債務整理ガイド » 宮城県 » 黒川郡

黒川郡で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

黒川郡において、弁護士あるいは司法書士に借金相談をすることが可能な法律事務所の一覧表です。

多重債務となってしまい、借金返済に困っている方々に、債務整理を施すことができる黒川郡の法律事務所を告知しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して黒川郡で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(黒川郡にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
↓↓ タップ ↓↓
アヴァンス法務事務所はこちら
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(黒川郡にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)
黒川郡の地図

黒川郡にある弁護士事務所

大和町法律相談

債務整理の無料相談
所在地 黒川郡大和町吉岡まほろば一丁目1番地の1 大和町役場会議室
MAP
営業時間 10:00-15:00(2ヵ月に1回程度)
電話 022-345-1111
電車アクセス

黒川郡の大和町に居住している方を対象として、実施をされている弁護士法律相談会です。

離婚や交通事故、相続、賃貸借トラブル、金銭問題の債務整理といった悩みに対して、弁護士が法的な助言を行っています。

借金問題では、「旅行やレジャー、趣味などにお金を費やした結果、貸金業者に多額の借金を作ってしまい、その支払いに困り果てている」、「低賃金で働いているため、家賃や食費、光熱費の支払いをすると、ほとんどお金が残らず、足りないお金を銀行カードローンで工面をしていた結果、その支払いに苦労するようになったので、債務整理を行いたい」、「自動車や家を購入するために長期ローンを組んだが、返済途中で収入が減ってしまったり、失業をしたために、ローンの支払いを継続できなくなった」といった悩みに対して、黒川郡の当所では、借金相談で事情を詳しく聞いてから個々の事情にあった負債整理を実現しています。

黒川郡にある司法書士事務所

該当なし

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、黒川郡内の大郷町・大和町・大衡村の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

黒川郡で債務整理をする際の関連機関

黒川郡に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

株式やFX取引での利殖に失敗してしまい、債務整理を実施

債務整理方法 職業 年齢・性別
任意整理 書店勤務 51歳(男性)
任意整理での債務整理

僕は黒川郡で、妻と一人娘と共に住んでいます。

僕は将来訪れる老後に備えて、老後資金を蓄えたいと考えていました。

利殖のために株式取引とFX取引を実施

そこで、僕が自分の手持ち資金を増やすために始めたのが、株式取引とFX取引です。

株式取引とFX取引をやり始めた当初は、少しずつですがお金が増やすことができていました。

僕はこれに味をしめてしまい、信販会社から借り入れをして、そのお金を投資に回すようになりました。

つまり、借金をしてまで、投資をやってしまったということです。

僕は、FX取引にすっかりと慣れた頃に、高レバレッジを掛けて大勝負に出たのですが、それに大負けをしてしまい、僕は投資していた資金を失うだけでなく借金まで作ってしまいました。

借金の穴埋めは、保有していた株式を売却することで穴埋めをしたのですが、それだけでは足りず、約200万円の借金が残ってしまいました

僕は、この200万円の借金を返済しなければならなかったのですが、どうすれば良いのか分かりませんでした。

他の複数の金融機関から借り入れをして、200万円を集めて支払うという方法もあったのですが、それをやってしまうと多重債務者になってしまい、より一層、泥沼に陥ることは明らかでした。

僕は困った挙句、所有していたスマートフォンを使って、インターネットで借金問題を抱えていた他の方が書かれた借金問題の体験談を読んでみました。

借金体験談には弁護士に相談してから債務整理をおこなったことが書かれていた

すると、どの体験談を読んでも、弁護士に借金相談をすることをきっかけに、債務整理を実現して、借金問題をクリアにしていることが分かりました。

そこで、僕自身も弁護士に借金相談をしてみることにしました

僕は自分が住んでいる黒川郡で弁護士に借金相談ができる所を調査してみたのですが、2月に1回ぐらいの頻度で、黒川郡で弁護士相談会が実施されていることが分かりました。

僕が黒川郡で弁護士相談会が開催されていることを知ったのは、次の弁護士相談会の約半月前でした。

その弁護士相談会は、前もって、相談の予約をする必要があったので、僕は電話で予約をしてから、相談日当日に相談会場に向かいました。

債務整理を行うべく弁護士と面談をした

僕は、相談日前に、借り入れや自分の収入に関する手持ち資料を整理して、メモに書き留めました。

そして、相談日当日は、金銭貸借契約書などの資料と自分で作ったメモ書きを持って、相談に臨みました。

弁護士と相談をした結果、任意整理で債務整理を実施するということで、意見がまとまりました。

任意整理は各債権者と、今後の借金の支払い方法に関して、協議をするという債務整理方法なのですが、弁護士が僕の代理人として各債権者と協議をしてくれたので、僕自身にはあまり精神的な負担はありませんでした。

弁護士が根気強く、各債権者と話し合いをしてくれた結果、「支払期間の長期化」や「今後の利息支払いの免除」を実現してくれました。

債務整理は上手くいき、月々の支払額を大幅に減らすことができた

僕の債権者は、「三菱UFJニコス」と「dカード」、「au PAY カード」だったのですが、月々の支払額を5万円から債務整理後は2万円にまで大きく減らすことができました。

その結果、自力で完済するまでの返済プランを立てることができるようになりました。

僕は家や自動車を持っていたのですが、家や自動車には一切手を付けずに債務整理を実現できたので、任意整理で債務整理を行って本当に良かったと感じています。

家族に迷惑を掛けることなく、債務整理ができたので良かったです。

債務整理の理由は、個人事業の経営に失敗をしたから

債務整理方法 職業 年齢・性別
自己破産 無職 48歳(男性)
自己破産での債務整理

僕は黒川郡で、下請けの建設会社を営んでいました。

世の中の変動によって、急激なインフレが起ってしまい、建築資材が高騰してしまった結果、仕事を受けても利益がほとんど出なくなってしまいました。

その結果、僕は黒川郡で取引関係のある銀行から借り入れをしていた事業資金の返済が困難となってしまいました。

会社を畳むことを決意した

今のまま会社の運営を続けると、借金は膨らむ一方という状態だったので、僕はこれ以上、周りに迷惑を掛けることはできないと判断して、会社を畳むことにしました

会社を畳む際には、会社の清算をする必要があるのですが、僕は会社で借り入れをしていた事業資金の連帯保証人になっていました。

つまり、会社として破産手続きをした場合、借金の返済義務が僕個人に発生をしてしまうということです。

このため、会社の破産手続きと同時に、僕個人も自己破産手続きを行う必要がありました

債務整理を取り扱っている法律事務所へ行った

これらの債務整理の手続きは、僕個人で実現することは不可能なので、僕は黒川郡からほど近い場所にあった、債務整理を扱っている法律事務所に出向きました

その事務所で、僕は弁護士に、現在、僕が置かれている状況を伝えた後、会社の清算手続きと僕個人の自己破産手続きを実現したいということを伝えました。

すると、僕は弁護士から破産手続きを進めるために必要となる書類の一覧表の提示を受けたので、その書類集めにまずは取り掛かりました。

裁判所に破産申し立てをするための準備に時間が掛かった

役所に住民票や戸籍謄本、納税証明書を取りに行ったり、債権者一覧表を作成したり、僕が所有している資産の一覧表を作成したりと、かなりの手間が掛かり、一通り必要書類を用意するだけでも、一か月ほどを要してしまいました。

その後、僕は弁護士に必要書類一式を渡したのですが、弁護士が破産申し立てを裁判所に行ってくれたのは、書類を手渡してからさらに1か月先でした。

つまり、僕が最初に弁護士と面談を行った時から、裁判所に破産申し立てをするまでに約2ヵ月の期間を要したということです。

ですから、これから自己破産をしようと考えている方は、弁護士に自己破産の相談をしても、実際に裁判所にアクションを起こしてくれるまで、暫くの期間を要すということを知っておいた方が良いです。

ただし、弁護士に仕事を依頼した後は、すぐに債権者から督促を受けなくなりました。

弁護士が僕の各債権者に根回しをしてくれたお陰で、借金返済請求に関する窓口が僕から弁護士に切り替わったからでした。

その後、弁護士と裁判所によって、僕の会社と僕個人の破産手続きが実施をされました。

僕個人の自己破産手続きでは、裁判所において、破産管財人による財産管理が行われる管財事件として扱われました。

その結果、僕は持ち家やクルマなどの資産を失うことになりました

僕は妻と二人暮らしをしていたのですが、やむなく、元住んでいた家を出て、黒川郡で賃貸アパートを借りて住み始めました。

裁判所で自己破産による債務整理を実施した結果、借金を帳消しにできた

また、自己破産手続きは、弁護士に最初に相談をした時から約1年半後に裁判所で免責の認可を受けることができたので、僕は自分の借金を全て帳消しにすることができました

借金がゼロになれば、無職であれば問題なく生活保護を受けることができるので、僕は黒川郡の行政に出向いて、生活保護の申請をしました。

僕は生活保護の役所担当者に、自分の事情を伝えたのですが、それが功を奏したのか、生活保護を受けられるようになりました。

そのため、現在、行政から生活保護を受けることで、自分達の生活費を賄っています

僕は今は生活保護を受給していますが、いつまでも甘えるわけには行かないので、現在、黒川郡を管轄している職業安定所へ行って、自分にできそうな仕事探しをしています。

とりあえず、アルバイトでもいいので仕事について、実社会で貢献をすることで、お金をもらえるように就活を頑張りたいと考えています。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

黒川郡で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

黒川郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。