債務整理ガイド » 宮城県 » 牡鹿郡 » 女川町

女川町で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

女川の町章 牡鹿郡女川町の弁護士あるいは司法書士で、借金問題の相談を受け付けている法律事務所の一覧です。

借金の取り立て(督促)を受けている方の借金の悩みを解決するお手伝いをしている、女川町の法律事務所をお伝えしています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して女川町で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(女川町にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
↓↓ タップ ↓↓
アヴァンス法務事務所はこちら
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(女川町にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)
女川町の地図

女川町にある弁護士事務所

該当なし

女川町にある司法書士事務所

女川司法書士相談センター

債務整理の無料相談
場所 女川町女川浜字大原百九十番地 女川町総合運動公園内
MAP
女川司法書士相談センター
受付 平日13:00-16:30(日曜と祝祭日は休業)
TEL 0225-50-3001
鉄道交通 女川駅

女川町において、司法書士が行っている法務相談です。

借金問題の債務整理や相続・土地・会社の登記などに関する悩み相談をすることができます。

借金相談を望まれている方は、借金相談を受ける前に、あらかじめ所得と債務状況について整理をして、メモ用紙などに書き留めて、相談の場にそのメモ用紙を持参することをオススメします。

要点を整理して借金相談に臨まれることで、時間のロスなくスムーズに相談を受けることができます。

「サラ金や街金といった貸金業者から借金の返済を迫られていて、この状況から逃げるために、夜逃げなどで失踪することや、自分の人生を終わらせるために自殺をすることまで考えている」、「貸付を制限する総量規制によって、これ以上、貸金業者から借り入れをすることができなくなったので、所持しているクレジットカードで商品券などの換金しやすい商品を購入して、それを転売することで現金を得るというクレジットカードの現金化を行った結果、さらに負債額が高額になってしまったため、債務整理を受けたい」、「家族や兄弟姉妹、親戚などの身内が、銀行から融資を受けた際に連帯保証人になったが、その後、融資を受けた本人が破産をしたために、債権者である銀行から債務保証に基づく、借入金の支払い請求を受けて困っている」といったお金の悩みを抱えている方々には、女川町の当所では、借金相談で個別具体的な事情を聞いたうえで、最善となる負債整理の手続きを行っています。

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、牡鹿郡女川町内の女川駅の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

女川町で債務整理をする際の関連機関

女川町役場
女川町女川一丁目一番地一号

女川町に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

バンド活動に力を入れた結果、債務整理に実施しなければならなくなった

債務整理方法 職業 年齢・性別
任意整理 アルバイト 24歳(女性)
任意整理での債務整理

私は現在、女川町でアルバイトをして生計を立てています

私は高校生の頃から、バンド活動をしていました。

私はベースを担当していたのですが、バンドの中では中心的な存在でした。

そのため、ライブハウスの確保などは私が主に行っていました。

ライブをするときは他のバンドより目立たなければならないので、ビジュアル系の派手な衣装とメイクをしていました。

そのため、衣装にはお金が掛かりました

私はバンドのリーダー的存在だったので、バンド全体としての衣装の取りまとめをしていました。

だから、私は他のバンドメンバーの衣装づくりの手助けもしていました。

他のバンドメンバーもアルバイトで生計を立てている子が多かったので、中には衣装代を出すのが厳しいという子もいました。

衣装が無いとライブハウスで活動ができないので、私は衣装代を出すことができない子の衣装代を代わりに払ってあげるということもしていました。

消費者金融から借り入れを繰り返した結果、返済に苦労するようになった

その時に、私自身もお金があまりなかったので、私は女川町の近くにあった消費者金融業者から借り入れをして、お金を工面していました

バンドが売れれば、大金を稼ぐことができるので、そのためには今は借金をするのは、致し方ないと思っていました。

今考えると、若気の至りで、世の中をなめていたとしか言いようがありません。

私は消費者金融を度々、利用していた結果、借入総額が高額となってしまい、月々の借金返済に苦労するようになりました

そして、最終的には、私は借金返済を遅滞するようになってしまい、借入先の消費者金融業者から取り立てを受けるようになりました。

アルバイトを増やそうかとも思ったのですが、それではバンドの練習をする時間を確保できなくなってしまい、本末転倒となってしまいます。

借金の悩みを解消するべく、専門家に債務整理について相談をすることにした

そこで、私は毎月の借金返済の負担を減らすべく、借金問題の専門家に相談をして、債務整理をすることにしました。

私は女川町内で債務整理をすることができる場所を探してみたのですが、1カ所ですが見つけることができました。

そこは、司法書士が相談を受けている相談センターでした。

私は、その相談センターに出向き、司法書士に私が背負ってしまった借金問題の対応方法に関して相談をしました

相談を行った結果、司法書士の方から私のケースだと任意整理で債務整理を実施するのが妥当との助言をもらうことができました。

任意整理とは、裁判所その他の第三機関を使わずに、借入先の金融機関と直接、今後の借金の返済方法について、話し合いをする債務整理方法です。

そして、私の場合では、私自らが借入先の消費者金融と交渉をするのではなく、私の代わりに司法書士が交渉を実施してくれるとのことでした。

任意整理は、私自ら動く必要がなく、私は司法書士から債務整理手続きの進捗の報告を受けるだけで済むことが分かりました。

司法書士に債務整理として、任意整理の手立てを依頼

そこで、私は任意整理を実施することを決め、司法書士に正式に処理を依頼しました

任意整理を依頼する際には、「運転免許証などの身分証明書」、「印鑑」、「所有しているキャッシングカード」が必要でしたが、私は持参をしていたので、借金相談をした後、すぐに任意整理による債務整理を司法書士に依頼をすることができました。

正確な債務額の洗い出しは、司法書士が消費者金融から利用経歴を取り寄せて、算出をしてくれるとのことだったので、私が司法書士に伝えた債権者に関する情報は、債権者名と債権者の所在地、そしておおよその負債額と貸付金利の利率だけでした。

私が司法書士に仕事を依頼した後、すぐに司法書士は受任通知書を私の債権者に発送をしてくれました。

その結果、債権者からの取り立ての連絡が私の所には来なくなりました

また、司法書士から債務整理手続きに着手した後は、消費者金融の毎月の支払いを停止するように言われていたので、私は借金返済をストップしました。

そして、その代わりに、司法書士に支払う債務整理の代金をためるようにしました

私は司法書士に借金相談をして、その後、すぐに任意整理の手続きを依頼したのですが、依頼をしてから約2ヵ月程度で、司法書士から任意整理の処理が完了したとの報告を受けることができました。

債務整理を行った結果、利息の免除を受けることができた

司法書士が熱意を持って相手方の消費者金融業者と交渉をしてくれたお陰で、債務整理後の支払い再開以降は、利息分の支払いを不要にしてもらうことができました。

つまり、債務整理後は、無利息融資にしてもらうことができたということです。

利息分の支払いがなくなったおかげで、毎月の返済額は債務整理後には以前の2/3ぐらいで済むようになりました

私は借金問題を抱えた時点で、バンド活動をやめました。

音楽で食べるのはかなり厳しいという現実が分かったので、私は今後はバンド活動は趣味程度にやろうと考えています。

私は今はアルバイトで生計を立てていますが、近い将来、安定した収入を見込める公務員の仕事に就きたいと考えています。

私はまだ若いので、問題なく公務員採用試験を受けることができるので、今は公務員試験を受験するための勉強に励んでいます。

営業成績を上げるために借金をした結果、債務整理となった

債務整理方法 職業 年齢・性別
個人民事再生 貸金業 47歳(男性)
個人再生での債務整理

僕は、女川町の近郊にある某消費者金融で働いています。

僕は、大学を卒業後、ずっと貸金業界で働いてきました

そのため、僕は会社で多くの貸金に関する研修を受けた結果、貸金業務取締主任者となりました。

僕は貸金業のスタッフとして、これまで多くの顧客にお金を貸してきました。

貸付をした中には、返済することが困難となる方も多くいました。

僕はそのような方々に、督促の連絡をしたり、場合によっては債権回収訴訟を提起することもありました。

債務整理の提起による弁護士・司法書士との交渉を経験

また、相手が債務整理に着手をした結果、相手方の弁護士や司法書士と交渉をすることもありました。

僕は数々の修羅場を潜り抜けてきたのですが、いつも頭をなやましていたことは、毎月の貸付ノルマの達成でした。

部署の上司によって、部下一人ごとの毎月の貸付額の目標ノルマが設定をされていました。

そして、ノルマの成績結果が毎月、部署内の掲示板に貼り出されていました。

そのため、僕はノルマ達成のために、返済が困難になっているような客にも新たな貸付を行っていました

また、それだけでなく、自分自身でもノルマ達成のために借り入れをしていました

つまり、僕はお金を借りる必要が無かったにも関わらず、ノルマ達成のためだけに自分で借り入れをして、借金をしていたということです。

ノルマ達成のために自分自身で借り入れをしだした当初は、僕は借りたお金は一切使わずに、翌月に利息分を付けて全額返済をするように心掛けていました。

ですが、借りることに慣れてくると、僕は借りたお金を遊興費などに使ってしまうようになりました。

その結果、徐々に僕の借入残高は膨らんでいきました。

借入残高が高額となってしまうと、元金に付く利息の金額も多額となりました。

そのため、僕は毎月の借金返済では、利息の支払いにさえ、苦心するようになりました

毎月の利息によって、徐々に借金が増えていく状況となったので、僕はこれはダメだと自覚しました。

なぜなら、僕はこのような状況になった顧客をこれまで数百人と見てきており、その後、それらの顧客がどうなったかを知っているからです。

それらの顧客は、ほとんどの人が債務整理をする羽目になっていました。

また、一部の顧客は身内の人に借金の建て替えをしてもらうなどの債務整理以外の借金問題の解決策を取っていました。

いずれにせよ、僕の今の借金の状況だと、何らかの手立てを打たないと、自己破産に一直線だということは明らかでした。

自分自身の借金問題の解決に取り組むことにした

そこで、僕は自分自身の借金を整理するために債務整理を実施することを決めました。

僕は債務整理に関する知識はある程度はあったので、僕の場合だと個人民事再生を実施するのが妥当だということは分かっていました。

ですが、個人民事再生は裁判所を利用する債務整理方法なので、僕には裁判所との具体的なやり取りや裁判所に提出する書類の作り方に関する知識はありませんでした。

そこで、僕は自分の住まい近くで債務整理を手掛けていた女川町の司法書士に、自分の個人民事再生手続きのサポートを頼みました

僕は、まず初めに女川町の司法書士から言われた、裁判所に個人民事再生の申立てをするために必要な書類を作成するための資料の収集を行いました。

住民票や源泉徴収票などが必要だったので、一通り集めたあと、僕は女川町の司法書士に手渡しました。

僕が渡した資料を基に、女川町の司法書士が裁判所に提出する申立書を作成してくれることになりました。

女川町の司法書士が個人民事再生の申立書を作成した後、僕はそれを受け取って、裁判所に提出をしました。

その後、僕は女川町の司法書士と共に再生計画案を練って、作った再生計画を書留郵便で裁判所に送付をしました。

その後、裁判所内では、提出した再生計画の検討が実施をされたのですが、OKとの返事をもらうことができました。

その結果、僕の借金総額は約150万円にまで減額をすることができ、それを3年掛けて支払えば良いということになりました。

保有財産を失わずに債務整理ができたので、債務整理をして良かった

個人民事再生は自己破産とは異なり、財産を失うことはないので、自分が保有している家やクルマなどの財産は一切減らさずに済みました。

僕は多額の借金を抱え込んで、債務整理を実施する羽目になったのですが、この体験によって、多額の借金を抱え込んだ人の苦悩を理解できるようになったような気がします。

資本主義社会の世の中では、仕事でノルマを目標に頑張るのは当然のことなのかもしれませんが、ノルマ達成のために今後は二度と、自分自身や顧客を追い込むようなことはしないようにしようと心に誓いました。

現在、勤めている会社では、早期希望退職制度があるので、僕は早期に退職をして、第二の人生を歩むのも悪くないのかなと最近では思い始めています。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

女川町で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

牡鹿郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

宮城県
牡鹿郡(   女川町  )

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。