債務整理ガイド » 宮城県 » 牡鹿郡

牡鹿郡で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

牡鹿郡のエリアで利用可能な弁護士あるいは司法書士で、借金まみれとなって困っている方々の悩み解消を行っている法律事務所の一覧リストです。

毎月の借金返済に苦心している方々に対して、債務整理を施している牡鹿郡の法律事務所を掲載しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して牡鹿郡で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(牡鹿郡にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(牡鹿郡にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)

司法書士法人アストレックス

お勧め度
HP 司法書士法人アストレックス
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 着手金無料
  • 過払い金調査無料
日本全国対応 〇(牡鹿郡にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:00-21:00日曜10:00-18:00(土曜は完全予約制)
メール・電話
債務整理の料金
  • 過払金請求:基本報酬1社11,000円(税込)+成功報酬(過払金返還額[18%+消費税/訴訟20%+消費税])
  • 任意整理:費用1社33,000円(税込)~+成功報酬(過払金返還額[18%+消費税/訴訟20%+消費税])+事務手数料
  • 個人再生:(住宅賃金特別条項なし)330,000円(税込)+実費/(住宅賃金特別条項あり)385,000円(税込)+実費[再生委員が選出された場合、再生委員への報酬が必要/債権者数が6件超え1件11,000円(税込)加算]
  • 自己破産:(同時廃止)330,000円(税込)+実費/(管財事件)385,000円(税込)+実費+管財費用[債権者数が6件超え1件11,000円(税込)加算]
牡鹿郡の地図

牡鹿郡にある弁護士事務所

該当なし

牡鹿郡にある司法書士事務所

司法書士相談センター(女川)

債務整理の無料相談
場所 牡鹿郡女川町女川浜字大原190 女川町総合運動公園内
MAP
受付 月曜~金曜13:00-16:30(祝日・日曜は休み)
TEL 0225-50-3001
鉄道交通 石巻線 女川駅

土地や相続、建築新築などに関する登記などの手続き相談、多額の借金を抱えてしまった方への債務整理の相談などを受けている、牡鹿郡の司法書士相談センターです。

予約をされた方の相談を優先して実施しているので、できるだけ事前に牡鹿郡の当所に連絡をしたうえで、お越しいただくことを推奨しています。

「勤務している会社の経営が悪化したために、会社再建を目的として給与のカットが実施されたので、マイホームローンやマイカーローンなどの長期ローンの支払いが困難となってしまった」、「クレジットカードや銀行ローンカード、キャッシングカードを多用したために借金地獄となったので、債務整理を行いたい」、「転職を繰り返した結果、所得が下がったり、失業をしたために収入が途絶えたので、借金返済ができなくなってしまった」などといった金銭的な問題を抱えている方々には、当所の司法書士がじっくりと借金相談で悩み事の内容を聞いたうえで、ベストな負債を整理するための手立てをアドバイスしています。

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、牡鹿郡内の女川町の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

牡鹿郡で債務整理をする際の関連機関

牡鹿郡に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

夫の闘病生活により、債務整理に至ってしまった

債務整理方法 職業 年齢・性別
自己破産 パート社員 44歳(女性)
自己破産での債務整理

私は旦那と共に牡鹿郡に住んでいます。

私たち夫婦には子供はいないので、牡鹿郡で二人暮らしをしています。

元々は旦那は公務員だったので、それなりの給料をもらうことができていました。

そのため、旦那が働いていた頃は、私たち夫婦は頻繁に旅行へ出掛けたり、高級なお店へ行っていました。

また、マイカーは最初の車検が来る前に新車に買い替えるという生活を送っていました。

ほとんどの支払いは、お得となるポイントをためたかったので、クレジットカードを使って支払いをしていました。

その結果、クレジットカードの借入残高は常に高額となっていました。

そんな最中、旦那が脳いっけつで倒れてしまいました。

旦那は働ける状態では無くなったので、仕事は辞めざる負えませんでした。

旦那は働くことができなくなり、且つ、病院に支払う高額医療費のために、我が家の収支バランスは崩れてしまいました。

健康保険の高額医療費制度を利用して、医療費の支払いをしていましたが、それでも医療費の負担は我が家の重荷になっていました。

医療費の支払いは、暫くの間はクレジットカードを使って行っていたのですが、やがてクレジットカードは貸付限度額一杯まで借り入れをしてしまったので、これ以上、クレジットカードを使って支払いをすることができなくなりました。

私は困り果ててしまい、牡鹿郡の近郊にあったプロミスの自動契約機を使って、お金を借りてしまいました。

プロミスの自動契約機を使って、プロミスと金銭貸借契約を結んだ時に、プロミスから私用のキャッシングカードが発行されました。

私はこのキャッシングカードを使って、繰り返しコンビニなどに設置をされているATMを使って、借り入れをしてしまいました。

その結果、私はプロミスにも多額の借金を負ってしまいました。

私は、「このままだとどうなってしまうのだろう」と心配事が絶えない日々を送ることになりました。

そして、しまいには、クレジットカードとプロミスの月々の支払いが困難となってしまい、私は取り立てを受けるようになりました。

私は、さずがに困ってしまい、牡鹿郡に住んでいた実家の両親に、自分の借金のことについて相談をしてみました。

すると、両親から司法書士を使って、債務整理をするように言われました。

私は、その時に両親から、牡鹿郡で債務整理の相談をすることができる司法書士を紹介してもらうことができました。

私は、すぐに、その司法書士に連絡を取った後、司法書士の事務所へ出向いて、借金相談をしました。

借金相談をした結果、私は司法書士から自己破産を実施するのが適切との言葉をもらいました。

私は自己破産をすることには抵抗があったのですが、旦那が闘病中という現在の状況を考えると受け入れざる負えませんでした。

そして、私は自己破産を実施することを決断し、自己破産手続きの手助けを、相談をした司法書士に依頼をしました。

すると、司法書士が受任通知を私の債権者に送付をしてくれたので、それ以降、私に直接、督促の連絡が債権者から来ることはなくなりました。

そして、私は司法書士から自己破産をするために必要な書類の一覧表をもらったので、その一覧表に基づいて、書類集めに奔走しました。

そして、必要書類を一通り集め終えた時点で、私は司法書士の事務所に出向いて、裁判所に提出する破産申立書の作成をお願いしました。

破産申立書は1週間程度で出来あがり、私は司法書士からその破産申立書を受け取り、自分が住んでいる牡鹿郡を管轄している地方裁判所へ行って、破産申立書を提出しました。

司法書士が作成してくれた破産申立書には、不備が無かったようで、その後、裁判所において、私の自己破産手続きが開始をされました。

私たち夫婦が住んでいた家は、賃貸マンションだったので、自己破産によって家を取られるということはありませんでした。

裁判所では、同時廃止として破産手続きが進められていたのですが、結局、債務の免責を認めてもらうことができました。

その結果、抱えていた全ての負債を合法的に消滅をさせることができました。

今現在は、旦那は病院を退院して、定期的に病院でリハビリを受けるために病院通いをしています。

旦那は、障がい者指定を受けることができたので、国民年金機構の障害基礎年金を受給できるようになりました。

その結果、私と旦那は医療費が掛かりつつも、なんとか借金をせずに暮らせれるようになりました。

今は借金問題をきれいさっぱりと解決できたので、私は旦那と共に平穏な日々を送っています。

債務整理となった原因は、プチぜいたくをくりかえしたため

債務整理方法 職業 年齢・性別
特定調停 契約社員 27歳(女性)
特定調停での債務整理

私は牡鹿郡にある食品加工会社で、契約社員として主に事務関係の仕事をしています。

私は高卒ということもあり、更に牡鹿郡は田舎ということもあって、もらえている給料は自分の同年代の平均以下でした。

そのため、私の生活はあまり余裕がありませんでした。

にもかかわらず、私は友達からの誘いを断ることができず、仕事が休みの週末は、ほぼ毎週、友達と遊び歩いていました。

その結果、私は生活費が足りなくなってしまうこと度々ありました。

私は今から約5年前に、自分の給与が振り込まれる牡鹿郡にある銀行で、銀行カードローンの契約をしました。

銀行カードローンの契約と行っても、私は銀行預金口座を既に作ってあったので、銀行の店舗内に設置されている現金自動支払機を使うことで、簡単に契約をすることができました。

銀行カードローンを手に入れてから、私は生活費が不足するたびに、銀行のローンカードを使って借り入れをするようになりました。

私の給料の振り込み日は月末の25日なのですが、給料の振り込み日前にお金が足りなくなるので、ローンカードで借り入れをして、そして給料日に借りたお金の支払いをするということをしていました。

ですが、ローンカードは毎回、借入額の全額を返済する必要は無かったので、私は毎月の支払額は最低金額しか支払いをしていませんでした。

その結果、時が経つごとに私の銀行カードローンの借金総額は増えていきました。

そして、借金総額が増えることで、毎月支払わなければならない最低返済額がアップをしたために、私は毎月の支払いに困るようになりました。

そこで、私は月々の支払い負担を軽減したいと考え、銀行の担当者に直接、支払い負担の軽減ができないかを掛け合ってみました。

ですが、銀行の担当者からは、現在の毎月の支払額は契約書通りということで、取り合ってもらうことができませんでした。

そのため、私は自力で借金の返済負担を軽減することを諦めて、債務整理の専門家に相談をしてみることにしました。

調べてみると、牡鹿郡で司法書士に借金相談ができることが分かったので、私はその方にアポを取ったうえで、相談をしてみました。

私は司法書士から債務整理の方法には様々な手法があることを教えてもらったのですが、私に合った方法として、特定調停の実施を勧められました。

司法書士から特定調停で債務整理を実施するメリットには、「ほとんどの手続きを自分自身で実施することになるので、債務整理費用を低額に抑えることができる」、「債権者との交渉は裁判所の調停委員が行ってくれる」、「自分の財産を差し押さえされることなく債務整理を行える」があることを教えてもらいました。

その一方で、特定調停のデメリットには、「多く支払った利息金(過払い金)がある場合に、そのお金を回収できない」、「裁判所に2回ほど出廷しなければならないので、手間が掛かる」、「調停が成立した場合、債務名義が作成されるので、債務整理後に借金返済を滞らせてしまうと裁判を経ずに差し押さえなどの強制執行を受けてしまう」、「債務整理を実施した事実が、信用情報機関に登録される(ブラックリストに載る)ので、当分の間、貸金業者から金銭の借り入れができなくなる」があることを教えてもらいました。

私の借金には過払い金は一切無かったこと、そして、どのような債務整理方法を実施してもブラックリスト載りは回避不可能なことから、私にとって特定調停はデメリットよりメリットの効果の方が大きいと感じたので、私は特定調停で債務整理を実施することにしました。

その後、私は相談をした司法書士のバックアップを受けつつ、特定調停の手続きを進めていきました。

私が実施した特定調停の具体的な流れは、「必要書類を作成した後、簡易裁判所に特定調停申立てを送達(届出)」→「裁判所によって事情聴取期日が設定されるので、その日に裁判所に出廷」→「裁判所が設定した調停期日に出廷して、調停委員を仲裁役として債権者と話し合い」→「債権者との合意により、調停が成立」→「調停で決定した内容に基づいて、借金返済を開始」となりました。

ちなみに、特定調停の申立ての際に用意しなければならなかった資料は、「特定調停申立書」、「関係権利者一覧表」、「保有資産の一覧表」、「家計の収支表」、「給与証明書」、「納税証明書」、「借家の賃貸借契約書」、「水道光熱費の領収書(銀行口座引落の場合は銀行預金通帳のコピーでも可)」、「印鑑」、「印紙代・切手代」となりました。

私は申立ての書類を用意する手間や出廷する手間が掛かりましたが、特定調停を実施したことによって、現在抱えている借金の将来利息をカットしてもらうことができ、返済期間を24回分延長してもらうことができました。

特定調停で債務整理を実施した結果、毎月の支払い負担は約半額にまで減らすことができました。

私は借金問題を解決するために、債務整理の実績のある司法書士に借金相談をしましたが、そのかいがあって、自分の借り入れ状況にジャストフィットした債務整理方法を実施することができました。

現在、借金問題を抱えて苦労している方は、自分だけで何とかしようとするのではなく、早期に債務整理のプロである弁護士あるいは司法書士に相談をすることをオススメします。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

牡鹿郡で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

牡鹿郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。