債務整理ガイド » 大阪府 » 南河内郡

南河内郡で債務整理の相談を行う弁護士・司法書士の法律事務所

借金問題は債務整理で解決

南河内郡で、借金地獄となっている方々をバックアップしている弁護士・司法書士の法律事務所の一覧表です。

貸金業者から取り立てを受けて困っているような方々に対して、債務整理を行っている南河内郡の法律事務所を掲示しています。

>> すぐに借金相談をする

全国対応のおすすめ法律事務所

債務整理の法律事務所ってどこを選べばいいのかしら?

弁護士の僕がお勧めなのは実績が豊富な大手の法律事務所だよ。

ここでは、安心して南河内郡で債務整理の相談ができる大手の法律事務所を紹介するよ!

ウイズユー司法書士事務所

お勧め度
HP ウイズユー司法書士事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 毎月の負担額軽減
日本全国対応 〇(南河内郡にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:1社10,000円+回収金額の20%(訴訟提起の場合、別途、印紙・郵券代が必要)
  • 任意整理:1社50,000円(過払金を回収した場合は追加で回収金額の20%)
  • 個人再生:住宅ローン特則なし300,000円/住宅ローン特則あり350,000円(別途、予納金・申立印紙代が必要)
  • 自己破産:250,000円~

アヴァンス法務事務所

お勧め度
HP アヴァンス法務事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • メール相談は24時間対応
  • 土日祝:休まず営業
日本全国対応 〇(南河内郡にも対応)
相談可能時間 メールは24時間対応/電話は平日9:30-21:00 土日祝:9:30-19:00
電話・メール
債務整理の料金
  • 過払金請求:着手金1社あたり55,000円+成功報酬1社あたり22%+(訴訟の場合は成功報酬+2.2%)
  • 任意整理:着手金1社あたり55,000円+減額報酬11%
  • 個人再生:418,000円(住宅資金特別条項を利用の場合は473,000円)+予納金・印紙代などの実費40,000円程度
  • 自己破産:着手金352,000円+予納金・印紙代などの実費40,000円程度(管財事件の場合は別途費用が必要)

サンク総合法律事務所

お勧め度
HP サンク総合法律事務所
債務整理の無料相談
特長
  • 相談無料
  • 月間600件以上の相談実績
  • 初期費用0円
日本全国対応 〇(南河内郡にも対応)
相談可能時間 24時間365日受付
電話 0120-613-025
債務整理の料金
  • 過払金請求:報酬金19,800円+過払金報酬20%
  • 任意整理:着手金39,800円+報酬金19,800円+減額報酬10%
  • 個人再生:500,000円~
  • 自己破産:450,000円~
南河内郡の地図

南河内郡にある弁護士事務所

該当なし

南河内郡にある司法書士事務所

野村司法書士事務所

債務整理の無料相談
場所 南河内郡河南町大字一須賀478-1
MAP
受付
TEL 0721-93-5470
鉄道交通 近鉄長野線 喜志駅

南河内郡にある当法務事務所は、皆様に取って身近な存在であり続けたいと考えています。 借金問題の債務整理や裁判手続き、その他の生活に身近な法務に関する相談を受けています。

「夢のマイホームが欲しかったので、無理をして地元の銀行で住宅ローンを組んで、家を購入したが、新型コロナによって所得が減ってしまったために、住宅ローンの返済を継続することが厳しくなった」、「冠婚葬祭のためのお金を用立てるためにクレジットカードを使ってキャッシングをしたが、その後も、金欠の度にキャッシングを繰り返してしまい、借入総額が膨らんで、返済に窮している」、「株式やFX、不動産などに投資をした結果、巨額の損失を出してしまい、その支払いに困っている」といった金銭面でピンチとなっている方々には、借金相談で個別具体的な事情を聞き取りした後に、ベストな債務整理の手立てを実施することで借金問題の悩みを解消しています。

南河内郡の当所では、他分野の専門家とも連携をすることができる体制を構築しているので、必要に応じて他分野の専門家とも連携を図ることで、当所だけで全ての問題を解決できるように努めています。

上記掲載の弁護士事務所、司法書士事務所では、南河内郡内の太子町・河南町・千早赤阪村の地域にお住まいの借金整理・債務整理で悩まれている方を対象としています。

南河内郡で債務整理をする際の関連機関

南河内郡に住んでいる人に役立つ債務整理の体験談

酒やギャンブルに溺れた結果、債務整理となった

債務整理方法 職業 年齢・性別
私的整理 自営業 39歳(男性)
任意整理での債務整理

僕は、南河内郡で定食屋を経営しています。

僕は昔からお酒が好きで、毎日、仕事が終わった後は晩酌をしています。

30歳を超えたあたりから、僕はお店の常連客に誘われて競馬やパチンコなどのギャンブルをするようになりました。

最初の頃は、ギャンブルは少額だけを賭けるようにして楽しんでいたのですが、金銭感覚が徐々に狂いだしてしまい、かけ金の額が増えてしまいました。

今考えてみると当たり前ですが、ギャンブルというものは最終的にはギャンブルを主催している胴元が勝つようにできています。

ですが、ギャンブルにハマっていた時には僕はそのことに気付きませんでした。

ギャンブルを続けていくうちに、僕は負けが込んでしまい、そんな日に限ってやけ酒を飲んでいました。

僕はギャンブルやお酒を飲むためのお金を、所有していたクレジットカードを利用して捻出をしていました。

クレジットカードを使ってATMでキャッシングをすれば、現金を手に入れることができ、ギャンブルの軍資金にすることができました。

また、お酒を飲みにスナックやバーに行った際には、クレジットカードで決済をすることで飲み代の支払いをしていました。

そんな生活を5年以上続けた結果、僕のクレジットカードの保有枚数は4枚にまで増えてしまい、借金の総額は借入元本に利息が付加されたこともあって300万円を超えてしまいました。

僕は、このままだと徐々に借入総額が膨らんで、借金まみれの多重債務者になってしまい、人生の落伍者になるのではと不安になりました。

そこで、僕はギャンブルをきっぱりとやめて、お酒は外に飲みに行くのをやめて、晩酌程度だけにするように改めました。

また、借金の月々の支払い負担を軽くしたかったので、僕は南河内郡にあった債務整理を扱っていた司法書士事務所へ行って、自分が抱えている負債の対処方法について相談をしました。

僕は事務所に着いた後、相談室に通され、その後、相談相手の司法書士と自分の借金について色々と話し合いをしました。

その結果、私的整理によって債務整理を実施することで、僕の借金問題を解決することになりました。

私的整理の措置は、僕の代理人として南河内郡の司法書士が実施をしてくれました。

僕が南河内郡の司法書士に私的整理の仕事を依頼してから、4か月弱が経過しようとしていた時に、僕のもとに司法書士から全ての債務整理の手続きが終わったとの報告が来ました。

南河内郡の司法書士が尽力をしてくれたおかげで、返済期間の長期化と今後の貸付金利をゼロにするという債務整理の成果を得ることができました。

その結果、僕の月々の借金の支払額は、債務整理前の半額程度で済むようになり、借金の支払いを続けられるようになりました。

また、僕はギャンブルをきっぱりとやめて生活習慣を改めた結果、仕事に専念できるようになり、お店の売り上げが以前より良くなりました。

今現在、僕は借金の返済中ですが、完済ができた暁には、貯金をする習慣を身に着けたいと考えています。

債務整理に至った理由はキャッシングを

債務整理方法 職業 年齢・性別
個人破産 プログラマー 26歳(女性)
自己破産での債務整理

私は、南河内郡の進学校を卒業後、大阪にある某コンピューター専門学校に進み、プログラミングの勉強をしました。

私の実家は、貧乏な家庭だったので、私は専門学校に行っている間、親から仕送りは一切、もらっていませんでした。

そのため、私は奨学金を借りて、なおかつアルバイトをすることで学生時代の生活を賄っていました。

その後、私は専門学校を卒業する半年ぐらい前から就職活動に取り組みました。

そして、私は運よく地元である南河内郡にあるIT関連の会社に就職をすることができました。

その後、私は働き始めたのですが、給料が安かったために、奨学金の返済をすると生活が苦しくなってしまいました。

この時に、私は生活苦から逃れるために、南河内郡にあった消費者金融業者でキャッシングカードを作り、そのカードを使って、お金がピンチとなる度にキャッシングを行っていました。

ですが、今考えるとキャッシングで生活費の補填を行ったのは誤りでした。

私が利用していた消費者金融業者の貸付金利は年利で18%でした。

つまり、100万円のお金を借りていたとしてたら、1年間で18万円も利息を払わなければならないということです。

私の借金は、私の借入額が増えるに従って、利息の金額も増えてしまい、消費者金融から借り入れをするようになってから3年が経とうとしていた時には、消費者金融に対する私の借金総額は300万円ぐらいに達していました。

この時には、私は既に奨学金と消費者金融への借金返済が困難な状況となっていたので、支払いを遅滞していました。

このため、私は頻繁に奨学金の貸付金融機関と消費者金融業者から督促の連絡を受けていました。

私は、精神的にも追い詰められるようになってしまい、このままだと心が病んでしまうと思いました。

私はテレビのCMを見て、借金問題を解決するには、債務整理を業務として行っている法律事務所あるいは法務事務所に借金相談をすれば良いことは以前から知っていました。

そこで、私は自分の借金問題を解決するために、南河内郡に債務整理を扱う事務所がないかを調べたところ、法務事務所を見つけることが出来たので、アポを取ったうえで、その事務所を訪ねてみました。

その後、私は借金相談を相談相手の司法書士にしたのですが、自己破産で債務整理を実施するということになりました。

私が自己破産をすることに決めた理由は、債務整理後に残債が残った場合に、その借金の返済を続けていく自信が無かったからです。

その後、相談をした南河内郡の司法書士の手ほどきを受けて、私は自己破産で債務整理の手続きを行っていきました。

私は南河内郡を管轄している裁判所に、数回、出廷をしたのですが、出廷中に行われる内容はあらかじめ司法書士から聞いていたので、つまづくことなく手続きをすることができました。

私の自己破産手続きは、裁判所で同時廃止として実施をされたのですが、破産申立てをしてから11か月ほど経った時に、裁判所で免責の許可が出ました。

その結果、私の借金は全額、支払い免除となりました。

私は、借金問題から解放されることができ、債務整理を行った後は、心に余裕を持てるようになり、笑顔になれるようになりました。

債務整理の為の弁護士無料相談や借金減額計算

↓↓ タップ ↓↓
借金の解決方法

南河内郡で債務整理ができる弁護士・司法書士に関連する記事一覧

南河内郡のその他の地域の債務整理できる弁護士事務所、司法書士事務所の一覧も公開しています。

借金解決
北海道・東北地域
関東地域
中部地域
関西地域
中国地域
四国地域
九州・沖縄地域
お問い合わせ
↑事務所の掲載または削除の依頼はこちらからお申込み下さい。