債務整理ガイド » 大阪府 » 泉南郡 » 熊取町

熊取町で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

熊取の町章 泉南郡熊取町において、借金返済に窮した方をバックアップしている弁護士と司法書士の法律事務所のリストです。

借金まみれの多重債務者となって苦心している方に債務整理を行うことで、悩みを解消している熊取町の法律事務所を掲示しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して熊取町で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(熊取町にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(熊取町にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)

サンク総合法律事務所

お勧め度
HP サンク総合法律事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 月間600件以上の相談実績
  • 初期費用0円
日本全国対応 〇(熊取町にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話 0120-613-025
債務整理の料金
  • 過払金請求:報酬金19,800円+過払金報酬20%
  • 任意整理:着手金39,800円+報酬金19,800円+減額報酬10%
  • 個人再生:500,000円~
  • 自己破産:450,000円~
熊取町の地図

熊取町にある弁護士事務所

奥野法律事務所

債務整理の無料相談
所在地 熊取町五門東三丁目三十番十七号
MAP
奥野法律事務所
営業時間
電話 072-453-2483
電車アクセス 熊取駅

金銭貸借に関するトラブル、その他の幅広い民事事件、および一般刑事事件などを扱っている、熊取町にある弁護士が運営する法律事務所です。

「多重債務状態になっており、貸金業者から借り入れが可能な金額は年収の3分の1までという総量規制によって、これ以上お金を借りることができなくなったので、クレジットカードを使って、金券などを購入して、それを売却することで現金を得るクレジットカード現金化を行った結果、借入総額がより一層増えてしまい借金地獄となった」、「マイカーローンやマイホームローンといった長期ローンを抱えていたが、新型コロナなどによって、所得がダウンしたために、ローンの支払いを続けることが困難となった」、「見栄っ張りな性分なので、金融機関で借金をしてまで高級車に乗ったり、高級ブランド品を身に着けていた結果、借入総額が高額となって、その支払いに困っている」などといった借金問題で厳しい立場となっている債務者には、借金相談で事情を伺ったうえで、最適化した債務整理を実施するようにしています。

熊取町の当事務所では、サラ金問題や多重債務問題を解決するための債務整理を重点取扱分野としているので、借金のことで悩まれている方は、是非とも当所に御一報ください。

熊取町にある司法書士事務所

該当なし

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、泉南郡熊取町内の熊取駅の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

熊取町で債務整理をする際の関連機関

熊取町役場
熊取町野田1-1-1

熊取町に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

仕事で自腹を切った結果、借金を重ねてしまい、債務整理へ

債務整理方法 職業 年齢・性別
特定調停 販売業 30歳(男性)
特定調停での債務整理

僕は、熊取町の某スーパーで日曜雑貨を販売するコーナーを担当しています。

スーパーの各コーナーでは、月毎の販売目標が設定されていて、各担当者はその目標を達成できるように、頑張っていました。

達成目標の数値は、かなり厳しい数値だったので、達成をできるのはごく数人の担当者だけでした。

ですが、あまりにも成果が低い状態が続いてしまうと、今後の出世に影響がでるのは確実でした。

そのため、僕は販売の成果が低かった月は、自腹で自分が担当しているコーナーの日用雑貨を購入して、成果の水増しをしていました。

成果の水増しをしていたために、僕は貯金がほとんどありませんでした。

僕は成果を水増しするために給料を使った結果、生活費が足りなくなってしまいました。

そして、僕は生活費が不足するたびに、僕が住んでいる熊取町の銀行で作った銀行カードローンのカードを使って、借り入れを繰り返していました。

そして、銀行カードローンの貸付限度額の上限まで、銀行カードローンでお金を借り切った後は、僕は熊取町の近郊にあった消費者金融に手を出してしまいました。

消費者金融も利用するようになった結果、徐々に借入額は増えていき、借入額の合計は200万円を超えてしまいました。

僕は月々の利息を払うだけでも苦労するようになってしまい、このままだといずれ、自己破産になってしまうのではと危惧しました。

そして、事態がこれ以上、悪化してしまう前に債務整理に取り組んだ方が良いと思い、僕は債務整理に着手する決心をしました。

幸いなことに熊取町には業務として債務整理を手掛けている法律事務所があったので、僕はそこへ借金相談をするために出掛けました。

借金相談をしてみると、担当の方は弁護士だったのですが、債務整理の経験が豊富ということが分かったので、僕は安心して事情を話することができました。

僕は熊取町の弁護士に貸金業者からの借入状況と月々の家計の収支について説明をしました。

すると、弁護士からは特定調停で債務整理をすることを推奨されました。

特定調停で債務整理をすれば、債務整理に掛かる費用は数万円程度で済むので、債務整理を実現するための費用を抑えることができるとのことでした。

僕は、熊取町の弁護士の提案に従って、その後、特定調停で債務整理の手続きを行っていきました。

僕は特定調停の手続き中に、簡易裁判所に数回、出向いたのですが、最終的には今後の借金の支払い方について債権者と和解することができました。

和解の内容は、「今後は無利息融資とすること」と「返済期間を24回分増やす」というもので、この内容で合意に至りました。

僕は特定調停で債務整理を実施した結果、借金を完済するまでの返済計画を立てることができるようになりました。

今回、僕は自分の販売成績を上げるために自腹を切ったことで、債務整理に至ってしまったので、今後は自腹を切ることなく販売キャンペーンを行うなどの販売成績を上げるための施策を実施することで販売成績を上げたいと考えています。

シングルマザーで子育て費用を借り入れで賄った結果、債務整理をすることになった

債務整理方法 職業 年齢・性別
自己破産 事務職(派遣) 42歳(女性)
自己破産での債務整理

私は若くして結婚をしたのですが、私の結婚生活は長くは続かず、3年で破局を向かえてしまいました。

私たち夫婦の間には幼い子供が一人いたのですが、親権は私が持つことになり、子供は私が引き取りました。

その後、私は熊取町で、幼い子供との二人生活を送ることになりました。

私は、幼い子供を抱えながら仕事をしなければならなかったので、当時はアルバイトで得たお金と元夫から送られてきた養育費だけで生活をしていました。

ですが、度々、生活費に困ることがあり、私はその度に、持っていたクレジットカードを使って、キャッシングをして、生活費のためのお金を用立てていました。

クレジットカードで借りたお金の支払方法には、リボ払いという方法があり、リボ払いにすると月々の返済額を低額にすることができました。

このため、私はクレジットカードを使うときは、必ずリボ払いで支払いをするようにしていました。

その後、子供が大きくなると、学習塾の費用と部活費用などが掛かるようになりました。

これらのお金もクレジットカードを使って、キャッシングをすることで用立てていたのですが、クレジットカードを使いすぎた結果、ショッピング枠とキャッシング枠の両方とも、融資限度額の最上限にまで達してしまいました。

そうなると、クレジットカードは返済が進んで枠に空きができるまで、利用することができなくなります。

そうなると、借り入れができないので、生活が困窮してしまうことになります。

私は、子供にひもじい思いをさせたくはありませんでした。

私は子供が小学生に上がった時ぐらいから、派遣社員として働いていました。

私は自分の給料が振り込まれる、熊取町の銀行支店が発行していた銀行ローンカードの契約をしました。

そして、私は銀行ローンカードを使って、銀行ATMで現金の借り入れをするようになりました。

その後、私はクレジットカードと銀行カードローン間で借金返済のためのお金を調達しあった結果、借金があっという間に膨らんで、私はクレジットカードと銀行カードローンの両方の借金返済を遅延させるようになってしまいました。

この時に私は、場当たり的に、熊取町の近郊にあった消費者金融の無人契約機でキャッシングカードを作って、そのカードを使って、借金返済のためのお金を借りてしまいました。

このような、その場しのぎの自転車操業で資金繰りをした結果、私は借金まみれとなってしまい、借金総額は優に300万円を超えてしまいました。

私は、抱え込んだ借金の対処方法を真剣に考えなければならなくなりました。

私は借金相談ができる所を熊取町で探したのですが、借金相談を受け付けている法律事務所を見つけることができたので、そちらに訪れてみました。

借金相談では、弁護士が私の話しを聞いてくれました。

私は自分の収入の状況と、借金の状況について、熊取町の弁護士に説明をしたのですが借金総額と比較をすると収入が少なすぎるので、自己破産で債務整理をするのがベストとの提案を受けました。

私は自己破産で債務整理をした時に、子供が学校に行きにくくなるなどの悪影響がでることを心配しました。

そのことを熊取町の弁護士に質問したところ、弁護士からは自己破産で債務整理を実施しても子供の学業に影響がでることはないとの説明を受けました。

そのため、私は安心して、自己破産を行うことを決め、そのための債務整理手続きを相談をした熊取町の弁護士に依頼をしました。

熊取町の弁護士が管轄の地方裁判所に破産申立てをした後、私にはほとんど資産が無かったことから同時廃止事件として債務整理手続きが行われました。

そして、その後、裁判所で免責の許可が下り、私の借金を全て帳消しにしてもらうことができました。

自己破産を実施したことで、私は金融機関間で利用されているブラックリストに載ったようで、今まで使っていた全ての借入用のカードが利用停止や強制解約となってしまいました。

当分の間、私は現金生活を余儀なくされることになったのですが、前向きに考えて借金をせずに生活を送るための習慣を身に着けることができると捉えることにしました。

今後、どうしてもお金がなくて生活に困窮することがあった場合には、私は熊取町の役所に出向いて、生活保護の支援を受けることができないかを相談しようと思っています。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

熊取町で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

泉南郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

大阪府
泉南郡(   熊取町  )

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。