債務整理ガイド » 富山県 » 下新川郡 » 朝日町

朝日町で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

朝日の町章 下新川郡朝日町で、借金苦となっている方々をバックアップしている弁護士・司法書士の法律事務所の一覧表です。

債務整理によって借金問題の解決を図っている、朝日町の法律事務所を提示しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して朝日町で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(朝日町にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(朝日町にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)

サンク総合法律事務所

お勧め度
HP サンク総合法律事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 月間600件以上の相談実績
  • 初期費用0円
日本全国対応 〇(朝日町にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話 0120-613-025
債務整理の料金
  • 過払金請求:報酬金19,800円+過払金報酬20%
  • 任意整理:着手金39,800円+報酬金19,800円+減額報酬10%
  • 個人再生:500,000円~
  • 自己破産:450,000円~
朝日町の地図

朝日町にある弁護士事務所

朝日町法律相談

債務整理の無料相談
所在地 朝日町泊418番地
MAP
朝日町法律相談
営業時間 第三木曜 14:40-16:40
電話 0765-83-0576
電車アクセス 泊駅

毎月第三木曜日に、弁護士が出張で朝日町に来ることで、実施をしている法律相談です。 この法律相談を受けるには前もって、電話で予約を入れる必要があります。

「銀行から住宅ローンで借り入れをして家を買ったが、その後、新型コロナの影響で収入が落ち込んでしまい、借金返済ができなくなったので、債権者からの督促に応えないでいたら、期限の利益を喪失したと言われて、借金の全額を一括で払うように要求されて困っている」、「主婦をしているが、家族には内緒にしてサラ金でお金を借りてしまい、その借金の支払いに困り果てている」、「消費者金融などの貸金業者からお金を借りていたが、総量規制の制約に引っかかってしまい、これ以上お金を借りることができなくなったので、所有しているクレジットカードで高額商品を購入して、質屋などに売るというクレジットカードの現金化を行った結果、さらに借金が増えてしまい、窮地に立たされている」といった金銭問題で苦労を重ねている方々には、借金相談によってヒアリングをしてから適切な債務整理の手続きを行っています。

なお、朝日町の当所では弁護士が借金の相談を受けていますが、弁護士にはお客様から伺った個人情報の秘密を守ることが法律によって義務付けされているので、お客様が弁護士に話した内容が外部に漏れてしまうことを心配することなく、弁護士と債務整理を実現するための相談や打ち合わせをすることができます。

朝日町にある司法書士事務所

該当なし

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、下新川郡朝日町内の泊駅の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

朝日町で債務整理をする際の関連機関

朝日町役場
朝日町道下1133番地

朝日町に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

無駄遣いで借金を重ねた結果、多重債務者となってしまい債務整理を行うことになった

債務整理方法 職業 年齢・性別
任意整理 会社員 26歳(女性)
任意整理での債務整理

私は短大を卒業後に、地元である朝日町にある零細企業で働いています。

私は社会人となった後、すぐにクレジットカードを作りました。

買い物の支払いをする際に現金よりクレジットカードを使った方がスマートだと思ったからです。

私は地元に友達が沢山いたので、会社が休みの週末は毎週のように友達と遊びに出掛けていました。

カラオケやボーリングをした後に、ファミレスに行って食事をするのが、ごく当たり前となっていました。

また、長期連休が取れる、年末年始やゴールデンウィーク、お盆休みには、友達と都合が付けば国内旅行や海外旅行に出掛けていますた。

このような遊興費に掛かるお金は、私はそのほぼ全てをクレジットカードで支払っていました。

クレジットカードで借りたお金の返済方法には一括払いや分割払い、リボ払いなどがあるのですが、私はいつもリボ払いで支払いをしていました。

その理由は、高額商品をクレジットカードを使って購入した場合でも、リボ払いにすれば月々の返済額を少額に抑えることができたからです。

だたし、リボ払いにすると月々の返済額は少額となるので、借入総額は徐々に増えてしまい、最終的には私はカードの発行会社によって設定されたショッピング枠の限度額までお金を借りてしまいました。

ショッピング枠の限度額までお金を借りてしまうと、翌月の約定返済日に借金の支払いをするまで、ショッピング枠に空きができないので、そのカードは買い物の決済には使うことができませんでした。

これでは買い物の支払いが不便になるので、私は最初に作ったカードの信販会社とは異なる、別の信販会社にカード作成の申し込みをしました。

そして、私は届いた新しいクレジットカードを使って、遊興費の支払いをし続けました。

このようなことを繰り返した結果、カードの枚数が4枚に達した時に、私は月々のカードの支払いに困るようになってしまいました。

毎月低額のリボ払いと言えども、4枚もあるとその合計額は多額となってしまうこと、そして借入額が多額だと毎月払う必要があるリボ払いの最低支払い金額がアップされてしまったからです。

クレジットカードの支払いが約定返済日までにできなくなると、すぐに私の携帯電話にカードの発行元である信販会社から督促の電話が掛かってくるようになりました。

私が図太い性格なら、督促の電話にも動じないのでしょうが、私は人一倍、繊細な性格だったので、借金返済をどうしようかと思い悩みました。

ですが私一人で考えても、良い考えが思い浮かばなかったので、私は債務整理を仕事として行っている弁護士に頼ることにしました。

債務整理をするためには弁護士に借金相談をすれば良いということは、私は過去に見た法律事務所のテレビCMで知っていました。

その後、私は朝日町で債務整理の相談を受けている所を見つけることができたので、そこに赴いて、弁護士と自分が抱えている借金について相談をしました。

私は朝日町の弁護士に対して自分が作った資料を見せつつ負債状況の説明を行ったのですが、弁護士は私に対して債務整理は任意整理で行うのが妥当との意見を出してくれました。

任意整理とは、弁護士が私の代わりに、私の債権者と直接、借金の支払い負担を軽減するための交渉を行う債務整理の手法です。

私は、朝日町の弁護士の意見に従って、私の借金問題を任意整理によって解決してもらうことにしました。

その後、朝日町の弁護士は、私が借りたお金の債務整理を実現するために、私の借入先である債権者と話し合いをしてくれました。

弁護士と債権者が交渉をした結果、私が借りたお金に対して、今後は無利息融資にしてもらうことができました。

債務整理によって元金に利息が付かなくなったことで、月々の返済負担が軽くなり、私は借金返済を継続することができるようになりました。

今現在は、私は借金返済を継続している所ですが、あと1年半程度で、借金を払い終えることができそうな状況です。

会社経営をしていたが支払いができなくなってしまい、債務整理を実施

債務整理方法 職業 年齢・性別
自己破産 無職(元経営者) 46歳(男性)
自己破産での債務整理

私は朝日町で書店を経営していました。

私は親がやっていた商売を引き継いで、今の仕事を始めました。

私が子供の頃は本はよく売れていたので、私は良い暮らしを送ることができていました。

ですが、インターネットが普及をして、米国のAmazon社が日本にも進出をして、インターネットで書籍の販売を始めてから状況は一変してしまいました。

年を追うごとに私が経営している本屋の売り上げは減っていきました。

その結果、経営状況が黒字から赤字に転落をしてしまいました。

私は朝日町の銀行から書店を運営するための事業資金を借りていて、毎月、利息分の支払いをしていたのですが、書店の経営状態が悪化をしたことから、利息分の支払いさえ滞るようになりました。

私が返済を滞らせるようになってから、約3か月間は支払いの猶予を与えてもらえたのですが、その期間が過ぎると期限の利益を喪失したという事由によって、債権者である銀行から借金の全額をまとめて支払うように要求をされました。

当然のことですが、月々の利息さえ払えていない状況なのに、借りているお金の全額をまとめて払うなんてことは不可能でした。

他の金融機関から借り入れをするという方法もありましたが、赤字経営の自分に多額のお金を融資してくれる貸金業者はどこもないだろうと思いました。

私は八方塞がりの状態となったので、自分だけでこの借金問題を解決することを諦めて、債務整理の専門家に借金相談をすることにしました。

私は朝日町で債務整理を行っている専門家を探してみたのですが、見つかりませんでした。

ですが、月に1回、弁護士が出張法律相談を朝日町で行っていることが分かったので、私は前もって電話で借金相談ができることを確認してから、その法律相談を受けてみました。

私は前もって、自分の負債状況と月々の支払い能力を整理したメモ書きを持って借金相談に臨んだので、スムーズに弁護士による相談を受けることができました。

弁護士とあれこれと話しをした結果、私は自分の書店を廃業して、自己破産で債務整理をすることに決めました。

このまま書店の仕事を続けても、赤字を増やすことになってしまう可能性が高かったからです。

私は、その後、話し合いをした弁護士の支援を受けながら、債務整理を行うために自己破産の手続きを実施しました。

裁判所に破産申立てをしたところ、管財事件として扱われ、破産申立てから1年ちょっとが過ぎた時に、裁判所から借金の全額免除を認可してもらうことができました。

結局、私の債務整理方法は、自己破産によって、借金を踏み倒すという形になってしまったので、借り入れをした銀行には迷惑を掛けてしまいました。

今現在、自分は無職となってしまったので、朝日町を管轄しているハローワークに通って、アルバイトでもいいので生活費を稼ぐために仕事に就いて、早急に収入を得たいと考えています。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

朝日町で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

下新川郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

富山県
下新川郡(   朝日町  )

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。