債務整理ガイド » 宮城県 » 遠田郡

遠田郡で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

遠田郡に在籍をしている弁護士あるいは司法書士で、借金地獄となっている方の悩みを解消している法律事務所(一覧リスト)です。

債務整理を行うことで、借金返済の免除や返済金額の減額を実現している遠田郡の法律事務所を掲示しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して遠田郡で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(遠田郡にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(遠田郡にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)

司法書士法人アストレックス

お勧め度
HP 司法書士法人アストレックス
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 着手金無料
  • 過払い金調査無料
日本全国対応 〇(遠田郡にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:00-21:00日曜10:00-18:00(土曜は完全予約制)
メール・電話
債務整理の料金
  • 過払金請求:基本報酬1社11,000円(税込)+成功報酬(過払金返還額[18%+消費税/訴訟20%+消費税])
  • 任意整理:費用1社33,000円(税込)~+成功報酬(過払金返還額[18%+消費税/訴訟20%+消費税])+事務手数料
  • 個人再生:(住宅賃金特別条項なし)330,000円(税込)+実費/(住宅賃金特別条項あり)385,000円(税込)+実費[再生委員が選出された場合、再生委員への報酬が必要/債権者数が6件超え1件11,000円(税込)加算]
  • 自己破産:(同時廃止)330,000円(税込)+実費/(管財事件)385,000円(税込)+実費+管財費用[債権者数が6件超え1件11,000円(税込)加算]
遠田郡の地図

遠田郡にある弁護士事務所

あじさい法律事務所

債務整理の無料相談 △(法テラス利用可)
所在地 遠田郡美里町藤ヶ崎116-11 ミルフィーユ504
MAP
営業時間
電話 0229-25-4677
電車アクセス 東北本線・石巻線・陸羽東線 小牛田駅

遠田郡において、初めて開設をされた弁護士事務所です。

Zoomというビデオコミュニケーションツールを使ったオンライン相談も行っています。 相談希望者の方のスマートフォンあるいはパソコンにZoomというアプリをインストールしていただくことで、WEB会議ができる環境を構築することができます。

「多額の借金があって、返済を遅滞していたら、裁判所から訴状が届いた」、「借金生活にどっぷりとハマってしまって抜け出せなくなったので、債務整理を行って、借金の清算を行いたい」、「借金返済が困難となったために、借入先の貸金業者から取り立てを受けており、それが原因でノイローゼなどの心の病になりそう」といった借金問題を抱えている方々に、遠田郡の当所の弁護士は事情を確認するために借金相談をしてから、事情にあった的確な借入金を整理するための手続きを施しています。

美里町法律相談

債務整理の無料相談
所在地 遠田郡美里町駅東2丁目17番地4 駅東地域交流センター
MAP
営業時間 不定期で実施13:30-16:00
電話 0229-32-2940
電車アクセス 小牛田駅

日々の暮らしの中で起こった、法律にまつわる悩みごとの相談を受けている、遠田郡で開催している弁護士法律相談会です。

相談員である弁護士は、相続などの家族問題、交通事故の損害賠償請求、多重債務問題、その他の相談に応じています。

「借金まみれとなってしまい、多くの債権者から督促を受けている状況なので、自分自身に生命保険を掛けて、自殺をすることで、保険会社から給付される保険金を使って、借金返済をしようかと思っている」、「借金の保証人となっていたばかりに、銀行から保証債務による借金の支払いを請求されて困っている」、「借入先の金融機関が沢山あるので、貸付金利の低利な1社に借金をまとめる[おまとめローン]を利用することで、借金返済の手間の削減と、利息の支払い負担の軽減を実現したい」といった方々に、遠田郡の当所では、事実確認のために借金相談を実施してから、個別具体的な債務整理の措置方法を案内しています。

遠田郡にある司法書士事務所

該当なし

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、遠田郡内の涌谷町・美里町の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

遠田郡で債務整理をする際の関連機関

遠田郡に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

会社を辞めて宅配業を始めたが、事業に失敗してしまい、債務整理を実施

債務整理方法 職業 年齢・性別
小規模個人再生 運送業 42歳(男性)
個人再生での債務整理

僕は遠田郡に住んでいるのですが、元々は日本国内で全国展開をしている大手の宅配企業で働いていました。

その後、僕は会社の上司とそりが合わなくなったので、勤めていた会社を辞めて、自分で宅配会社を起こしました。

僕は会社運営を安定化させるために、遠田郡にある銀行から借り入れをしました。

会社を起こした当初は、徐々に売り上げが延びていたので、事業規模を拡大することができました。

その結果、仕事が忙しくなったので、僕は従業員を雇うことにしました。

暫くは、順調に会社経営ができていたので、銀行から借り入れしていた資金の返済を毎月安定して行うことができていました。

しかし、その後、宅配業者間での価格競争が激しくなり、僕の会社も運送料金を下げざる負えなくなりました。

その結果、売り上げが落ち込んでしまい、従業員の人件費などの固定費もあったことから、会社経営が苦しくなってしまいました。

そのため、僕は今まで働いてもらっていた従業員に辞めてもらうことにしました。

僕は従業員に会社を辞めてもらう際には、わずかばかりですが従業員に退職金を渡しました。

そのような状況にあったときに、僕は不運にも宅配の仕事中に交通事故を起こしてしまいました。

その結果、僕は警察による行政処分によって、2ヵ月間の自動車免許の取り消し処分となってしまい、クルマの運転をすることができなくなりました。

2ヵ月の間、僕は全く仕事ができなくなったため、経営状態が赤字に転落をしてしまいました。

そして、免停によって、赤字経営になってしまったことをきっかけとして、僕は毎月の借金返済の負担軽減を実現することを決意しました。

僕は会社勤めをしていた頃は、独立しても問題なく生活費を稼ぐことができるだろうと考えていたのですが、実際にやってみると独立して利益を出すことがものすごく大変だということが分かりました。

僕は毎月の借金返済の負担軽減を実現することを決意した後、すぐに遠田郡で債務整理の処理を手掛けていた法律事務所へ出向きました。

そして、その事務所の弁護士との面談で、僕は僕自身の借り入れの状況などについて話し、弁護士から毎月の返済負担を減らすためのアドバイスを受けました。

弁護士から受けた債務整理の提案は、自営業者が利用するのに適している小規模個人再生でした。

小規模個人再生のメリットは、月々の収入にある程度のバラツキがあっても利用できる点なので、僕のような個人事業主に向いている債務整理方法です。

そこで、僕は小規模個人再生を実施することに決めました。

また、自己破産だと財産を処分しなければならなくなるので、事業経営を続けることは困難となるのですが、個人再生だと財産を残したまま債務整理ができるので、事業を続けることができるというメリットもありました。

僕は弁護士に一通り、相談をした後、弁護士に小規模個人再生の処理をお願いしました。

弁護士から言われていたのですが、小規模個人再生を行う際は、借金を減額した再生計画案を裁判所に提出をするが、債権者の多数が提出した再生計画案に反対をすると、小規模個人再生の手続きは失敗に終わるとのことでした。

ですが、弁護士からは仮に小規模個人再生の手続きに失敗をしたとしても、その時に、改めて別の債務整理方法を検討して、実施をすれば何とかなるとのことでした。

僕は不安を抱えながら、弁護士から定期的に実施している小規模個人再生の手続きの進捗報告を受けていました。

その後、暫くして弁護士から、裁判所において提出した再生計画案が認可されたとの報告を受けることができました。

そして、それから少しして、裁判所における小規模個人再生の手続きが完了をしました。

小規模個人再生を行った結果、僕の負債残高は約5分の1にまで減らすことができました。

そのため、借金返済が事業運営の足かせになることは無くなりました。

僕は借金問題が深刻化してしまう前に、弁護士に借金相談をして、債務整理によって借金の返済負担の軽減を図ったのですが、この判断は適切だったと考えています。

僕は借金のことで頭を悩まさずに済むようになったので、仕事に集中して取り組むことができるようになりました。

医療費のために借り入れを繰り返してしまい、債務整理を行う結末となった

債務整理方法 職業 年齢・性別
任意整理 派遣社員 35歳(女性)
任意整理での債務整理

私は短大を卒業後、地元である遠田郡に戻ってきて、派遣社員として仕事をしています。

遠田郡は田舎なので、派遣先の会社も小規模な会社しかないため、もらえる給料はすごく安いです。

私は、手取りで15万円ほどの給料しか毎月もらえていませんでした。

そのため、私は否応なく、節約生活を強いられていました。

外食をするとお金が掛かるので、私は朝食と夕食は必ず自炊をしていました。

また、朝食を作る際に昼食用のお弁当のおかずの調理もするようにして、昼食は自分で作ったお弁当を食べていました。

そんな最中、私は風邪をこじらせてしまい、肺炎になってしまいました。

遠田郡の病院で治療を受けた結果、肺炎は2週間程度で良くなりました。

ですが、肺炎が治った後も咳や息切れ、胸痛などの後遺症があったので、私は病院で治療を引き続き受けていました。

私は、病院で治療を受ける際、医師の診察後に病院に治療費の支払いをしていたのですが、毎回、クレジットカードを使って支払いを行っていました。

その結果、私のクレジットカードの借入残高は少しづつ膨らんでしまい、しまいに私は月々の借金返済に困るようになりました。

私は、3社のクレジットカード会社に合計110万円ぐらいの借金があったのですが、借入残高が増えたことで、借り入れ元本に付く利息によっても借入残高が膨らむようになりました。

このままだと、近い将来に借金返済ができなくなるのは明白だったので、私は何とかしなければと思い、自分が持っていたiPhoneを使って、インターネットで借金問題の対処方法について色々と調べてみました。

すると、借金問題を解決するためのベストな方法は、債務整理を仕事として行っている弁護士あるいは司法書士に、自分にあった債務整理のやり方を聞くことだということが分かりました。

そこで、私はインターネットを使って、遠田郡で債務整理を行っている弁護士もしくは司法書士を探してみました。

すると、遠田郡には債務整理を実施している弁護士がいることが分かったので、私は前もって電話でアポを入れたうえで、その弁護士の事務所へ出掛けました。

私は事務所に着いた後、弁護士と自分が抱えている借金について相談をしたのですが、弁護士から債務整理方法は任意整理が適しているとの回答をもらうことができました。

弁護士の説明によれば、任意整理では借り入れ元本を減額することはできないが、毎月の支払額を減らすことによって、月々の支払い負担を軽減することができるとのことでした。

私は借りたお金を踏み倒すつもりは毛頭なかったので、弁護士の勧めに従って、任意整理で債務整理を行うことにしました。

私は相談当日に、自分の身元証明としての運転免許証、印鑑、そして保有していたクレジットカード、借入明細などを持って行ったのですが、これらの資料だけで、弁護士と任意整理の委任契約を結ぶことができました。

その後、弁護士が私の借金問題の解決に取り組んでくれ、私の債権者と今後の借金の支払い方法に関して、協議をしてくれました。

その結果、今後の支払いでは、利息分の支払いを免除してもらうことができ、またクレジットカードの月々の支払い方法を毎月の返済負担の少ないリボ払いに改めることができました。

これらの債務整理の成果によって、私は借金問題を解決することができました。

また、私は遠田郡で賃貸アパートを借りて住んでいたのですが、生活コストを下げるために賃貸アパートを出て、両親が住む遠田郡の実家に居候をさせてもらうことにしました。

任意整理を実施したことで、私はクレジットカードの発行会社から借り入れ禁止処分を受けてしまいました。

その結果、私は持っていたクレジットカードを当分の間、買い物やサービス利用の決済に使えなくなりした。

私はクレジットカードが使えなくなったので、医療費の支払いは現金払いをしなければならなくなったのですが、引越しをして実家暮らしに改めて生活コストを下げた結果、医療費の支払いを借金をせずとも現金払いでできるようになりました。

契約社員という仕事は将来性が無いということは、私自身自覚をしているので、私は現在、自分のスキルアップを図って、安定した会社に転職をすることができるように、国家試験の取得のための勉強に励んでいます。

希望する国家試験の資格を取ることができたら、私は転職活動をしたいと考えています。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

遠田郡で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

遠田郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。