人アストレックス

お勧め度
HP 司法書士法人アストレックス
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 着手金無料
  • 過払い金調査無料
日本全国対応 〇(庄内町にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:00-21:00日曜10:00-18:00(土曜は完全予約制)
メール・電話
債務整理の料金
  • 過払金請求:基本報酬1社11,000円(税込)+成功報酬(過払金返還額[18%+消費税/訴訟20%+消費税])
  • 任意整理:費用1社33,000円(税込)~+成功報酬(過払金返還額[18%+消費税/訴訟20%+消費税])+事務手数料
  • 個人再生:(住宅賃金特別条項なし)330,000円(税込)+実費/(住宅賃金特別条項あり)385,000円(税込)+実費[再生委員が選出された場合、再生委員への報酬が必要/債権者数が6件超え1件11,000円(税込)加算]
  • 自己破産:(同時廃止)330,000円(税込)+実費/(管財事件)385,000円(税込)+実費+管財費用[債権者数が6件超え1件11,000円(税込)加算]
庄内町の地図

庄内町にある弁護士事務所

弁護士法律相談

債務整理の無料相談
所在地 庄内町狩川字大釜二十三番地一号 立川老人福祉センター
MAP
法律相談(立川老人福祉センター)
庄内町余目字大塚一番地二号 余目老人福祉センター
MAP
法律相談(余目老人福祉センター)
営業時間 第四水曜(偶数月のみ)13:30-15:30(立川老人福祉センターもしくは余目老人福祉センターのどちらかで開催)
電話 0234-43-3066
電車アクセス 陸羽西線 狩川駅(立川老人福祉センター)
いなほ・羽越本線・陸羽西線 余目駅(余目老人福祉センター)

皆様が日々の生活の中で直面した諸問題のうち、弁護士に法的なアドバイスを受けたいといったご要望にお応えできるように、庄内町で弁護士法律相談を行っています。

毎回、先着4名までとしているので、相談を希望されている方は事前に予約を入れていただく必要があります。 また、一人当たり相談時間は30分までと制限を設けているので、相談したい内容を整理したうえで、相談を受けられることを推奨します。

借金問題の対応に関して、庄内町の当所の弁護士は、「マイホームを購入したり、リフォームをした際に金融機関でローンを組んだが、その借金返済に苦慮している」、「趣味や交際費、遊興費の支払いにクレジットカードを使っていた結果、お金を使いすぎてしまい、借金を完済できる見込みがつかないので債務整理を行いたい」、「投資に挑戦をしてみたが、大失敗をしてしまったので、巨額の負債ができてしまって困っている」といった金銭問題で苦境に立たされている方々に、借金相談で個々の事情を聴き取りしてから適切な借入金を整理するための手続きを提案しています。

庄内町にある司法書士事務所

該当なし

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、東田川郡庄内町内の余目駅,狩川駅の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

庄内町で債務整理をする際の関連機関

庄内町役場
庄内町余目字町132番地1号

庄内町に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

生活コストが増えた結果、多額の借金をしてしまい債務整理を実施することになった

債務整理方法 職業 年齢・性別
特定調停 タクシー会社勤務 46歳(男性)
特定調停での債務整理

僕は、妻と一人娘と共に庄内町に住んでいます。

僕は浪費家ではないので、若い頃はさほど生活をするのにお金は掛からなかったのですが、結婚をして家族を持つようになってから、扶養家族の分の生活コストも掛かるので、支出が増えてしまいました。

僕は家族を持つ前は5ナンバーの車に乗っていたのですが、家族を持って以降は、家族全員が車内で快適に過ごすことができるように、ボディーサイズの大きな3ナンバーの車に乗るようになりました。

また、子供が小学生の中学年になった頃から、子供の習い事として学習塾とピアノを習いに行かせていました。

生活コストが増えた結果、生活費が足りなくなる機会が増えてしまい、僕はその度ごとに、庄内町の銀行へ出向いて作った銀行ローンカードを使って、現金の融資を受けていました。

銀行ローンカードは、銀行のキャッシュカードでお金を引き出す感覚で、銀行やコンビニに置かれているATMを使って、お金を借りることができました。

そのため、銀行ローンカードを使った場合は、借金だという自覚はありましたが、あまり罪悪感を感じることなく借り入れをすることができました。

銀行ローンカードを使って借り入れをする時は、できるだけ少額を借りるようにはしていたのですが、繰り返し利用をした結果、借金残高は徐々に膨らんでしまいました。

借金が増えたために、僕は銀行ローンカードの月々の支払いに困るようになりました。

この時に僕は安易に、大手のキャッシング会社から借り入れをして、そのお金を使って銀行ローンカードの支払いをするようになりました。

借金の支払いのために、更に借金を重ねるという愚策をとってしまった結果、僕が抱える借金総額はさらに増えてしまいました。

このままでは、まずいということは明らかだったので、僕は自分が抱えた借金の対応方法について、スマホのインターネットを使って調べてみました。

調べた結果、僕の状況だと特定調停という債務整理方法を実施するのが適しているようでした。

僕が調査をした結果、特定調停のメリットには、「将来的な利息カットや返済期間の長期化を実現できる可能性がある」、「他の債務整理方法と比較すると信用情報(ブラックリスト)の登録機関が短い[特定調停の場合は、JICCに3年間だけ登録]」、「頑張れば、弁護士などの法律の専門家に頼むことなく、自力で手続きを実施できる」があることがわかりました。

また、僕が調べた特定調停のデメリットには、「全ての債権者の同意を得なければならない」、「税金などの一部の債務は対象外である」、「自力で手続きを進める場合、書類作成や裁判所でのやり取りに労力と時間が掛かる」、「特定調停の実施によって、金融事故情報がJICCに登録をされるため、3年間ほど金融機関から借金をすることができなくなる」がありました。

特定調停のデメリットについて考えてみると、僕には税金の滞納がありませんでした。

そして、債務整理をした場合は、信用機関に金融事故情報が登録されることは避けることはできないので、このことは債務整理を実施するのなら受け入れなければならないと思いました。

また、特定調停の手続きの煩雑さは、僕は法的知識を持ち合わせていなかったので、法律の専門家の支援を仰ぐことにしました。

僕は特定調停のメリットとデメリットについて、検討を行ったのですが、デメリットよりメリットの方が大きいと感じたので、自分の借金問題は特定調停で解決をすることを決めました。

僕は庄内町に住んでいるので、庄内町で僕を法的に支援してくれる法律の専門家がいないかを探してみたところ、弁護士を見つけることができたので、その方のもとに出向いて、僕のサポートが可能かを聞いてみました。

すると、その庄内町の弁護士は債務整理の経験が豊富な方だったので、僕の特定調停手続きをサポートしてもらえることになりました。

僕は、庄内町の弁護士のサポートを受けながら特定調停の手続きを進めたのですが、その流れは以下のようになりました。

「裁判所に提出する資料の準備(特定調書申立書、利害関係者のリスト、資産状況の資料など)」→「庄内町を管轄している簡易裁判所に特定調停の申立てを実施」→「裁判所は、各債権者に特定調停の手続きが開始されたことを通知」→「調査期日に裁判所に出頭し、調停委員と返済計画を作成」→「調停期日に調停委員を仲裁役として、債権者と返済計画の調停を行う」→「債権者との話し合いが合意に達した場合には、裁判所で調停調書を作成」→「調停調書で決まった内容に基づいて、借金返済を再開」。

僕は、特定調停を実施した結果、「貸付金利の0%化」と「分割払いをリボ払いに変更」することができました。

僕は特定調停によって債務整理を実施した結果、毎月の借金返済の支払額を約半額程度にできました。

また、妻はパート仕事をしていたのですが、我が家の家計のことを鑑みて、働く時間を増やしてくれたので、世帯収入が少しだけですが増やすことができました。

その結果、債務整理を実施した後の借金の支払いは、滞ることなくスムーズに実施できるようになりました。

特定調停を実施したのは、今から2年前なのですが、現在はあと半年程度で借金を全て返し終えるという状態にまでなっています。

僕は、出来れば子供には大学に行って欲しいので、借金を完済した後は、子供に掛かる将来の学費のために貯金をしたいと考えています。

借金の立て替えのために、自分自身が債務整理を実施することに

債務整理方法 職業 年齢・性別
個人破産 会社営業スタッフ 36歳(女性)
自己破産での債務整理

私は庄内町に住んでいます。

そして、私は飲食店へ食材を卸す会社で働いています。

私は当時、私の会社が商品を卸していた飲食店の経営者と付き合っていました。

付き合い始めた当初は、彼のお店の経営は順調でした。

ですが、その後、彼のお店の周囲に大手飲食チェーン店が軒並み、出店をしてきたために、彼のお店の売り上げは落ち込んでしまいました。

お店の経営不振が続いた結果、このままの状況だと彼はお店を畳まなければならなくなりました。

お店は赤字と黒字を行ったり来たりとしていたのですが、徐々にお店の運営資金が減っていき、最終的には彼は資金繰りに困るようになりました。

私はそんな彼を見るに見かねて、私のお給料から資金援助をしていました。

ですが、私はそんなに良い給料をもらっているわけではなかったので、私の給料からできる資金援助はたかが知れていました。

私は何とか彼を助けたいとの思いから、庄内町の郊外にあった大手の消費者金融業者の無人契約機に駆け込みました。

私が利用をしたのは、CMなどでおなじみのレイクでした。

自動契約機では、住所と氏名、年収、職場などの入力の他、身分証明書のスキャンなども行いました。

その場で、融資審査が実施されたので、私は20分間ほど待たされたのですが、融資審査の結果はOKとの事だったので、私用のキャッシングカードを発行してもらえました。

自動契約機が置かれている部屋の隣には、ATMが置かれていたので、私は発行されたばかりのキャッシングカードを使って、現金を借りました。

私は彼に資金援助をしていたのですが、レイクのキャッシングカードを融資限度額まで借り入れした後は、アイフルやプロミスなどにも手を出してしまいました。

そして、その後は、どの貸金業者に借り入れを申込んでも、融資を断られるようになりました。

借り入れの融資審査の時には、融資申込者の現在の負債総額を調査しているようで、私の負債額が高額となっていたために、借り入れができなくなったのだと思います。

その頃、結局、彼は店の継続を断念して廃業をしてしまいました。

そして、彼は庄内町から出て、仕事探しのために都会に引越しをしてしまいました。

私は彼と別れることになったのですが、その寂しさよりも自分の借金問題と向き合わなければならない状況に立たされていました。

私は自分の給料だけでは、月々の借金の利息分さえまともに支払いができないほど、高額な借金を抱えていました。

私の借金は新たな借り入れをしていなくても、借入元本に付く利息と返済を遅滞していることにより付加される遅延損害金によって、借金が雪だるま式に増えていました。

私は借入先の消費者金融業者から電話や郵便物で、借金返済の督促を受けていたので、精神的にも追い詰められていました。

電話が鳴るたびに「ビクッ」とするようになり、かなりのストレスになっていました。

今のままだと、ノイローゼや鬱病になってしまうと思ったので、私は自分の借金問題の対応を助けてもらうべく、庄内町で行われていた法律相談に行ってみました。

法律相談の相談員は弁護士だったのですが、私が持参した資料を基に、事細かに事情を話したところ、収入と比較すると借金総額が多すぎるので、個人破産で債務整理を行った方が良いとのアドバイスを受けました。

その庄内町の弁護士からは、個人破産で債務整理を実施すれば、原則、全ての債務の免責を受けることができるので、債務整理後に借金の支払いが不要になるので、精神的に楽になるとことも教えてもらいました。

私はとにかく、借金問題から完全に解放をされたかったので、弁護士の提案に従って、個人破産を行うことにしました。

私は弁護士に個人破産の手続きを委ねたのですが、委ねた直後から債権者からの取り立て行為がストップしました。

弁護士が実施をしてくれた、個人破産手続きの流れは次の通り行われました。

「各債権者に受任通知を送付」→「破産申立書の準備」→「裁判所に破産申し立て・即日面接」→「破産手続き開始決定・同時廃止決定」→「免責審尋」→「免責許可決定」→「免責許可決定の確定」です。

弁護士が力を尽くしてくれたお陰で、無事に裁判所において、私の借金の全額免除を認めてもらうことができました。

個人破産を実施するにあたって、私に掛かった手間と言えば、破産申立書を作るために必要な書類集めをしたぐらいです。

さほど労力を掛けることなく、借金問題を解決することができたので、弁護士を頼って本当に良かったです。

借金問題を解決できた今は、私は普通の暮らしを送れるようになりました。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

庄内町で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

東田川郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

山形県
東田川郡(   庄内町  )

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。