債務整理ガイド » 大阪府 » 豊能郡 » 豊能町

豊能町で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

豊能の町章 豊能郡豊能町で、金融機関からの取り立てに困っている方々に対して救いの手を差し出している弁護士と司法書士の法律事務所のリストです。

借金の取り立てに苦労している債務者に債務整理を施すことができる、豊能町の法律事務所を提示しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して豊能町で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(豊能町にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(豊能町にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)

サンク総合法律事務所

お勧め度
HP サンク総合法律事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 月間600件以上の相談実績
  • 初期費用0円
日本全国対応 〇(豊能町にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話 0120-613-025
債務整理の料金
  • 過払金請求:報酬金19,800円+過払金報酬20%
  • 任意整理:着手金39,800円+報酬金19,800円+減額報酬10%
  • 個人再生:500,000円~
  • 自己破産:450,000円~
豊能町の地図

豊能町にある弁護士事務所

弁護士相談(豊能町)

債務整理の無料相談 〇(30分まで)
所在地 豊能町余野414-1
MAP
弁護士相談(豊能町)
営業時間 毎月第二・四火曜日13:00-16:00
電話 072-739-3413
電車アクセス ときわ台駅

豊能町の役所で実施している、多重債務問題などの法的な悩み相談を受け付けている弁護士による法律相談会です。

「懇意にしている知人が銀行から借り入れをする際に、その借入金の連帯保証人を引き受けたが、その知人が経済的に破綻してしまったために、債権者である銀行から保証債務に基づく借金の返済を要求されて当惑している」、「低賃金で働いているために生活苦となっており、貸金業者からお金をたびたび借りた結果、今度はその借金の支払いに苦しんでいる」、「難病にかかってしまったために、健康保険の高額医療費制度を利用しても医療費が多額となってしまい、金融機関から借り入れをして医療費の調達を繰り返した結果、借入総額が高額となり、その借金の返済が厳しくなってしまった」といった借金問題で追い詰められている債務者には、弁護士は借金相談で事情を詳しく聴いたうえで、最良と言える債務整理の手立てを行っています。

高額な負債を抱えて、借金返済に行き詰まると、その事を自分の汚点と捉えてしまい、誰にも借金相談をせずに、一人だけ若しくは家族だけでなんとか問題を解決しようと頑張る方がいます。ですが、借金の整理方法についての専門知識を有しない方が頑張って債務整理をしようとしても、良い解決方法に至ることはまずなく、ただ単に時間だけを無駄にしてしまうことになります。高額の負債がある中で、時間を無駄にすると、借金に付加される利息金や借金返済を遅延した場合にペナルティとして付加される遅延損害金によって借金総額はさらに増加することになります。従って、借り入れ状況が悪化してしまうような事態を避けるためにも、豊能町の当役所で実施している弁護士による借金相談を早期に受けて、少しでも早く債務整理の手続きに着手をするようにしていただきたいです。

豊能町にある司法書士事務所

該当なし

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、豊能郡豊能町内のときわ台駅の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

豊能町で債務整理をする際の関連機関

豊能町役場
豊能郡豊能町余野四百十四番地一

豊能町に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

ショッピングや旅行を楽しんだ結果、債務整理となってしまった

債務整理方法 職業 年齢・性別
特定調停 契約社員 33歳(女性)
特定調停での債務整理

私は豊能町に住む、30代の独身女性です。

私は今から約5年前に債務整理を実施しました。

これを読まれている方には、私と同じてつを踏まないように私が冒した誤りについて話したいと思います。

私は豊能町にある実家で両親と共に暮らしています。

実家暮らしということもあって、家賃の支払いが要らない分、私はお金に余裕がありました。

私にとって豊能町は生まれ育った地元ということもあって、幼なじみが大勢いました。

また、私は契約社員でしたが、職場にも仲の良い同僚が沢山いました。

私が勤めていた会社は週末の土日が休みだったのですが、私は友達に誘われてショッピングを楽しんだり、旅行に頻繁に出掛けていました。

私は、これらの出費の支払いには、現金ではなく、持っていたクレジットカードを使って支払いをしていました。

そして、その支払方法としてはリボ払いを選択していました。

リボ払いにすれば、毎月低額の支払いだけで、借金返済が済むからです。

ですが、リボ払いを選択していた結果、私の借入残高はどんどん増えてしまい、クレジットカードに設定してあるショッピング枠の融資可能額の上限値までお金を借りてしまいました。

今考えると、この時に本来なら出費を制限して、クレジットカードの返済が進んで、ショッピング枠に空きができるのを待つべきでした。

ですが、私はしないで、別の信販会社にクレジットカードの新規作成を依頼して、もう一枚、クレジットカードを作成してしまいました。

そして、新しく作ったクレジットカードを用いて、ショッピングや旅行を楽しんでしまいました。

その結果、私の借金総額は高額となってしまい、私の給料ではリボ払いでも月々の支払いが厳しくなってしまいました。

私は、クレジットカードの支払いを遅延するようになってしまい、債権者である信販会社の債権回収部門から借金の返済請求を受けるようになりました。

私は、困ってしまい自分の親に相談をしました。

親は裕福ではなかったので、資金援助をしてもらうことはできなかったのですが、豊能町の役所に行けば、弁護士による借金相談を受けることができるので、その借金相談を受けるように勧めてくれました。

私は豊能町の役所に連絡をしてみると、借金相談は月に2回、実施されていることが分かったので、借金相談の予約を入れたうえで、後日、借金相談に臨んでみました。

借金相談の相談員は弁護士だったのですが、私が自分の借金事情を説明した後、弁護士からは債務整理方法として特定調停を実施することを提案されました。

弁護士から聞いた話だと、特定調停は債務整理に掛かる費用が1万円ちょっとで済むので、他の債務整理方法と比較すると格段にリーズナブルな費用で債務整理を実現できるとのことでした。

また、特定調停での債務整理では、裁判所の調停委員を交えて債権者と今後の借金の支払方法について交渉をするので、話しがまとまりやすいということも教えてもらいました。

結局、私は弁護士のおススメに従って、特定調停で債務整理を実施することにしました。

その後、私は特定調停の手続きを行っていったのですが、裁判所では、調停委員が債権者との仲立ちをしてくれたので、割とスムーズに債権者との話し合いを行うことができました。

特定調停で債務整理を進めた結果、私は交渉の末、次回以降の返済では、利息金の支払いを不要にしてもらうことができました。

つまり、特定調停で債務整理を行った結果、貸付金利ゼロでの融資にしてもらうことができたということです。

債務整理をしたことで、借金返済時に月々の利息の支払い分がなくなったので、月々の返済額が少額で済むようになり、私は完済まで借金返済を継続できるようになりました。

私は、多額の借金を抱えて以降は、ショッピングと旅行を控えるようにして、借金返済に注力をしました。

その結果、現在では、全ての借金を払い終えたので、私は借金生活から解放されることができました。

無駄遣いによる浪費が原因で、債務整理を実施する羽目になった

債務整理方法 職業 年齢・性別
個人破産 宅配業 52歳(男性)
自己破産での債務整理

僕は若い頃から浪費癖がありました。

僕はクルマが好きだったので、高級車を購入し、そのクルマ用をパーツを追加してドレスアップすることを楽しんでいました。

また、僕はお酒が好きだったので、頻繁に夜の街に飲みに出掛けていました。

僕はクルマに掛けたお金の支払いは、自動車用品店で用意をしてあった割賦払いを利用し、また、飲みに行く際に財布にお金がない場合には、所有していた銀行カードローンを使って現金の借り入れをして出掛けていました。

クルマと飲酒関係の出費という浪費を続けた結果、僕の借金総額は気付いた時にはかなりの高額になっていました。

僕の給料は歩合制だったので、収入を増やそうと頑張って働きましたが、それにも限界がありました。

僕は借金が増えたことで、借金の支払いに困るようになってしまいました。

この時に僕は、豊能町にあった大手キャッシング会社の無人契約機で金銭貸借契約を結び、現金の借り入れと返済ができる自分用のキャッシングカードを作りました。

作ったキャッシングカードは、キャッシング会社のATMだけでなく、コンビニや銀行に設置されているATMも利用することができました。

そのため、僕が住んでいる豊能町の賃貸マンションのすぐそばにあるコンビニのATMを使って、僕はキャッシングカードで借り入れをして、借金返済のお金を用立てるようになりました。

今思えば、キャッシングカードを作ったことは、借金に借金を増やす悪手だったと思います。

でも、この時は、そのことに気付きませんでした。

キャッシングカードを作って借り入れを繰り返した結果、さらに借金総額は増えてしまい、僕は借金まみれの多重債務者となってしまいました。

僕は最終的には、複数の金融機関から取り立てを受けるようになり、窮地に追い詰められました。

僕の借金総額は、借入元本に利息が付加されたこともあって、500万円を優に超えていました。

既に自力で自分の借金問題を解決するのは無理だと思えたので、僕は豊能町の行政で行っていた弁護士による法律相談を受けて、自分の借金の解決方法について相談をしてみました。

すると、弁護士からは借金総額が高額なので、個人破産で債務整理をした方が良いと言われました。

弁護士が個人破産を僕に勧めた理由の一つには、私の住まいは賃貸で持ち家ではなかったので、個人破産を行っても家を失うことがないからとのことでした。

僕は、個人破産で債務整理をした場合に、勤め先に知られてしまうことを危惧しました。

弁護士に個人破産をした結果、勤め先に知られることはないかを尋ねたところ、個人破産をすると官報という政府の情報誌に破産した事実が記載をされるが、一般の会社や一般人が官報を逐一確認することはまずないので、個人破産で債務整理をを行っても勤め先に知られてしまう可能性は、非常に低いとのことでした。

そこで、僕は覚悟を決めて、個人破産で債務整理を実施することにしました。

個人破産の措置は、相談をした弁護士が自分の代わりに進めてくれました。

そのため、僕は弁護士から時たま、進捗の報告を受けるだけだったので、僕自身はさほど債務整理の手続きに工数を取られることはありませんでした。

そして、弁護士に個人破産による債務整理の措置を依頼してから1年弱が経過した時に、弁護士から個人破産の手続きが終わったとの連絡をもらうことができました。

弁護士からは、裁判所で僕の個人破産が認められたので、僕の借金は全て帳消しになったとの説明を受けました。

高額の借金を抱えていた時は、不安で仕事がろくに手に付かなくなっていたのですが、債務整理によって借金がなくなったことによって気持ちが楽になり、気持ちを集中させて仕事に取り組むことができるようになりました。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

豊能町で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

豊能郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

大阪府
豊能郡(   豊能町  )

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。